2010年06月30日

東海道五十三次その14・袋井宿→浜松宿

東海道五十三次もいよいよ折り返し。

8:50 袋井宿

↓ 6km 90分

10:20 見付宿


DSC00915.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

袋井宿はちょうど真ん中にあたるので
町のいたる所に”どまんなか”がありました。

DSC00917.JPG

上の写真の学校も
正式名の横に”どまんなか”が・・・(笑)
他にも酒や店の名前にもついてましたねぇ。

DSC00916.JPG

袋井宿は宿場町の雰囲気は
残念ながらほとんど残っていません。
建物も新しいものばかりですし
それでも宿場町であった名残がどこかにあるものでー。

DSC00921.JPG

たとえば、道に沿った家々はみな一様に
間口が狭く奥行きが長い。
敷地に関してはまさしく昔のまんまっ!
こういう隠れた部分を探しだすのは
なんとも楽しいものです♪

DSC00928.JPG

途中の古くからある神社には
家康の腰掛けた石というのがありました。
さすがは東海道。メインストリートだけあって
昔の有名人に関するスポットも多くありますねぇ。

DSC00934.JPG

磐田手前では緑のトンネルというのがありました。
そこを抜けると一気に住宅街になりました。

まぁ、どこにでもある住宅街なんですが
こう道が整備されてて家々の中だと
いつも東海道なのかどうか不安なのですが〜

DSC00931.JPG

松が出てきたらホットします♪

DSC00944.JPG

袋井宿の次は見附宿。
西からだとここで初めて富士山が
普通に見えるから見附の由来らしいです。

DSC00939.JPG

確かに小高い山があって
展望がとてもよさそうっ!

宿内には旧見附学校というのがありました。

DSC00946.JPG

明治初期の学校で5階建て。
なんと!一番上まで登れるんです♪

こういう古い建物は
たいがい一番上は危険だからと
一番上だけ閉鎖されてるものですがー。
それだけにここからの眺めは格別でした。

DSC00949.JPG

11:15 見附宿

↓ 8km 2時間

13:20 天竜川


DSC00958.JPG

さあ、次はいよいよ天竜川を渡ります。
昔は船で渡っていたそうですが今は橋。
船着場は1kmほど上流にあったので

東側の船着場〜橋〜西側の船着場〜橋

と、行ったりきたり(^^;

DSC00970.JPG

それにしても天竜川の水はとても綺麗ですねぇ。
雪解け水も含まれてるんでしょうけど
冷たさが眺めてるだけで伝わってきます。

14:20 天竜川

↓ 9km 2時間

16:20 浜松宿

↓ 4km 1時間

17:20 高塚駅


天竜川を渡り終えるともうすぐ浜松宿。
大規模な宿場町だったそうなんですが
袋井以上に戦災で面影はほとんどありません。

DSC00979.JPG

なので、永遠と単調な道が続きます。
松並木もなし家の敷地の面影もなし。。。

アクトタワーが出てくると浜松宿。
晩飯は高塚駅で名物浜松餃子を頂きました。

DSC00988.JPG

現代の東海道五十三次は
名物ならなんでも食べちゃいます(笑)
喜慕里という名前のお店のは
中がジュワッとして美味しいかったです〜。

DSC00996.JPG

明日はいよいよ浜名湖っ!


  
posted by にゃおすけ at 20:27 | 大阪 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 東海道五十三次 | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

三沢と青森市の名所のツボっ!

三沢というと
空港もあるし米軍もいるしで
大きい町という印象がありました。

IMG_9202.JPG

でも実際はこじんまりした町で
街中には沖縄や横須賀同様に外人が多く、
看板も英語のものを多くみかけたんですが
どこかのんびりした感じで
基地の町のピリピリさがないっ!
なんだか不思議な町でしたねぇ。

IMG_9204.JPG

三沢に米軍基地はなぜあるのか!?
対北方対策というのがあると思うんですが

歴史をひもといてみると
実は三沢は太平洋無着陸飛行記録の出発地。

明治時代のアメリカ本土へは
この三沢が一番近いルートだったそうな。
ようするに地理的に恵まれた場所なんですねー。

IMG_9207.JPG

太平洋無着陸飛行記録のことは
三沢航空博物館に多く展示されてました。

ここの博物館。体験ものが多く
例えばフライトシュミレーターや重力を感じる機械などなど
逆に活字の展示はやや少なめ。

IMG_9206.JPG

博物館で絶叫マシーンを見つけました。
空気の力で椅子が持ち上がるというもの。
椅子の下には何もありません。

んで、
椅子は20mぐらいの高さまであがるのです!!

