2011年09月19日

暗越奈良街道その1・高麗橋→菱屋

街道歩きの趣味は勢いが止まらない!!
今や1番の趣味になってしまいました。

R0010872.JPG

またもや、大阪高麗橋へ。

ココは東海道の終点でもあるんですが

今回歩こうとしている
暗越奈良街道」の起点でもあります。


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

もっとも、起点終点は諸説があるんですが
江戸時代までは玉造付近起点だったそうです。

まぁ、どうせ歩くの長い方がー
ということでその辺りは気にしませんw

R0010883.JPG

東海道との重複区間、
熊野街道との重複区間を通り
大阪市内をオフィス街を通過していきます。

R0010881.JPG

暗越奈良街道というのは
他の地方では馴染みがないと思うのですが

大阪と奈良を最短距離で結ぶ街道で
遠く伊勢へ行く人もかなり通っていたとか。
多い時で1日7万人の通行量!

結構な幹線だったのが伺えますよねー

R0010889.JPG

ただ、最短距離を結ぶ街道だけあって
難所が生駒山の暗峠があるんですよね。

麓の小学校では遠足で行かされる所ですが
かなりの急坂で結構ヘトヘトになります(^^;

この峠が最大のハイライトでして
後は奈良盆地を通り春日大社が終点です。

R0010893.JPG

さて、歩みを進めましょう。

上町台地のあたりを通るので
市内でも結構アップダウンがありますー。

休みの日のオフィス街は
車も人も少なく実に歩きやすい〜♪

R0010892.JPG

ようやく現れた
「暗越奈良街道」の道しるべ。

そそ、読み方は
「くらがりごえならかいどう」
峠の名前は「くらがりとうげ」

名前からして
峠道の険しさを想像しちゃいますよね(^^;

R0010896.JPG

ちなみに、ここから先、意外にも
かなりの道標と案内看板が豊富でした。

それもそのはず
大阪府が街道ウォーキングマップを発行。
僕もこのマップを参考に歩いています。

R0010901.JPG

さあ、大阪環状線の外側に出ます。

玉造の二軒茶屋跡です。
街道を通る人相手の商売で賑わっていたそうで
大きい二軒の茶屋がここにあったそうですねー。

R0010900.JPG

そのすぐ先を斜め左に曲がるとー

昔ながらの道幅な
街道の面影がある道が残ってました。

車通りでないだけにとっても静か・・・。
なんともいえない癒しの空間ですー♪

R0010904.JPG

R0010907.JPG

この先、小さい川の橋を渡ります。

昔の地図を見ると
橋を渡ると完全に田畑。

R0010908.JPG

でも現代はまだまだこの先も
ずーっと住宅街なんですよねー。
昔の地図と見比べは思わぬ発見ばかりです。

R0010911.JPG

やがて東大阪市市街へ。
町工場がだんだん増えてきます。

R0010926.JPG

R0010920.JPG

R0010913.JPG

産業道路沿いを進みますが
ほとんど旧道が並行しているので
気分的に楽に歩くことができます♪

R0010939.JPG

御厨付近は
昔ながらの佇まいが目立ってました。

R0010943.JPG

昔ここに住んでいたことがあるんですが
まさか歩くことになろうとは・・・。

R0010948.JPG

と、いうか
当時は街道が目の前にあること自体
興味もなかったし知らなかった(^^;

R0010949.JPG

幹線道路の中央環状線を越えると
遠くに生駒山も見えてきました。

R0010957.JPG

今回のゴールは
若江岩田駅付近の「菱屋」

家までバスで10分程度の距離。
さっと帰って疲れを癒しました。

いや〜やっぱり近いといいですね。

R0010956.JPG

さぁ、次は生駒山越え。
一気にゴール春日大社を目指します♪



 
posted by にゃおすけ at 22:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊勢本街道 | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

中山道六十九次その15・薮原宿→贄川宿

さぁ、難所の鳥居峠行くぜっ!

R0010677.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

薮原宿を出ると
どんどん勾配をあげていきます。

やがて草道に入っていくのですがー

R0010681.JPG

ここにもありました。

熊出没注意!!

