2019年02月06日

Google+閉鎖に思うこと

  
Google+の閉鎖が2019年4月2日に決定、
シャットダウンまでのタイムスケジュール公開

https://gigazine.net/news/20190131-google-plus-end-timeline/

ついにこの時が来たかという感じですね。

使い勝手がイマイチだったものの慣れれば良いツールで
G+内に街道のコミュニュティを開設していました。

街道風情を楽しむ会
https://plus.google.com/communities/101990567192615536572

街道の写真をアップしていくというスタンスでしたが
いろんな写真を各投稿者の視点で見ることが出来たので
ブログでは一方通行になりがちだったものが
情報を共有して楽しめて刺激になりました。

似たようなSNSではFacebookなどがありますが
G+は本名でなくても匿名で投稿できる気楽さがあったので
ゆる〜く自由な雰囲気な感じが良かったと思います。

さて、G+閉鎖に伴って少し気になったのは
当ブログでも紹介していた「ingress」でしょうか。

歴史ウォーカー的「Ingress」
http://borabora.seesaa.net/article/413047791.html

ゲーム内にプレイヤーのG+へのリンクがあったり、
チャットアプリ(ハングアウト)内にリンクがあったりと
Googleが関係しているゲームだけあって連携が良いものでした。

例えば、敵であってもG+リンクがあったとすれば
どんな人なのかな?とついついチェックしてしまうのですが
投稿が自分好みのものだったりすると嬉しいもので
プレイヤーを敵味方関係なく親しみを感じることができました。

G+に変わるコミュニュティツールがあればいいのですが
移行となると労力を伴いますし全員が全員移行できるはずもなく、
これを機会に引退する人が出てくるのではと思うと残念でなりません。

G+の閉鎖は「Ingress」にとって転機となるものと思います。
この転機が逆に良い方向に向かってくれればいいのですが。




タグ:Ingress ゲーム
posted by にゃおすけ at 14:31 | Comment(0) | つぶやき | 更新情報をチェックする