2010年10月28日

東海道五十三次その24・亀山宿→土山宿(2)

前回の続きでいよいよ鈴鹿峠っ!
西の難所おまたせしました!!

DSC01816.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

難所の手前にある坂下宿は
あまり知られていない宿場の一つ。

もっとも、
この先の鈴鹿峠のためにあった町。
ここで一服、休んでいざ!という場所だったので
交通機関が発達した今は役目を終えて
街全体がひっそりとしていました。

DSC01824.JPG

本陣跡も石柱のみで畑になってました。
幅広の道と奥行きの長い家の敷地に
当時の面影をみることができますねぇ。

DSC01827.JPG

実はこの坂下宿。
東海道初期の頃はもっと西にあったそうで
今の片山神社付近のあたりですね。

ここには当時の宿場の様子がわかる
家の敷き石の跡など明らかに人工物の石が
あちこちに転がっていたりします。

DSC01837.JPG

なぜ現在地に移転したか・・・
それは大災害があって壊滅したそうで。
その時の残骸が未だに残っています。

大昔の廃村って感じでしょうか。
東海道の宿場町では他にも吉原や白須賀など
自然災害によって移転になってますねぇ。。。

DSC01835.JPG

さて、片山神社の参道を登っていくと
いよいよ旧東海道の石畳になるんですがー。

ここで気を付けて欲しいところは
東海自然歩道とのルートのからみっ!

坂下宿の西の出口に
こちらが旧東海道という看板があるんですが
これはあくまで東海自然歩道の案内板で
案内方向は急な階段で山へ登っていってしまいます。

DSC01838.JPG

少し考えてみればわかるんですが
急すぎる道は昔の東海道のメインってのは
ちょっとありえないですもんね。。。

ここの正解のルートは
坂下宿を出るとずーと国道沿いに
片山神社の参道から山に入る感じになります。

15:00 坂下宿

↓2.5km 60分

鈴鹿峠

↓6km 90分

17:30 土山宿


DSC01841.JPG

DSC01840.JPG

神社を過ぎ九十九折の坂が続きます。
坂自体は短いもので石畳自体も少ないですが
箱根に比べると実にコンパクトで登りやすい♪

DSC01845.JPG

DSC01848.JPG

国道を渡ってしばらく行くとほどなく
鈴鹿峠に着いてしまいました。
でもさすがは難所。箱根よりは楽ですが
やっぱ東海道で2番目に辛い区間でした。

DSC01850.JPG

ここでの見どころは鏡岩です。
ルートから100mほどずれますけど
これは是非とも見ておいてください〜

DSC01854.JPG

三重県の絶景が眼下に広がります!!

昔は山賊がここから眺めて
来る人を物色していたそうですがー
ココはホント見晴らしの良いいい場所でした。

DSC01856.JPG

いよいよ滋賀県。

滋賀県に入ると道路の開発などで
旧道がない区間が多数あらわれます。

家々には信楽焼のたぬきの置物。
そして土山茶の茶畑地帯。

DSC01857.JPG

DSC01868.JPG

三重県と明らかに違う光景が広がっています。
案内看板も滋賀県バージョンになりました。

DSC01870.JPG

本日は土山宿まで☆
名物の自分で巻けるソフトクリームを頂き
宿のある水口へバスで向かいました。

DSC01889.JPG
400円で盛り放題のソフトクリーム

DSC01893.JPG
すっかり夕暮れ。日が落ちるのが早くなってきました。

【宿泊】
水口センチュリーホテル


  
posted by にゃおすけ at 18:58 | 大阪 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 東海道五十三次 | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

東海道五十三次その23・亀山宿→土山宿(1)

今回の見どころは
難所の鈴鹿峠と関の町並み♪

DSC01754.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

と、行きたいところですが
向かってる時の電車でガイドを読んでいたら
前回のルート間違いを発見!

急遽、1つ手前の町まで戻ってリルートしてから
亀山宿スタートとなりました(^^;

街道歩き。
1度こだわりだしたら止まりません♪

DSC01750.JPG

亀山宿の宿場内は
各家に昔はどんな店や家だったか
案内の表札がかかげられています。

DSC01759.JPG

こういうのっていいですよね〜
歴史に興味がない人も何?これ?ってなりますし
こういう表札をかかげてる宿は他にもありますが
亀山宿は徹底していて気合が入ってました。

DSC01758.JPG

亀山宿は城下町でもあります。
立派な櫓が現存している亀山城。

9:30 亀山宿

↓ 6km 1時間30分

11:00 関宿


DSC01766.JPG

亀山宿をすぐ出たところに”野村一里塚”
今まで歩いてきて数多く見てきてますが
ここのは正真正銘の昔からのもの。

どうです!この木の幹の太さ!
江戸時代から今まで残っていると
木もこんなになっちゃうんですね〜。

DSC01768.JPG

ここから先、関宿までの道のりは
川の土手を行くのんびりムード♪

DSC01779.JPG

のんびり行っていると
小さい子供達に声をかけられました。

「おはよー」

なんとも清清しい気持ちにさせてくれます。
(これも三重のおもてなしの心なのか!?)

