2010年08月31日

富士山を楽に登るには!?

8月の中旬に3度目の富士山を
登ってきました。

今までと同じ夜間に登って
昼に下山するスケジュールで
登山口はいくつかある中でも
最短だけど少し険しいと言われる
富士宮口を今回も選んでいます。

DSCN0763.JPG
富士宮口は登り口からすでに標高2400m!!

富士山は高所にあるので
高山病の対策を考えないといけません。
なので途中の山小屋で1泊っ!!
てのが普通の考えかもしれませんが・・・

この山小屋。繁忙期は
1つの布団を横にして川の字になって
6人で寝る場合もあるんですよねぇ(^^;

神経が図太い人はいいですけど
繊細な人は緊張して寝れなくて
逆に疲れてしまう場合も・・・

DSCN0773.JPG
満天の星空からジョジョに空が青くなってくると

なので、繁忙期に富士登山を控えるか
泊まらないようにスケジュール組むのが
初心者には良いかと僕は思います。

そんなこんなで今回のスケジュール。
御来光を頂上で見ないっ!というのを
基本的に考えてみました。
御来光は確かに綺麗で感動しますが
みんながみんな日の出前に着くように
頂上を目指してしまうので登山道は渋滞、
トイレも渋滞、団体ツアーも多し。

精神的に疲れますねぇ(^^;
ただでさえ富士登山は疲れるのに・・・
初心者ならなおさらのことでしょう。

DSCN0780.JPG
見事な御来光が!八合目でもこの通り♪

さて、スケジュールです。
午前2時に富士宮登山口出発。
普通の脚力なら頂上で御来光は厳しいでしょう。
なので登山口には誰もいませんでした。

登山道は快適そのもの♪

ただこの時間。
マイカー規制時は下の駐車場から
シャトルを利用することになるんですが
安いバスは運行時間外ということで
割高なタクシーを利用することになります。
片道5000円なり。帰りは4000円ほど。
4人集まれば(相乗りすれば)
金額的にも問題はないかと思います。

DSCN0788.JPG
9合目付近。この辺りはさすがに苦しい(モデル・にゃおすけ)

高度をあげるにつれ
登山道には人を見かけますが全然楽。
気持ちよく登ることができます。

涼しいし汗あまりかかないし。
もしこれが昼に登るとなると大変でしょう。
また夜のいい点はこれから登る登山道は
ヘッドライトが照らされたところしか
見えないということでしょうか。

DSCN0803.JPG
太陽が完全の上った山頂はとても暖かい

下手に見えてしまうと
岩だらけで登りにくい登山道は
初心者はそれを見るだけで登る気力が
萎えてしまうでしょうねぇ。

DSCN0814.JPG
火口には雪がまだ積もってました

御来光は8合目あたりで。
頂上で見ずとも綺麗なものです。
御来光が出てしまうと下山者が
上から降りてきますがまあ大丈夫。

DSCN0816.JPG
眼下の雲海がとても綺麗☆

自分のペースで登ろうと思っても
空気が薄いので休み休みになるんで
ちょうどすれ違いのタイミングで
うまく休むことができるものです。

DSCN0837.JPG
山小屋の布団を干す光景が面白い

頂上には8時前に到着。
剣が峰の石碑では写真を撮るグループが
順番に並んで大盛況になってました。
これも時間を外せばいいんですけども
なかなか行程的に厳しい人もいますよねぇ。

DSCN0841.JPG
チラホラ高山植物があるけども道自体は単調な景色

10時前に下山開始。14時には駐車場です。
帰りは気持ちいいぐらい快適に降りれます。
いい天気だと眼下に駿河湾を見ながら。
この点下山は昼がいいでしょうね♪

と、いろいろ書いてみましたが
御来光にこだわらなければ
快適な登山を楽しむことができるでしょう。
でも、何度も登るような山でもないですし
富士山を一生に一度という人もいるでしょう。
そうとなると頂上で御来光をというのは
気持ちはすごくわかります。
僕も最初はそうでした(^^;

単純に登頂を目指したいというのなら
この方法が一番楽でしょうね♪





  
posted by にゃおすけ at 22:07 | 大阪 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 中部ボラボラ | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

元祖!古い町並みっ!

