2011年03月30日

テレマークスキーの良さ

テレマークスキー。

かれこれ4シーズン目。
相変わらずよく転けてはいますが
ようやく深雪も楽しめる感じになり
自由なスキーを満喫しています♪

自由なスキーって!?

”かかと”があがることによって
動きまわれるってのは大きいでしょうね。

深雪にはまってしまっても
簡単に抜けることが出来るし
なんといっても板が軽い!!

もうアルペンには戻れません(^^)

今シーズンは
積極的に動画も撮ってみました。

いずれもiphone4のカメラですが
ハイビジョン画質なのでしかも軽いので
気軽に撮れるのが利点ですね〜



↑スキージャム勝山でのひとコマ



↑一里野温泉スキー場のひとコマ

まだまだギコチナイ面がありますが
今はストックワークを猛練習中です☆





   
posted by にゃおすけ at 20:15 | 大阪 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

また行きたい!仙台の町!

被災された皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

仙台を観光したのは2007年の4月。
もうかれこれ4年前になるのですが
杜の都と言われるとおり
とっても綺麗な町という印象で
復興したらまた訪れてみたいですね。

以前に書いた記事ですが↓
是非こちらもご参照ください。

まるごとパスで仙台まるごと!その1
まるごとパスで松島まるごと!その2

SANY0016.JPG
仙台といえば伊達政宗!!

SANY0012.JPG
その伊達政宗のお墓である”瑞鳳殿”
霊屋(おたまや)とも呼ばれてます。
今あるのは戦争で焼けて復興のものですが
とても装飾が立派でした。


SANY0018.JPG
仙台といえば牛タン。
その1つのお店が”伊達の牛タン”


SANY0019.JPG

SANY0020.JPG
青葉城の石垣に堀になかなか立派。
今回の地震で崩れていないか心配ですが・・・


SANY0023.JPG
そそ、仙台には昔、市電も走っていたんですよ〜

SANY0034.JPG
秋保温泉の河原にて。仙台からほど近い有名な温泉地です。
奇岩が多数。TVの映像で一部崩れてるのが確認できました・・・。


SANY0039.JPG
開業まもない頃の仙台空港アクセス鉄道
津波が襲ってきた場所ですね。


SANY0049.JPG
宮城県の観光地で一番有名といえば”松島”
日本三景の一つです。島の景観がとても立派でした。


SANY0065.JPG
松島地区はこの島々のおかげで
津波の被害がだいぶ軽減されていたとか。


SANY0070.JPG

SANY0072.JPG
伊達家の菩提寺の瑞巌寺。

SANY0079.JPG

SANY0081.JPG
こちらは多賀城跡。
城とついてますが政庁の跡ですね。
広大な敷地は市民の憩いの場になってました。


SANY0082.JPG
最後に仙台市内にある"東照宮”
灯篭がほとんど倒れてしまったとか。


津波被害の報道がかなり目立ちますが
市街地の被害もかなり甚大のようです。

一日も早い復興を願うとともに、
皆々さまのご無事をお祈りします。


  




   
posted by にゃおすけ at 21:52 | 大阪 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 東北ボラボラ | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

釜石の遊覧船「はまゆり」が・・・

被災された皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

釜石の海からの眺めは
リアス式海岸で特徴的ということで
必ず船に乗ろうと決めてました。

IMG_2259.JPG

ネットで検索してみると
「はまゆり」揺れの少ない双胴型高速船。
船内は安心のバリアフリーと案内されてたのですが
乗ってみるととても心地良かったのを覚えてます。

IMG_2261.JPG

”はまゆり”の発着地。
防波堤の横に車を置きました。

この場所は
今回の震災で津波報道の初期に
滝のように海水が流れ込んでるのを
映像で見たのですが・・・
見るに耐えなかったですね。

IMG_2265.JPG
右手奥に釜石大観音様が見えました

ルートは釜石の湾岸をめぐります。
あの釜石大観音ももちろん通りました。

船の後ろのスペースで
エサをやるとカモメが寄ってきます。

なんとも微笑ましい光景・・・

IMG_2277.JPG

乗船率はまだ寒い時期だからか
そんなに良くはなかったのですが
また乗りたいと思いました。

306f2a5f_2.jpg

ところが。

今回の震災の津波によって
ビルの上にいる光景を写真で見ました。
上の写真は画像掲示板から
転載させてもらったものなんですが・・・

なんとも無残な形での再会。

自分が乗ったものだけに
かなりショックを受けました。

しかし、現地の被災者の方々は
町や家族が大変なことになっているのですから
自分のショックと比べものにならないでしょう。

一日も早い復興を願うとともに、
皆々さまのご無事をお祈りします。






  
タグ:岩手
posted by にゃおすけ at 20:48 | 大阪 ☀ | Comment(10) | TrackBack(0) | 東北ボラボラ | 更新情報をチェックする