2010年11月30日

東海道五十三次・まとめ&エボルタ君もゴール!!

約1年で踏破できた東海道五十三次。
ゴールしてみると達成感があるものの
生き甲斐にしていた部分があるせいか
今は、やや燃え尽き症候群ぽい・・・w

DSC00471.JPG
箱根は辛いものの癒されたのは石畳の通り道

今回は苦労した点や
これから歩きたい人向けのヒントになることを
ちょっとまとめておこうと思います。

まず、歩き始めた動機としては

1★高速1000円で観光地は観光客でいっぱい。
2★もともと歴史や地理が好きだった。
3★すでに踏破している知人が近くにいた。
4★冬場のスキーの為の足腰を鍛えたい。


この4点でした。

が!!実際に歩き終わってみると・・・

195607340.jpg
踏破で使用した本はもうボロボロ状態

1★歩くことによって得られる満足感。
2★歩かなければわからない土地の雰囲気。
3★土地、土地での人々との触れ合い。
4★旧道に関する特殊能力を取得
5★サバイバル能力の取得


と、予想以上の満足感を得られました。
1〜3のことは後ほど書くとしまして

4の特殊能力ですが街道歩き後半にもなると
今歩いてる道が旧道なのかそうじゃないかって
ガイドブック見なくても結構わかるようになってきます。
まぁ、これは普段あんまし役に立たない能力ですが(^^;

5のサバイバル能力。
旧街道は生活のメインルートから
離れた場所を通ってるところが多いので
コンビニはおろか商店すらないところが多いわけです。

★食料、飲み物は軽登山並みの用意。
→長時間トイレや自販機すらないところもありました。

★今回、40度近い炎天下を歩きましたが対策術取得
→1日歩いて5本のペットボトル空になりました。

★洪水になるぐらいの雨の中を歩いた時の対策術取得。
→カメラの結露には悩まされました。

DSC00128.JPG
出発の日本橋。次は中山道で戻ってきますっ!

街道を歩いていて
よく聞かれるのが大変だった場所は?です。

ベスト1★東の難所の箱根越え

→ほぼ全域。軽登山。濡れた石畳は滑る滑る。

ベスト2★西の難所の鈴鹿峠

→箱根より難易度が低いけど大変さは変わらない。

ベスト3★白須賀〜二川のバイパス道
→炎天下の上、旧道のない単調な景色は辛い!

ベスト4★銀座の街中を街道歩きの格好で歩く

→人通りの多い中を街道歩きの格好は違和感満載w

ベスト5★山科あたりの旧道など。
→地元の車が抜け道にしてる狭い道は大変でした。

こんなところでしょうか。
あと、天候によっても各区間の難易度は変わるでしょうね。

SANY0199.JPG
休みごとに1年かけて歩くと沿道でいろんな季節感が楽しめる

それから足の対策ですが
前半の大磯あたりまではマメに悩まされました。
購入したボルダースポーツってのは効果テキメン!
歩く前にムース状のものを足の裏に塗るのですが
これ以降、マメはできなかった気がします。

DSC00742.JPG
富士山は歩くとより大きさを感じることができます

さてさて、
エボルタ君ファンお待たせしましたっ!!!!

時を同じくしてゴールしたエボルタ君。
東海道五十三次制覇ついにやり遂げました!!!

DSC02632.JPG

僕がこのチャレンジを知ったのは
街道歩きの仲間からの情報でした。

もうすぐロボットが五十三次するそうだ。

DSC02591.JPG

そう聞いた時
まず無理なんじゃないかって思ったのですが
頑張る姿を見てると応援せねばという気持ちが
どんどん生まれてきました。

USTの生放送の画面からは
僕が実際に歩いた時の辛かったことなど
昨日のことのように思い出させてくれました。

なので
どんだけエボルタ君が辛いか・・・。
シンクロしちゃうわけなんですよね・・・。

DSC02621.JPG

エボルタ君の旅では沿道の人々の応援、
twitterを通じた応援がいっぱいありました。

ここで僕の東海道チャレンジでも味わった
先ほど書いたこと

1★歩くことによって得られる満足感。
2★歩かなければわからない土地の雰囲気。
3★土地、土地での人々との触れ合い。


きっとエボルタ君も味わったことだと思いますし
USTの画面からもよく伝わってきていましたよね。

ホント街道歩きはいいですよ〜
日本の良さ再発見という感じで♪

DSC02628.JPG

これから歩こうと思ってる方へ。


いきなり五十三次は大変だと思いますので
機会があれば1次だけでも挑戦してみてください。
きっと今まで味わったことのないような
時間の感覚を知ることが出来ると思います(^^)