この季節は峠を越える人も
少ないせいかちょっと緊張(^^;

R0010700.JPG

急坂が続きます。
一見、ただの登山道に見えますが

石碑や地蔵さんが横に見かけたりと
街道風情がたっぷり♪

R0010696.JPG

木の隙間から
さっきまでいた薮原宿が見えました。

R0010705.JPG

頂上の手前には
御嶽山遥拝所(神社)があるんですが
ここの鳥居がこの鳥居峠の由来だとか。

現在、建ってるのは
比較的新しいものですけども
神社の奥には立派な古い石碑がずらーと。

R0010709.JPG

御嶽山の信仰者が多いことを伺わせる
神秘的な光景が広がってましたー。

御嶽山ってかなりの標高があるんですが
中山道ではこの峠ともう1ヵ所しか見れないんです。
それだけに見れる箇所での信仰施設が凄い!

R0010713.JPG

さて、頂上である峠です。
なーんにもありません。

昔はここに
3軒の茶屋があったそうですが・・・

R0010715.JPG

少し奈良井側に降りたところに
峠の小屋がありました。

そこには足跡帳があったんですが
日付をみるとお盆歩きが多いこと!
自分もそうだけど・・・(^^;

お盆までは
1ヵ月に2人ぐらいな感じでした。

R0010719.JPG

下りはかなりの急坂が続きます。
これを見てると東側から登るのは
さぞ大変だろうと思ったのですが

何度も登った人に聞くと
西のほうからが大変じゃない?とのこと。

こればっかりは実際に自分の足で
確かめないとわかりませんね(^^;

R0010720.JPG

森林浴ハイキングを楽しみながらー
やがて、奈良井宿が見えてきました。

それにしても凄い人!
ドラマの影響もあるのでしょうね〜。

R0010750.JPG

さすがに重伝に指定されてる町並みです。

ずらーと長く伸びる古い家々。

観光地化されてはいるものの
やはり本物の良さが伝わってきます。

R0010734.JPG

木曽路の特徴的な家の中に入れたり
明治天皇が泊まった部屋があったり

是非、資料館に入ってみることを
オススメしますー。

R0010743.JPG

R0010759.JPG

街道を歩いていて
入りたくても入れなかった古い家。
そして、暮らしぶりや歴史など
道中ではこういった資料館に入ると
さらに土地のことが理解できる気がするんですよね。

R0010771.JPG

奈良井川を渡りしばらく行くと
漆器で有名な平沢にたどり着きます。

あまり知られていないのですが
ここも重伝に指定されているんですよね。

R0010777.JPG

でも、町中には観光客がいない・・・
なんとも奈良井と対象的です。

R0010789.JPG

漆器のお店が見事に並ぶ光景。
しかも1キロずらーと。

他に食事とか他の店があっても
良さそうなのに(^^;

お店だけが並ぶ景色は
実に壮観でした。

R0010792.JPG

それにしても
相変わらずの炎天下です。
朝の涼しい気温はどこへやら・・・。

R0010794.JPG

炎天下対策でキャッツビーの
ヒヤッとするおしぼり
を今回初使用。

これが結構いいんですよね。

R0010797.JPG

まず腕をおしぼりで拭いて
その上から日焼け止め。

しばらく爽快感が続きます♪
あと冷えピタも効果的でした(^^)

R0010803.JPG
こういう道も中山道

そんなこんなでまもなく贄川宿。

宿手前は廃道寸前の遊歩道。

R0010802.JPG

かなりの草で大変でしたが
草刈りのタイミングにもよるのでしょうか。

R0010811.JPG

いつもながら
街道の手入れをされている方々には
ありがたいと頭がさがる思いです。


  
posted by にゃおすけ at 20:27 | 大阪 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 中山道六十九次 | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

今後の街道歩きの展望とまとめ☆

どっぷりと街道歩きの魅力に
ハマってしまってます(^^;

大目標の中山道制覇だけでは
足がウズウズして空いた日があれば
近場の街道も歩くようになってきました。

そこで!

