2018年02月13日

成田街道その2・ 習志野→成田山

朝霧の習志野よりスタートします。

IMG_9530.jpg



IMG_9531.jpg

習志野という地名は関西に住んでる人からすると
一体どこにあるのかよくわからなかったりします。

現在の中心地は津田沼駅辺りになるのですが
名前の由来となるとこの辺りで歴史は意外と浅いものです。
船橋市郷土博物館前には「明治天皇駐蹕之処碑」がありますが
明治6年の演習時に「習志野ノ原」と明治天皇が命名されています。

「野」という言葉は野原や原野を指すことから
当時は広大な広野が広がっていたことでしょう。

IMG_9542.jpg

成田街道の標識。
関西では〇〇街道という標識は殆ど目にしないですが
関東ではあちこちでよく目にしますね。

IMG_9538.jpg

今回も立派な道標をあちこちで見かけました。
また沿道には大小の石仏も多く見かけます。
出羽三山のものも多く信仰が盛んだったのでしょう。

IMG_9540.jpg

IMG_9545.jpg

淡々と車道の脇の狭い歩道を歩いていきます。
このような車の出口部分が下がっているタイプは
人には優しくないですね。非常に歩きづらいです。

IMG_9548.jpg

やがて大和田宿。
成田参詣では江戸からの中間地点でもあったので
宿泊に休憩にと大いに賑わったそうです

今は当時の面影は少なくなっていますが
「さわだ茶家」が唯一というべき見どころです。
東久邇宮家の別邸を移設したものだそうです。

IMG_9546.jpg

IMG_9550.jpg

この周辺では川があるごとにアップダウンが続きます。

こちらは印旛放水路。
かつての印旛沼は”あばれ沼”と呼ばれるほど
災害が多くて被害が甚大だったわけですが
江戸時代の対策工事は失敗が多く難しかったようです。
現在は橋の反対側に立派な堰が設けられています。

