2012年04月25日

竜田越奈良街道その2・柏原→奈良公園

辰年ということで新年歩き初めは
竜田越奈良街道を歩いてみました。

R0016884.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

大阪の恵比須町付近を出た街道は
ほぼJR大和路線と並行して奈良まで続きます。
今回は前回の続き柏原付近をスタートしました。

R0016881.JPG

それにしても・・・

寒い!!

汗はかかないものの
手がかじかんで大変です。
あとトイレが近くなるのは冬ならではですね(^^;

R0016889.JPG

柏原付近は年代によって大きくルートが違います。
大和川の付け替えと関係しているのですが
今回は付け替え前のルートを進んでいます。

この付け替え。
今はまっすぐ堺方面へと西へ流れるのですが
昔はここで東へと向かっていました。

R0016888.JPG

なので、最初に歩道の橋を渡るのですが
実は昔は川ではなく陸地だったというわけです。

石川の堤防上を大きく迂回して
東へ向け旧街道へと進みます。

R0016899.JPG

R0016902.JPG

ちなみに付け替え後のルートはというと
今のJR線とほぼ並行していたようです。
ただ、後述する国分付近の良い場所などを
通らないことになるので面白味にかけます。

どのルートを歩かれるか迷ってる方は
付け替え以前のこのルートがオススメです。

R0016908.JPG

やがて一大ジャンクションの国分。

今も昔も交通の要衝ということで
いい感じで賑わっていました。

R0016919.JPG

高田を経由して伊勢への街道も
ここで分岐。道標も。

国分の界隈は
花いっぱい運動ということで
奈良街道の文字を目にできました。

R0016917.JPG

国分から先は少し勾配になって
国分神社を過ぎ道も細くなっていきます。

R0016923.JPG

R0016926.JPG

山間のひなびた街道なたたずまいです。

さらに行くと夏目茶屋の渡しの跡。

R0016936.JPG

現在はよく揺れる吊橋が架かっています。
大和川付け替え以前のルートは
ここに来て初めて川を渡ることになります。

R0016945.JPG

R0016949.JPG

さぁ、亀の瀬越え。
この辺りは地すべり地帯で
災害がよく発生する場所。

亀と付くのでなんとなく
かわいい印象はあるんですけどねぇ(^^;

R0016953.JPG

R0016955.JPG

大阪から奈良へ抜ける街道には
生駒山を越えなければいけないのですが
今回の街道は川沿いということもあって
ほとんど峠らしい峠はありません。

R0016965.JPG

それでも雰囲気ある峠の神社付近。

これを過ぎると奈良への下りが始まります。

R0016966.JPG

住宅街の中に入るのですが
実はこの辺りは特に歴史がある場所で
日本四関のひとつの竜田の関がありました。

R0016969.JPG

今もその時の名残りの
お地蔵さんがいるんですが
案内板がないと普通の光景ですよねぇ。

R0016972.JPG

奈良県内に入ると史跡の嵐。
のどかな光景の中に有名な寺社が
どんどん出てきて歩いていて楽しいところ。

R0016977.JPG

龍田大社では初詣シーズンということで
着物姿の人がいたりお神酒をもらったりと
この時期ならではの光景。

初歩きなんとも楽しいー♪

R0016985.JPG

交通量の多い狭い道も通ります。

R0016992.JPG

抜け道で使ってる人が多いのでしょうか。
亀の瀬の峠を越えた後も竜田川の橋までは
結構アップダウンがありました。

R0017004.JPG

大型トラックも多い国道25号を
1つ入った旧街道。

R0017008.JPG

竜田付近は奈良の西部地方で
かなり賑わっていたそうです。

R0017017.JPG

今も立派な家々が軒を並べています。
重伝に指定されてないのがおかしいぐらい
素敵な雰囲気が残っていました。

R0017026.JPG

R0017033.JPG

大きな道標を見て北へ進路を替えると
法隆寺の松並木の中へー。

前から門前の道は広いと思っていたのですが
まさか街道が中を通っていたなんて驚きました。

R0017037.JPG

境内をかすめて突き当たりを東へ。
この付近の家々は門前町な佇まい。

R0017039.JPG

R0017040.JPG

奈良らしい風景の中を歩きます。

R0017045.JPG

富雄川の堤防沿いを行くと
やがて小泉神社。

R0017050.JPG

小泉神社の門は
小泉城のものを移築したもの。

こうやって再利用してるの
時々見かけますが嬉しいものですね。

R0017051.JPG

R0017058.JPG

空を見上げると雪雲が。
しばらくすると雪が降ってきました。

今日はトコトン寒い><;