今回は今後の目標ということで
地図を見ながらお話しよーと思います(^^)

nara_1.JPG

一筋の赤い線。
先日、踏破し終わった”暗越奈良街道"です。
大阪と奈良を最短で結ぶ街道ー。

この街道は実は名前を変えて
伊勢までも続いてるんですよねぇ。

nara_2.JPG

青線が今、説明が終わった”暗越奈良街道"

赤い上の線が
同じく大阪と奈良県を結ぶ十三街道
その下の線が八尾と奈良県を結ぶ立石越街道

いずれも出発点は違うものの
大阪から伊勢へ行く人も使う街道になっています。

nara_3.JPG

そして、さらに出て来た赤い線が
竜田越奈良街道

今まで説明してきた
3本の街道と趣旨は同じで
峠越えがない大阪−奈良の街道です。

もうお気づきの方もいると思います!

伊勢へ向かう主だった街道は
一旦、奈良県を通っているのがわかります。
そこで一通り奈良まで制覇した後に
その先の伊勢への道を行こう!!
そういう魂胆なわけです。
(ちょっと贅沢な街道旅かも!?)

nara_4.JPG

あ、まだもう1つ忘れていました。
堺からの竹内街道です。
桜井あたりで合流します。
次のルート図のような感じにー。

nara_5.JPG

こんな感じで
伊勢本街道となって
伊勢へと向かって行くのが
とりあえずの当面の目標です(^^)

でも、それだけでは
なんだか物足りません・・・w

nara_6.JPG

琵琶湖の横の朝鮮人街道
下の赤線の初瀬街道などなど
脇道も面白みのあるところばかり。

順次、これらも踏破しながらー。

nara_7.JPG

じゃーん。
奈良から上へ向かう一筋の道。

奈良街道(大和街道)です。

奈良から京都へ踏破してー

nara_8.JPG

なんと!
そこから西へ向かっちゃいます。

西国街道です。

狭義の意味では西宮までですが
広義の意味となると山口県下関が終点です。

五街道の次に大事な街道だったわけですが
拠点には宿場町が整備されていたなど
かなり面白みのある街道ではと思います。

nara_9.JPG

とりあえず
その西国街道を西宮まで踏破し
先へ進む前に大阪からの中国街道
ついでにいっときましょう!

nara_10.JPG

そして、西国街道をゴール下関までGO!
この区間の別名山陽道をひたすら西へ進みます。

nara_11.JPG

とりあえず、これらを踏破すると
すでに歩いている東海道、中山道、伊勢街道
地図に重ねてみると近畿ではこんな感じに。

果たして歩けるのだろうか・・・w

toukaidou_1.JPG

以上がこれからの計画ではあるんですが
やはり大目標としては五街道制覇があります。

上の図は東海道。すでに踏破済みです。

toukaidou_2.JPG

東海道だけで飽きたらず
脇道の姫街道も歩いたんですよねー。

toukaidou_3.JPG

そして東海道と切ってきれない関係の
三重県追分からの伊勢街道を行って
中山道を行くようになりました。
(緑ラインは9/12現在未踏破です)

五街道制覇に向けての
簡単なシナリオですが・・・

★中山道
10月3連休で倉賀野。
その後2回に分けて板橋宿へ。
ラスト1区間をゆったり午前中ゴールへ。

★甲州街道
9月3連休の初日に
下諏訪を通って上諏訪の宿へ向かう途中、
この街道を利用し1区間だけですが
西から東へ歩いていく計画です。

なので、必然的に次回からは
上諏訪から日本橋へ向かう形になります。

★日光街道
中山道ゴールを午前中に切り上げのは
ゴールした後すぐにこの街道を歩くため。

少なくとも千住宿までは歩きたいものです。

★奥州街道
白河まで行きます。
行く時期は甲州街道踏破→日光街道踏破、
その後になっちゃいますねー。

いずれも
かなりの計画になっちゃいますが
一生かけて踏破できたらーと思ってます(^^)/


  
posted by にゃおすけ at 16:23 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | 更新情報をチェックする