2012年06月28日

念願の屋久島へ (´▽`)ノ

JALパックを利用して
4月の中旬に行ってきました。

R0018915.JPG

計画自体は去年の10月からで
いつがいいのか悩んでいたのですが

・4月は新芽の季節で綺麗。
・GWの直前なので空いている。


この2点が決め手でした。
8月や秋も良さそうなんですけども
やはり台風が多いので・・・。

4月も実は雨が多い季節のようです。
でも、屋久島は1ヶ月に35日雨が降るというので
雨を楽しむ気持ちでというのが肝心らしいです。

R0018889.JPG

大阪からJALのプロペラ機で鹿児島空港へ。
そこから空港バスで鹿児島市内。
市内からトッピー(高速船)で屋久島。

大阪からは直行便もあるんですが
やはり値段的に高い・・・。
ちなみに1時間半ぐらいだそうですー。

今回のルートでは8時間ぐらいかかってます(^^;

R0018904.JPG

トッピーというのは
水中翼船で海上で船体を少し浮いて
時速80kmで突っ走ります。

浮いて走るので
外海に出てもほとんど揺れない。
とっても心地の良い船でした。

R0018906.JPG

ただ、海中には何があるかわかりません。
この日乗ったトッピー1は2日後に
くじらと衝突してえらいことになってました。

R0018916.JPG

屋久島に到着です。

九州の最高峰の他に、
ベスト9まではここに揃っています。

海から眺めてると
まるで海上のアルプスのような風情。

平べったい隣の種子島と大違い。

R0018918.JPG

気温はさすがに大阪に比べ暖かく
湿気もムンムン。

翌日の雨を予想される気候でした。

R0018974.JPG

初日は15:00ごろに着いたので
民宿のある宮之浦界隈の散策のみ。

近くには歴史資料館もあり
屋久島のことをお勉強。

旅先のことを知るには歴史は大事。
マイナーな所でもつい寄ってしまいます。

R0018944.JPG

”やく神社”という神社を見に行ったり
集落を見に行ったり生活臭あるところも楽しみ、
スーパーに寄ってこの地域独特の品揃えを見たりー。

R0018988.JPG

屋久島で一番の人口の多い場所なんですが
とても静か。時間もゆったり進んでる感じがします。

そして、みんな話しかけてくる!
家の貝殻を見ないか?とかどこから来たの?とか。

旅の醍醐味ですねぇ。

R0018997.JPG

今回の旅ではレンタカーは借りてません。
広い島なのであれば便利なんですが・・・。

島内の移動はこんな感じにしました。

1日目
宮之浦港→民宿(徒歩20分)

2日目
縄文杉ツアー(民宿まで送迎つき)

3日目
民宿→安房港(定期観光バス半日コース2000円)


R0019263.JPG

そそ、3日目の定期観光バスはおすすめです。
バスガイドさんも乗ってるのでしっかりとガイドしてくれます。

そして民宿の近くに迎えにきてくれて
帰りの船の港に降ろしてくれるー。

とてもコストパフォーマンスの高いバスでした。

R0019250.JPG

今回は客が少なかったので
こんなマイクロバスでした。かわいいですね。

屋久杉ランドなど観光させてくれます。
そこにある目立つ屋久杉が紀元杉。触れます。
これで3000年なのだそうですよー。

R0019239.JPG

さぁ、次は縄文杉トレッキングのレポです。

 


  
posted by にゃおすけ at 19:17 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 九州ボラボラ | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

中山道を踏破しての雑感など。

前年の5/4にスタートして約1年。
のべ22日目でのゴールとなりました。

dc050708.JPG
なんと7名の方々が待っててくれました(涙

いろんな街道を歩いていますが
中山道のゴールはまたひと味違いますね。

中山道を歩いて何が良かったかー。

やはり
「日本の原風景を思う存分楽しめた。」

と、いうことでしょうか。

R0013249.JPG

道端にある道祖神や
地方によっての建物の違い、
その土地土地の雰囲気など、

江戸と京を結ぶ長距離だからこそ
地域による違いが顕著な感じで
いろんな発見がありました。

R0010356.JPG

もちろん、
他の街道でもそのような光景は
見かけることが出来るのですけども、
中山道は歴史の重みを感じずにはいられません。

単純に歴史の重みだけを取れば
熊野古道や東山道など古い街道もあるのですが、

江戸時代からしっかり整備された五街道は
まだ比較的新しい時代のものということで
今も往時の面影が色濃く残ってる所があったりします。

松並木や一里塚、関所、道の形などなど。

まさに、当時の旅人気分にひたって楽しめるー。
ここに五街道の素晴らしさがあるのかもしれません。

DSC04664.JPG

苦労した点としてはー。

やはり交通の便が悪いということでしょう。

東海道に比べて逃げ場がないことや
行程をずっと先まで計画していかなければ
うまく攻略しにくい場所がありました。

例えば
・御嵩→大井(あの十三越え)
・下諏訪から佐久にかけて


R0018796.JPG

でも、交通の便が悪いということは
それだけ原風景が多く残っているもの。

そこに広がる光景を見てると
苦労は吹き飛んでいきました。

DSC04457.JPG

中山道で
大変だった難所は?と聞かれると

御嵩→大井でしょうか。

延々と続くアップダウンの続く山道、
気温も高い中の道中、
途中リタイヤも難しい区間でした。

ペットボトルを何本消費したことか・・・(笑)

次の水分補給の場が見つからず
あやうく脱水症状寸前までいきました(^^;