椅子の下には何もない恐怖はただものではない(^^;
命綱みたいな装置もないですからー。

ただ、上に上がったところから眺める
展示物のYS-11などを見るとなかなか爽快でした。

IMG_9215.JPG
博物館の近くに太平洋横断の飛行機のレプリカが

いろいろ見れて体験できて500円。
こういうのっていいですね〜♪

IMG_9230.JPG

三沢の後はしじみで有名な小川原湖を経由して
青森市内へ。桜がまだたくさん咲いてました。

IMG_9238.JPG

青森市内では青い海公園で
アスパムの展望台に寄ったりベイブリッジを渡りました。

IMG_9235.JPG

それにしても公園の名前のとおり青い海ー。

IMG_9256.JPG

風は心地よく天気は快晴。
やっぱ5月の旅はいいものですね〜♪

IMG_9258.JPG
しばらくこない間にベイブリッジが出来ていたなんて





  
posted by にゃおすけ at 17:43 | 大阪 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 東北ボラボラ | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

奥入瀬川の渓流を満喫するには!?

奥入瀬川というと
とても水が綺麗で爽やかな清流っ!
ここを散策すると気持ちがいいものです♪

IMG_9040.JPG

奥入瀬川は十和田湖から水が流れ
ほぼ一定の水量で流れてるので
石に綺麗な苔が育っていっています。

IMG_9070.JPG
十和田湖の水もとっても綺麗

奥入瀬川の流れ始めの渓谷になってる部分は
十和田湖のカルデラが作ってる外輪山。

なので渓流沿いにはたくさんの立派な
滝が川に流れ込んでいます。

IMG_9190.JPG

その数、これでもかっ!というほどで
ちょっと歩くと滝、ちょっと歩くと滝。
という感じで楽しめます♪

IMG_9119.JPG

そんな奥入瀬川渓流も
季節によっては大混雑がするようですが

今回行った5月初旬といえば
この周辺では大阪でいう3月中旬の気候。
いわば春先で寒く人もほとんどいませんでした。

IMG_9185.JPG

歩いたルートとしては
16:00から十和田湖畔に車を置き
そこから歩きだして最終バス(17:45ごろ)で
戻ってくる感じなので混雑時期でも
人は少ない時間帯でもありました。

IMG_9156.JPG

奥入瀬に限らず一般的にこの時間は
お得な時間で団体はお宿に向かってる頃で
一般の人もここを去る時間です。

IMG_9170.JPG

まぁ、この時間に歩いてるというのは
僕のような物好きしかいないかも・・・

ピークを外すというのは基本ですね(^^)

IMG_9175.JPG

実はここに訪れるのは今回で2度目。
高校の時のひとり旅以来になるんですが
1度目の時に味わった感動は
今回は感じることはできませんでした。

他の渓流もいろいろ見ている
僕の目が肥えてしまったからなのか・・・
逆に高校の時は何も知らなかったからなのか・・・
まぁ、季節にもよるのかなぁ〜。

IMG_9107.JPG

歩く前に十和田湖の観光船にも乗ってみました。
放送によると水が一番綺麗なのは夏で
逆に一番汚いのは春だそうで。

IMG_9113.JPG

なぜ春は汚いのかは
それはプランクトンの活動が活発。
そんな解説がされてました。

IMG_9099.JPG

それはともかく
ここは相変わらずとっても心が癒されます。
また行ってみたいですね〜♪





  
posted by にゃおすけ at 19:47 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 東北ボラボラ | 更新情報をチェックする