R0017069.JPG

郡山が近づくにつれ溜池が増えてきます。
名物金魚を扱う業者も増えて
やがて城下町の中へー。

R0017077.JPG

正月だからかシャッターが閉まった店多し。

細長い一方通行の道を北へ向け歩くと
昔ながらの茶屋がありました。
縁側でゆっくりお茶を飲める形式ですが・・・

R0017082.JPG

この寒さでは厳しいですねぇ(^^;

R0017090.JPG

古い家が残る郡山を過ぎ
長い堤防の上をずっと歩けば
奈良市街。いわゆる平城京です。

R0017110.JPG

R0017114.JPG

ならまちとして賑わう
古い町並みを抜けるとやがてゴール!

R0017146.JPG

R0017150.JPG

ここから先はどこに行こうか迷うところですが
北へ向かって京都へそれから西へ西国街道。
南へ向かって伊勢へ伊勢本街道。
あと、山辺の道や中街道、下街道も
行ってみたいと考えています。

夢が広がります(^^)

     
posted by にゃおすけ at 19:44 | 大阪 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪から奈良への街道 | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

竜田越奈良街道その1・恵美須町→柏原

大阪から伊勢へと向かう街道っ!

R0013332.JPG

すでに踏破している
暗越奈良街道と同じく
大阪と奈良を結ぶ街道です。


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

こちらは生駒山を避けて
大きく迂回しているのが特徴です。
ルート的にはJR大和路線に沿った感じになります。

R0013330.JPG
スタートは恵美須町

また、もう1つの特徴として
風光明媚な場所が多いということでしょう。

平野の集落や法隆寺、郡山などなど
いかるがの里ものんびり楽しめます。

R0013333.JPG

さぁ、出発です。
恵美須町の大きな交差点。

近くには通天閣と
この辺り大阪の熱気が溢れるところです。

大阪市内は意外とアップダウンがあります。

上町台地の影響なんですけど
そのおかげで坂が多く風情満点です。

R0013342.JPG

清水寺もその1つ。

京都の清水寺と同じく
大きな舞台がありますー。

R0013341.JPG
街道より清水寺への脇道

現代では大阪に清水寺って
知らない人が多いと思いますが
江戸時代では風景画によく載っている
名所中の名所だったそうです。

R0013344.JPG

玉出の滝もこの中に。

この清水寺の他この周辺には
愛染堂や四天王寺さんなど
寄り道したくなるところがたくさん!

もう出だしから面白さ満点^^

R0013355.JPG
四天王寺前の交差点にて

R0013365.JPG

さて、環状線の寺田町駅を過ぎると
まわりのビルの高さも低くなり
住宅街の様相が出てきますー。

R0013367.JPG

雰囲気ある商店街。
源ヶ橋商店街です。

R0013377.JPG

名前のとおりこの辺りは
川がありその名の橋があったそうです。

源という盗賊がいたと書いてありました。
それにしても歴史を調べながら歩くのは
なんとも楽しいものです。

R0013385.JPG

R0013391.JPG

やがて大きな交差点の杭全。

難読な地名で「くまた」なんですが
大阪の人なら読める人多いですね。

R0013392.JPG

国道25号に沿って歩きます。

それにしても、市街地は
信号が多いのでペースが乱れます。。。

今回全区間で22キロの道中だけども
10キロの時点ですでに疲れが・・・(^^;

平野は寺内町で昔は一大都市でした。

R0013398.JPG

R0013400.JPG

大念仏寺を中心とする町並みー。
街道はお寺をかすめるように通ります。

R0013406.JPG

この辺り、街道らしき旧道が
国道から何本も分かれていて
ついつい吸い込まれそうになりますが
だまされてはいけませんー。

R0013408.JPG

国道部分が
本来の街道を拡幅したもので
残念ながら旧道は平野の先の一区間だけ。
(ルートマップをご確認ください)