なお、
碓井峠、和田峠は
登山感覚で挑んだこともあって
そんなに苦労はしませんでした。

もちろん、西から行ったので
地形的に楽だったというのも大きいです。

R0015949.JPG

あと、特筆するべき点として
今回の中山道では東海道の時に比べ
さらにITの利用が進みました。

★計画&ルート決定

東海道の時は
ガイドブック1つだったのが

・ガイドブック
・インターネットの中山道のサイト


この2つを活用してルートを比較、
自分で正しいと思うルートを決定し
ルートラボというサイトに記録していきました。

★歩く時

ルートラボで作ったルートを
iPhoneとiPadの中に入れてそれを見ながら
GPSで現在地を確認しつつ歩きました。

ガイドブックに書いてある内容や寄りたい場所は
あらかじめiPadのルート上にメモっておきました。

これによって、極端な道の間違いがなくなり
今いる場所の把握などとても楽になりました。

あと、歩行時はどこを歩いたか
データで残るようGPSロガーで記録もしています。

★帰ってきたら

備忘録でブログを書いたり
ヤマレコというサイトに記録もしました。

ちなみに、ヤマレコのマイマップの機能は
今まで歩いたところのルートが一覧で見れてしまう
とっても素晴らしい機能でオススメです。

以上、出発前から
いろいろと準備は大変ですけども
ITの活用はさらに街道歩きの楽しみが膨らみました。

DSC04481.JPG

そそ、
最後に触れておかねばならないのはTwitter

道中、つぶやきながら歩きましたが
いろんなところでいろんな方と
お会いすることが出来ました。

そして、
応援メッセージはとてもありがたかったです。
特に難所とよばれる場所では元気が出ました手(グー)

dc050707.JPG

次の五街道はまずは「甲州街道」

できれば3年以内に
五街道制覇したいところですひらめき

 
posted by にゃおすけ at 21:28 | 大阪 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 中山道六十九次 | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

中山道六十九次その32・板橋宿→日本橋

さぁ、ラスト。日本橋へ!
残りわずか10km。

R0020183.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

前日の行程で
日本橋へ行こうと思えば行けました。
でも、30km以上歩いての疲れた状態ではなくて
やはりラストは気持ちよくゴールを迎えたいもの。

と、いうことで
前回は板橋宿で寸止め!で終わってました(^^;

R0020178.JPG

それにしても夕方の宿場の光景と
朝早くの光景とは全く違うものですね。

あれだけ人でいっぱいだった通りも
時間によってこうも変わるとはー。

R0020188.JPG

宿場の左手は元は加賀藩の下屋敷跡。

今は公園やこども動物園になっていたり
地名に”加賀”という名に名残があります。

R0020175.JPG
下屋敷跡にある大きな公園

江戸に入ってからは
今昔散歩」というアプリも使ってみました。

今の現在地は
江戸時代は何だったのかと
地図ですぐに判かるという代物なのですが
これがなかなかイイ!

1.jpg

まるでタイムスリップした感覚になれます。

R0020185.JPG

板橋宿から続く商店がずらーと並ぶ道。

板橋駅付近には新撰組の近藤勇の墓がありました。
ここは昔、処刑場があったのだそうです。

R0020190.JPG

巣鴨のとげ抜き地蔵の前の道は実は中山道。

都電の庚申堂の駅のすぐ近くには
立派な「庚申堂」があったりと
街道の名残が多く残っていました。

R0020194.JPG

R0020202.JPG

朝早くから賑わう巣鴨界隈。

おばあちゃんの原宿と呼ばれていますが
僕は本場の原宿よりこっちのほうが落ち着きます(笑)

R0020206.JPG

R0020213.JPG

そういや、赤パンツのお店ってあるんですね。
じっくり探索してみると他にも面白い店がありそうです。

R0020210.JPG

R0020219.JPG

巣鴨駅前で大きな道路に出ました。
その先で片側一車線の旧道に入っていきます。

R0020221.JPG

坂を下ったり、ウネウネしていたりと
都内にも関らず道筋がいい感じです。
こういうところを歩くのは楽しいですね。

R0020231.JPG

日光御成街道との追分を過ぎると
東大の前を通っていく形になります。

有名な赤門は加賀藩の上屋敷の門。

R0020243.JPG

R0020241.JPG

残りも
わずか4キロになってしまいました。

ここでちょっと寄り道・・・
江戸にはなかなか来る機会がないので(^^;

竹久夢二美術館と文京ふるさと歴史館。
都内にはほぼ各区に歴史資料館がありますが
そのどれもが低料金な上、江戸の資料もたっぷり。
なんともありがたいものです。

R0020254.JPG

R0020251.JPG

一歩、一歩、歩くたびに
今まで歩いてきた記憶が蘇ってきます。

いろいろ思ったりして
ホロッときちゃいますね。

R0020268.JPG

神田大明神で最後の休憩。
江戸総鎮守だけあって凄く立派です。

R0020270.JPG

神田大明神の手前に旧道がありました。

R0020263.JPG

R0020264.JPG

思えば、中山道の旧道の探索は
東海道以上に大変でしたー。

中には廃道のような草道を行ったり、
1日歩く距離の計画を4時間近くかけたりー。

今となればこれも楽しい思い出。

R0020277.JPG

昌平橋を過ぎると残り1キロ。
周りのビルはとても高くなってきてました。

中山道は
田舎道が多かっただけに
この都会の光景はやけに新鮮に映ります。

R0020284.JPG

R0020286.JPG

そして、日本橋。

見えたー!!!!

R0020287.JPG

感無量!!!
 
R0020290.JPG  

  
posted by にゃおすけ at 17:16 | 大阪 ☔ | Comment(5) | TrackBack(0) | 中山道六十九次 | 更新情報をチェックする