2006年09月28日

雪国の蔵の秘密とは!?

9月の3連休は
新潟→喜多方→鬼怒川→東京に行ってました。
その中で喜多方で面白いものを発見♪

SANY3355.JPG

喜多方といえば
全国的にもラーメンで有名ですよねー。
上の写真は喜多方ラーメン発祥といわれてる店。
源来軒”店構えは中華料理屋風でしたが
訪れた10時半でも店内は結構なお客さん!
手を見るとラーメンMAPを持ってる人が多くって
みんなハシゴして食べ歩いてるようです〜

SANY3363.JPG

喜多方でもう1つの見所は蔵。
市内にいい感じに散らばっています。

SANY3364.JPG

その蔵のひとつ”島新”。
ここにはボランティアガイドがおられました。
雪の多いこの地ならではのものとして
石を高めに積んでその上に蔵が建てられてます。
これは他の蔵の町にはあまりみかけないもので
大切なものを守る努力がヒシヒシと伝わってきました。

それしても
ボランティアガイドさんっていいですねー
最近、旅先でよく出会うことがありますが
その土地土地の方言が聞けて実に楽しいものです♪

posted by にゃおすけ at 21:18 | 大阪 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 東北ボラボラ | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

マジ怖い洞窟

秘境・洞川は
今でも女人禁制の大峰山があったりと
信仰に関していろんなスポットがあります。

IMG_1881.jpg

あまり知られていない
蟷螂窟(とうろうノいわや)&
蝙蝠窟(こうもりノいわや)
ここも信仰のスポットになっていて
洞窟の中には石仏があったりするのです。
入場料300円入って入り口へ。
手には赤い懐中電灯を持たされます。

んで、洞内へ。
小さい蝋燭が道を照らしてるんですが
それはなんと!入り口付近まで・・・
奥へは自分の懐中電灯しか頼るものがありません。

IMG_1882.jpg

そう、まるで本物の洞窟探検なのです(^^;
狭いところは通るのはもちろん、
這って行かないと通れないところがあったりして
おかげで服はもうドロドロ。腕にはスリ傷(涙)
しかも、懐中電灯の電池が弱くなってきて
精神的に「生きて帰れるのか?」状態に。

IMG_1876.jpg

あとで、受付のおばちゃんと話したのですが
万が一の為に懐中電灯を2個持たせてくれるそうです。
が、僕には渡しそびれたとか言って笑ってましたが(^^;
まあ、とにかく鍾乳洞ではない本物志向の洞窟という意味で
大阪からの近郊で体験できるのは貴重ではないでしょうか!?

タグ:奈良
posted by にゃおすけ at 20:29 | 大阪 ☔ | Comment(5) | TrackBack(0) | 近畿ボラボラ | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

豪快なモノレールで鍾乳洞!

奈良県は洞川(どろがわ)
ここは十津川と並ぶほど結構な秘境で
最近では”ごろごろ水”で有名ですよねー。
他にも鍾乳洞や信仰、温泉などなど
ゆっくり過ごすにはもってこいの所です☆

IMG_1842.jpg

まずはこの写真。
タイトルではモノレールと書いたのですが
見た目はみかん運びとかに使う荷物用!?
定員は運転手1名、客4名になってるようですが
時には1座席に2名掛けることもあるそうです。

IMG_1851.jpg

洞川には洞窟が多くあるのですが
その中の鍾乳洞”五代松鍾乳洞”にこれがあります。
麓の県道(ごろごろ水飲み場)辺りから
鍾乳洞入り口まで距離にして約200mぐらいかな?
路線は激しく急勾配・・・。それはもう怖い感じ(^^;

IMG_1856.jpg

頂上に着くと鍾乳洞の係りの人が待っていて
中を20分ほどかけて案内してくれます。
モノレールの定員の関係で少人数で回るので
おばちゃんとの掛け合いがなんとも楽しいデス♪

IMG_1865.jpg

IMG_1863.jpg

この鍾乳洞は入場料が400円。
豪快なモノレールもついてですよ〜
これは僕的にはめっちゃお得に感じました。
ただ、混雑期は全線単線での運行なので
受付しても結構待たされることもあるそうです。
なので、朝一に行かれるのとgoodかも!?

つづいての記事は
洞川での恐怖の洞窟のお話デス。

posted by にゃおすけ at 21:36 | 大阪 ☁ | Comment(8) | TrackBack(0) | 近畿ボラボラ | 更新情報をチェックする