そこにデッカイ道標がありました。

R0013416.JPG

R0013429.JPG

さぁ、中央環状線を越えると
地元の八尾市内に突入です。

R0013434.JPG

R0013443.JPG

ココから先は旧道が8割近く残っていて
楽しみながら歩くことが出来ました。

R0013452.JPG

真正面には生駒山(高安山)が見えます。

今回はあの山は登らずにいけます。
全区間に渡ってそれほど高低差がないのも
気軽に歩けるこの街道の良いとこでしょうねぇ。

R0013460.JPG

JR八尾駅の南側は
良い感じの町並みが広がってました。

聖徳太子ゆかりの太子堂など
古く歴史のあるものがいっぱい。

R0013482.JPG

そして道標もあちこちに。

R0013488.JPG

志紀あたりまでくると
また国道沿いを歩きます。

旧大和川の堤防を使った
JR大和路線と並行して
やがて柏原市街へ。

R0013501.JPG

旧道に入ると
古い家も増えてきて
重要文化財の家もあったり。

R0013528.JPG

ここは河川を利用した
柏原舟で賑わっていたそうです。

船着場の跡など
往時の面影がたっぷりです。

R0013533.JPG

信貴山への街道の道標。

R0013503.JPG

今回はここまでー。

次回は柏原から
ゴール奈良市街へ歩みを進めます♪

  
posted by にゃおすけ at 20:16 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪から奈良への街道 | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

奈良街道その2・棚倉→京都伏見

奈良街道パート2として
棚倉から伏見の区間をまとめてみました。

R0018191.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

棚倉からの木津川沿いの道は
並行する旧道が昔の街道と思われます。

R0018187.JPG

少しジグザグといった形です。
そういえば、この辺りは天井川が多いですね。
東海道の石部あたりとよく似ています。

R0018190.JPG

玉水駅の手前の堤防より下るあたり。

放し飼いの犬が2匹(^^;
しかもデカイ!

R0018207.JPG

この道は街道なので気合で通りましたが
街道歩きでなければ迂回していました(^^;

R0018210.JPG

R0018209.JPG

山城青谷駅付近の造り酒屋。
白壁の蔵がとても立派です。

R0018235.JPG

R0018226.JPG

この辺りからの旧道は
抜け道として使ってる車が多くなってきます。
町の雰囲気もこれから京都に近づくにつれ
家が多くなり田園風景から住宅街へー。

R0018253.JPG

五里五里の宿場町。
長池宿です。

奈良からも五里、京都からも五里。
ちょうど中間ということで
ここで休む人も多かったようです。

R0018260.JPG

古い家や和菓子屋も軒を並べますが
全体的にこじんまりとした印象です。

これは
木津川での水運によって
船を利用した人も多かったのでしょう。
そして、奈良と京都の間ということで
距離的にも短かったということもあるのかも。

R0018272.JPG

城陽の地域に入ると
川から離れ標高が少し高くなったからでしょうか
アップダウンのある地形を進んで行きます。

R0018291.JPG

ほとんどの区間で旧道が残り
歩いていて楽しい区間です。

R0018280.JPG

そして、古墳も。
この辺りは古くからの所なのでしょうね。

軒先の椅子やスダレなど
京風の家が多くなってくると
京都が近くなったことを実感してきます。

R0018313.JPG

小倉が近くなると宇治市。
お茶の店が増えてきました。

京都の小倉の読み方は「オグラ」
昔はこの辺りに大きな「巨椋池」がありました。

R0018317.JPG
こちらは巨椋神社

R0018319.JPG

今は埋め立てられ
往時の面影がほとんどありませんが
街道は池沿いを進む形で進んでいたようです。

途中、池の中に堤防を作って
ショートカットした部分もあったそうです。
いわゆる小倉堤ですね。

R0018330.JPG

街道より西側の土地は
明らかに低くなっていて傾斜になっています。

R0018333.JPG

近鉄線沿いに出ると
一面の広々とした田畑が出てきます。
この辺りの近鉄線(当時は奈良電)は
もともと堤防の上に作られたという話です。

R0018335.JPG

向島駅の手前は
消滅した区間があります。

R0018344.JPG

が、一部、堤防上と思われる区間が残ってました。
樹齢がかなりある立派な桜の木。
これはもしかすると小倉堤なのか?
と、想像が膨らみます。

R0018350.JPG

向島駅を過ぎると
ハクモクレンの並木が。

観月橋を渡りゴールの伏見へ。

R0018354.JPG

R0018366.JPG

ここから先は人は伏見街道。
物流は竹田街道という感じで
別れて通ることが多かったそうです。

牛車も通る竹田街道には
車石という舗装道路もありました。

R0018368.JPG

奈良〜京都の街道の完結編として
今度は伏見街道を歩いていこうと思います。

 
posted by にゃおすけ at 19:00 | 大阪 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の街道 | 更新情報をチェックする