古い町並みに
元祖なんておかしいですが
関西に住んでいると有名な場所は
やはり岡山の倉敷でしょう。

2010_08010174.JPG

もちろん、関西だと
古都の京都や奈良がありますが
それは別格中の別格ですよねぇ。

倉敷は近年古い町並みが
注目される以前から町並み保存を
活発に行なってきていたような気がします。

2010_08010157.JPG

なので倉敷は観光客は多め、
施設も高めという感じですっかり観光地化。
古い町並み好きな僕も以前に軽く散策して
観光客の多さに嫌気をさしてしまって
じっくりと観光せずに終わってました。

でもっ!でも、ですよー

2010_08010142.JPG

今回、再訪して思いました。
やっぱ隅々まで見て回るといいものですねぇ。
古い建物も数多く残っていますし、
観光客が去った早朝や夕刻なんて
雰囲気は抜群にいいでしょう♪

2010_08010162.JPG

今回、手こぎ船に乗船してみましたが
船から眺める景色って目線がグッと下がって
とってもいいものですね〜。

2010_08010186.JPG

値段は300円。
船頭さんの解説もありますしお得です♪
人気があるんで満席になりがちなので
倉敷に着いたらまず切符売り場に向かうのが
ベストでしょう。時間指定で乗船できます☆





  
posted by にゃおすけ at 20:56 | 大阪 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 中国ボラボラ | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

東海道五十三次その16・吉田宿→藤川宿

梅雨の時期の東海道。
今回は初めての雨の道中でした。

DSC01215.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

新幹線で豊橋へ。
新幹線を使った東海道歩きは今回が最後。
次回からは近鉄などを使って現地入り出来るだけに
どんどん終点の京が近くなってきました。

DSC01206.JPG

歩き始める前に吉田城へ寄ってみました。
豊橋の地名は昔は吉田と言われていて
城下町や宿場町も大きかったそうだ。

豊川沿いに立つ城の姿はなかなか立派っ!
川が天然の堀だったようです。

09:00 吉田宿

↓4.3km 1時間10分

10:10 小坂井駅前

↓5.2km 1時間20分

11:30 御油宿


豊川にかかる橋が豊橋です。
橋の名前が今の町の由来になってるんですね〜。

DSC01216.JPG

豊川市に入ると蝉の声が聞こえてきました。
今年初めて聞いた蝉の声・・・
あー夏だっ!と実感したんですが
実は蝉が苦手なにゃおすけは
あんまし嬉しくなかったり(^^;

DSC01246.JPG

この頃からポツポツと雨が。
梅雨の時期だけに仕方がないですが
それよりも雨に濡れた紫陽花が綺麗。

道中、いくつも綺麗な紫陽花に会えました。

DSC01219.JPG

御油といえば松並木

DSC01234.JPG

資料館もあって力が結構入っています。
でも、実際の松並木は意外と若いものが多く
虫にやられて殆どが枯れてしまったそうな。

DSC01231.JPG

なので生えているのは近年のもので
江戸時代からあると思われる松はほんの少し。
それでもやっぱ松並木はいいもので
とてもいい雰囲気でした。

12:00 御油宿

↓1.6km 30分

12:30 赤坂宿


赤坂宿と御油宿とはめちゃくちゃ近いっ!
こんなに近くていいのかというほど。

DSC01243.JPG

旅籠が今も一軒残っていて1泊1万円だそうな
松尾芭蕉も泊まった部屋もあるらしく
こういうのに一度泊まってみたいものですねぇ。

12:40 赤坂宿

↓10km 2時間40分

15:20 藤川宿


DSC01260.JPG

赤坂宿を少し過ぎると
国道一号の広い道を進むことになります。
車がバンバン通るけども白須賀〜二川の区間のような
気だるさというものは不思議と全然ありません。

DSC01247.JPG

山と山と挟まれた中を進む感じで
緑にとても癒され名鉄電車の赤に癒され〜
歩いていても楽しい区間でした。

本日の行程はここまで
やはり東海道歩いてきて初めての雨降りに
ちょっと疲れてしまいました(^^;
予定より4km残しての終了デス

   
posted by にゃおすけ at 21:32 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 東海道五十三次 | 更新情報をチェックする