エボルタ君が歩いた道をたどる旅。
街道歩きではいろんな目的の人がいますが
エボルタ君を見て歩いてみたいと思った人
かなり多いのではないでしょうか。

DSC02582.JPG

マイナーな趣味の分野の街道歩きを
ちょっぴり有名にしてくれたエボルタ君。

歩く人が増えれば今後の町並み保存の活性化など
寂れつつあった宿場町や街道沿いも
脚光が浴びるのではと・・・期待されます。
そういう意味でもエボルタ君の功績は大ですね♪

エボルタ君ゴール本当におめでとう!!!






  
posted by にゃおすけ at 21:21 | 大阪 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 東海道五十三次 | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

東海道五十三次その28・大津宿→京都三条大橋(2)

さぁ、ラスト!
ゴールの三条大橋への道のりです。

DSC02396.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

あと1次・・・。
東海道を走破するぞと思って約1年。

よくぞ、ここまでやってきた感があります。
足もいつのまにかたくましくなり、
長距離の歩きの苦痛も全くなくなり

沿道の応援やtwitterでの応援に励まされ
今までの出来事などを思い出しながら
最後の道のりを歩いていきます。

DSC02398.JPG

12:45 大津宿本陣

↓11.5km 3時間

15:45 三条大橋


京都までは山を2つ越えるんですが
電車に乗ってるとそんなに難所という
イメージはないんですよね。

ところがどっこい!

DSC02400.JPG

国道1号に合流すると
半端のない車が走りまくってました。

歩くほうも勾配をあげていくので
息を吸う回数が増えるのですが
排ガスでたまったものではありません。

それでも、進むルート上の
国道の看板の京都の文字を見ると
あと少し!と、気合が入ります。

DSC02399.JPG
名神高速の高架橋。下から見るとかなり古い!!

この辺り
京阪京津線と名神高速、国道1号。
山間の狭い谷といった感になっていて
旧東海道は京阪電車の路盤に
使われてる部分もあるようですね。

DSC02407.JPG

逢坂の関に来ると1つめの難所をクリア♪
ここを過ぎると少し旧道へ。

蝉丸神社など風情たっぷりのこの区間。
紅葉がちょうど見頃でした。

DSC02417.JPG
国道から1つ横の旧道に入ると時間が止まった雰囲気・・・

DSC02423.JPG
国道の487キロの標識

DSC02420.JPG
この区間、交通機関が狭い谷合いに集中

名神の高架をくぐると追分です。

追分というのは
街道の分岐点に多い地名ですが
ここの追分は東海道同士の分岐になります。

DSC02425.JPG

なぜ?東海道同士なの!!?

東海道五十七次というのがあるんですが
東海道自体は大阪までの道だったわけです。

家康制定時は大阪に豊臣が健在。
豊臣や西国大名の警戒から作られず
大阪の陣で滅びてから大阪へ延長になりました。

DSC02428.JPG
左は大阪、右は京への道

その延長の道はこの追分から分岐。
京の町は避けて通る形になっていました。

DSC02430.JPG

DSC02433.JPG

さて、
追分あたり風情ある町並みを過ぎると山科。
だが、山科付近の旧道は狭く交通量が多い・・・。

でも、そんな中でほっとするのは
京風の古い家々。天窓の櫓がある家もあったり
築150年の家の商店があったりと
町並みの良さに目が癒されます。

DSC02442.JPG

山科を過ぎると山越えもいよいよ最後!

目の前の山の裏側には方角的に清水寺。
清水寺といえば観光で来た東海道の旅人は
まず寄った観光地だそうですね。

DSC02446.JPG

山越えの旧道は途中まで狭く細い道が続きます。
そして結構な勾配・・・・

DSC02451.JPG

DSC02458.JPG

国道に合流して道路の看板標識に
三条大橋の文字を見るとあともう少し!