IMG_9558.jpg

IMG_9563.jpg

賑わう東葉勝田台駅付近。
昔は何もない田畑だったことが迅速地図からわかります。

この辺りの名所としては「加賀清水」
加賀の名前は佐倉城主加賀守から来ていますが
往来の際は必ず立ち寄ってお茶を飲んだそうです。

IMG_9566.jpg

IMG_9568.jpg

IMG_9576.jpg

臼井の町が見えてきました。
手繰川を越えた先で旧道に入ります。

普通の住宅街の雰囲気ですが
急坂が続く紛れもない旧道です。

IMG_9580.jpg

わざわざ台地上を経由しているのは
臼井城下時代の防衛上の名残というべきものです。
ちなみに臼井城は江戸初期に廃城になっています。

IMG_9585.jpg

右 成田みち、左 江戸みち。

成田みちの表記なので古い時代のものはなく
文化3年(1806)に建てられた道標です。

一気に急坂を下って左に曲がれば臼井宿中心部です。

IMG_9588.jpg

IMG_9594.jpg

IMG_9596.jpg

この交差点には道路元標があります。
成田名所図会に描かれている「臼井」の場所です。

臼井は元々城下町で賑わっていたものが廃城後寂れますが
成田山参詣が活発になると宿場として息を吹き返していきます。

4564.jpg

IMG_9599.jpg

西 江戸道、東 成田道。文化年間のもの。
先ほどあった道標と同じ人が建てたものかもしれません。

下の道標は「さくら道」と書かれています。
成田参詣が活発する前の時代のものなので
江戸時代中期以前のものと推測します。

IMG_9601.jpg

IMG_9607.jpg

IMG_9609.jpg

八丁坂。
佐倉城下の郊外にあたる場所で刑場がありました。

この供養塔は寛政年間のものなので古いものです。
近くに首洗い井戸があったそうですが埋まってしまっています。

IMG_9610.jpg

IMG_9617.jpg

まるで枡形のような道筋の奥に見えるのが佐倉城跡です。

昔の城跡は現代になると堀が埋められたりと
周辺の地形が今とは結構違っていたりするものです。

ここでも役立つのは前回紹介した迅速地図。

たとえば、この右手のバスターミナルがある辺りは
昔は堀が続いていて堀に沿って街道がありました。

IMG_6968.jpg

IMG_6969.jpg

こんな感じですね。

城下町の街道は複雑な道筋であることが多いですが
古地図を見れば一発で昔の情景がわかります。

IMG_9631.jpg

IMG_9636.jpg

街道沿いにあった1軒の藁ぶきの民家。
見たところ店でも何でもない一個人の家のように見えます。
観光用でもないようなので今どき珍しく貴重ですね。

IMG_9638.jpg

海隣寺坂を上ると佐倉市役所がある中心部になります。
古い家々が残る城下町。枡形も各所に残ります。

佐倉順天堂は順天堂大学の名前をよく耳にしますが
その順天堂の元々の発祥の地は佐倉になります。

IMG_9643.jpg

IMG_9663.jpg

IMG_9674.jpg

統一された生垣が立派ですね。

次の酒々井宿は戦国時代に千葉氏が本佐倉城を築いて
下総の中心として栄えていた時期があります。

写真にある旧家は昔の絵図にも描かれています。
庭には馬を売る場所もあったみたいですね。

IMG_9678.jpg

IMG_9679.jpg

IMG_9680.jpg

IMG_9682.jpg

IMG_9684.jpg

酒々井のいわれとなった酒が出る井戸(復元)。
街道から徒歩3分ほどの場所にあります。

要約すると子供が働いたお金で親に幾度も酒を買っていたところ、
次第にお金が工面出来なくなって途方に暮れていると
酒が出る井戸が突然現れた。と、そんな感じです。

IMG_9686.jpg

IMG_9692.jpg

酒々井停車場道と書かれているのは
鉄道開通後のものなので明治時代の新しいものです。

現在の京成酒々井駅付近を過ぎれば大坂越えです。

今も鬱蒼な雰囲気が残っています。
昔は後押しする役の人が常駐していたそうです。

IMG_9703.jpg

IMG_9701.jpg

IMG_9707.jpg

伊篠の松並木跡。
道路脇の盛り土に松並木だった痕跡を見ることが出来ます。

史跡に指定されるほどの立派な場所だったのですが
松くい虫にやられてしまい解除されています。

IMG_9714.jpg

IMG_9724.jpg

一本松跡。

一里塚の役目のものとは別で松が1本あったのですが
旅人は松を見て成田山が近いことを実感したそうです。

IMG_9726.jpg

IMG_9733.jpg

やがて成田駅界隈。門前町が始まります。
鉄道開通前においても賑わいは現在の駅前から始まっていました。
本来は成田山門前まで鉄道を伸ばしたかったようなのですが
それでは門前町を素通りされる!と大人の事情があったのでしょう。

IMG_9736.jpg

IMG_9737.jpg

門前町の賑わい。表参道です。
この特長ある建物は大野屋の望楼で昭和10年に建てられたもの。

成田山新勝寺山門を境に表参道と東参道に分かれます。

IMG_9738.jpg

IMG_9741.jpg

成田山新勝寺。元々は君津ケ原に開山された成田山ですが
戦国時代に荒れたので現在地に移されています。

現在の本堂は昭和48年のものですが本堂脇にある釈迦堂は
先代の1858年のもので他の場所には先々代のものも残されています。

IMG_9739.jpg

IMG_9744.jpg

IMG_9746.jpg

今回の街道歩きでは新勝寺の先にある寺台宿をゴールと設定しました。
寺台宿は河岸があった場所で船で来る人はここから参詣したといいます。
また我孫子経由の成田道もここを経由しています。

東参道は表参道に比べると静かですが
成田参詣の宿泊は寺台宿が一般的だったそうなので
今とは違う大きな賑わいがあったものと思います。

IMG_9748.jpg

寺台宿。

護岸整備によってかつての面影が薄れていますが
川べりには何か所も河岸が続いていました。

IMG_9750.jpg



  
  
posted by にゃおすけ at 16:18 | Comment(0) | その他の街道 | 更新情報をチェックする