DSC01790.JPG

さぁ、関宿。

関はここを境に関西、関東となります。
この単語は世間一般に使われているけど
ここがその謂れなんですね〜

DSC01795.JPG

確かに、京の町を連想させる
家の下の竹の細工なんかは今までなかったですし、
この辺りから弁柄で柱に色を付けた古い家が
多くなってきました。

DSC01786.JPG

それにしてもいい天気!
電線が地中化されて地上にないから
どこを撮っても絵になりますね〜♪

東海道の宿場町の整備状況では
やはり関が一番っ!

狭い道で車の往来が
なければもっといいんですが
これは仕方ないのでしょうねぇ。

12:30 関宿

↓ 8km 120分

14:30 坂下宿


DSC01815.JPG

さて、関宿を後にして次は坂下宿。
いよいよ難所の鈴鹿峠が迫ってきます☆

DSC01806.JPG

ちょっとずつ緩やか勾配を進み
脇の旧道へ進むと坂下宿なんですが
分岐点までの国道1号はトレーラー街道って感じで
風圧が激しくなんど帽子を飛ばされたことか(^^;

DSC01813.JPG

旧道に入ると一転静かな雰囲気で
まるで時代が止まったような街並みが現れます。

DSC01818.JPG

そんなこんなでその2に続きます☆

DSC01821.JPG
馬子唄資料館にはこんなモニュメントも


  
posted by にゃおすけ at 20:10 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 東海道五十三次 | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

東海道五十三次その22・富田(間の宿)→亀山宿(2)

長距離だった今回の旅路。
間に3宿も挟んでるということで
その2として前回の続きになります☆

DSC01693.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

次は石薬師宿です。

東海道歩きをするまで
聞いた事もなかった地名だったんですが
この宿のいわれは宿内にある「石薬師寺

なんと薬師如来が石造なのです。
ここを通る大名も必ず参ったといわれるほど
有名だったわけですね〜。

そういや、広重の絵にも
この寺が大体的に描かれています。

DSC01706.JPG

石薬師の宿自体は
時代に取り残された雰囲気。
静かな町並みが今も残ってました。

DSC01700.JPG

雰囲気的には東海道の白須賀宿や
次の宿場の庄野宿に似てるかなー。

DSC01704.JPG
寺の横にはこんな立派なバイパス道路が

13:40 石薬師宿

↓4km 60分

14:40 庄野宿


石薬師から庄野へは
東海道は田園の中を突き進んでいきます。

秋の空・・・
広々とした景色がなんともいいです。

DSC01710.JPG

今では宿と宿の間でも
家がひっきりなしに続くところが多いですが
江戸時代は田んぼぐらいしかなかったものなので
こういう景色に松並木をプラスした感じだったろうと
なんとなく想像ができますねぇ。

DSC01711.JPG

庄野宿では秋祭りが行なわれてました。
川俣神社のものですがこの名前がつく神社
この辺りに何ヶ所もあったりします。

DSC01722.JPG

なんだか不思議ですよね。
いろんな所へ旅していますが
いままで見かけたことがありません。

・・・珍百景に応募しちゃおうかな(爆)

DSC01716.JPG

近くを流れる鈴鹿川の氾濫防止のために
たくさん祀ってあるのだとは思います。

考えてみれば当時は農業主体だったわけで
田んぼはとても大事なもの。
神にすがる気持ちがわかる気がします。

DSC01713.JPG

庄野宿には資料館がありました。
ここの案内の方はよくおいでくださったと
もの凄い歓迎ぶりで驚きました。

事細かに案内してくれ大満足でしたが
3連休にも関らず客は僕らのみ。
せっかくの町並み、施設があるのに
なんとももったいない・・・

DSC01721.JPG

15:15 庄野宿

↓9km 120分

17:15 亀山宿


さて、ラストスパート。
足はというと快調そのものです♪

DSC01730.JPG

東海道始める前は1日に20kmも歩くことは
想像できなかったんですが
ここまで400キロ歩いた今ではもう慣れっこに。
慣れってすごいですよね〜

DSC01734.JPG

そそ、今回の三重県区間では
三重県の方の幾度のおもてなしサポートも
大きな原動力になってました。
行く先々で話しかけられたりと応援は
やっぱりなんとも嬉しいものですねっ!

DSC01738.JPG

さて、次はいよいよ滋賀県へ。
西の難所の鈴鹿峠に挑みます☆

DSC01739.JPG
秋ですね〜自分の影がこんなに長く!


  
posted by にゃおすけ at 19:55 | 大阪 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 東海道五十三次 | 更新情報をチェックする