DSC02465.JPG

一気に行くとすぐですが
ここはあえて小休止。

twitterの応援メッセージを眺めます。

ウルッとくるようなメッセージも中にはあり
いろんなこと今までのこと思い出しました。

三条大橋までの道はあとは1本道。
ガイドブックはもう必要がありません。

リュックにしまい、いざ三条大橋へ!

DSC02467.JPG

蹴上あたりで京の町を遠望。

とってもいい景色。

全てはこの日の景色を見るために・・・
実は京都へ1年間近づきませんでした。

DSC02471.JPG

観光客が多くなって
やがて三条大橋が見えてきました。

DSC02483.JPG

ゴーーーール!!!

夕日に映える三条大橋。
感無量です!!

東海道五十三次バンザイ!!

DSC02508.JPG
夜は清水寺へ。美しい!!

応援してくださった方ありがとうございました!

なお、次回更新では東海道のこれまでの総括と
エボルタ君のゴールのことを書こうと思います♪


  
posted by にゃおすけ at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(12) | TrackBack(0) | 東海道五十三次 | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

東海道五十三次その27・大津宿→京都三条大橋(1)

さぁ、いよいよ最終日。
この日はtwitterで地点ごとで呟くという
初の試みもやってみました♪


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

DSC02343.JPG

出発前に近くまで来ていた
エボルタ君に表敬訪問っ!

DSC02360.JPG

実はこの日同じ区間の大津まで
走行するということで町のあちこちに
エボルタ君歓迎の看板がありました。

DSC02361.JPG

10:45 石山駅

↓7km 90分

12:15 大津宿本陣


この日の天候は快晴。
歩くと少し汗ばむぐらいの陽気で
こういう日はとても歩きやすい最高の日♪

DSC02347.JPG

石山駅を出ると旧道らしく幅はあるものの
ウネウネした道が続いていました。
名残の松も健在。

DSC02350.JPG

膳所に入ると古い家が多くなってきました。
関所あたりからチラホラ増えてきた
弁柄で色のついた京風の家。

もうこの辺りでは古い家は
圧倒的にこんな感じの様式。

京がどんどん近くなることを実感しますね〜

DSC02362.JPG

膳所は城下町です。
なので敵の侵入をなるべく防ぐために
東海道は入り組んでる形でした。

DSC02357.JPG

現代では一見うまく十字路になってる交差点でも
よく見ると元のルートはどんな感じだったか
このようにどちらに行っていたかわかりますよね。

DSC02352.JPG

滋賀県内で見た交通の注意喚起の看板
この看板とももうお別れ・・・。

思えば県ごとに
東海道の標識がいろいろありました。
道の案内図も詳しさが全然違っていたり。

スムーズに歩くには統一が一番ですけど
土地土地の風情がなくなってしまいますよね。
何気ないいろんな看板を見ることも
東海道を歩く楽しみの一つでした。

DSC02366.JPG

天気がよく紅葉がよく映えます。
この辺りの町並みはホント古くていい感じ!

DSC02369.JPG

遠くには琵琶湖が見えほどなく義仲寺
ここには松尾芭蕉のお墓もあります。
実際に使っていた杖などもあったり、
江戸時代の建物もあったりと見所豊富♪

DSC02367.JPG

大津の特産はふなずし。
珍味だそうですが食べたことがありません。
近年はあまりふなが採れなくなってきたらしく
自分としては高級料理のイメージがありますねぇ。

DSC02356.JPG

京都の山がどんどん近づいてきました。

大津宿の中心部の様子古い建物も多く健在!

DSC02390.JPG

本陣に近くの旧東海道の街路灯を見るとー。
2本おきぐらいに書いてる町の名が違ってます。

DSC02391.JPG

東海道を縦の線とすると
横の線が結構あったのでしょうね。

大津宿は京から来ると近くて
宿場の意味はないかも?と思うところですが
東海道を歩く人は京都からの人ばかりではないですし、
船の渡しなどの交通の要衝でもあったので
比較的大きい宿場だったのが伺えますねぇ。

DSC02383.JPG

少し長くなりました。
ラストは次回書かせてもらいます☆

DSC02393.JPG
本陣近くでは京阪電車が路面を走行


  
posted by にゃおすけ at 17:51 | 大阪 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 東海道五十三次 | 更新情報をチェックする