2012年10月25日

甲州街道四十四次その5・穴山→石和温泉

今回は甲府市街を進んでいきます。

R0024513.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

甲府は盆地であるせいか
夏は猛烈な暑さになることが多いですよね。

前回は6月での道中でしたが、
待ちましたよ。9月3連休まで。

高速バスで山梨県入りすると
さわやかな空気が出迎えてくれました。

R0024514.JPG
稲も刈り取られ秋の光景が広がる

R0024525.JPG

穴山駅付近より出発です。
江戸時代に作られた用水路沿いを進みます。

左には台が原宿付近から続いてきた
「七里岩」がまだまだ寄り添っています。

45446546.JPG

あれ?通天閣。
よーく見ると結構良い出来です。

R0024530.JPG

R0024541.JPG

釜無川を橋で渡ります。
右手を遠望してみるとー。

富士山!!

朝は逆光なので少し見えにくいですが
やっぱ見えると嬉しいものです。

R0024553.JPG

R0024548.JPG

武田の里のマンホール。

家紋の武田菱がないのは残念ですが
この付近は武田の出身の村。

家々の表札を見てみると
武田家臣の末裔と思われる苗字を
よく見かけることができます。

R0024558.JPG

R0024571.JPG

雰囲気ある旧道を進み韮崎宿へ。

七里岩はここで終わり。

韮崎の名前も
岩の先っぽからきているそうな。

R0024576.JPG

ここで有名といえば
駅からもよく見える観音様と
その下にある窟観音様。

R0024579.JPG

特に窟観音は
七里岩をくりぬいた洞窟の中に
安置されているので見応えたっぷり。

R0024581.JPG

R0024595.JPG

宿を過ぎJR線沿いに進むと
台地の上を歩いていく形になります。

これも釜無川の洪水対策なのでしょうか。

R0024606.JPG
見事な”なまこ壁”の蔵。

さすがに
昼前になると暑くなってきました(^^;

現代の茶屋であるコンビニに入り
こういう時に食べるアイスは格別なもの。

最近は
”ガツン、とみかん”にハマッています。

メーカーを見ると赤城乳業!!
あ、あのガリガリ君と同じですね。

R0024616.JPG

R0024630.JPG

台地の上からの甲府盆地。
ここからいよいよ甲府市街です。

R0024641.JPG

踏切には”信州往還”の文字。

この辺りは甲州街道というよりは
信州への道。それとも善光寺さんへの道。
という意味合いが強かったのかも。

R0024647.JPG
美術館横のイチョウ並木はひんやり。

甲府は城下町でもあるので
街道のルートはウネウネしています。

マップ片手に見てないと
ちょっと間違いやすいレベルですね。

R0024659.JPG

R0024660.JPG
身延道の道標

戦災で古い建物はほとんど見かけません。

上の道標はレプリカで
本物は失われてしまったようです。

R0024669.JPG

R0024682.JPG
甲府善光寺駅付近のカーブ

交通量の多い道を東へ。
青梅街道との分岐を過ぎます。

R0024687.JPG

実はこの付近、
昔は形場があったそうな。
でも、住んでる人がいるんですよね
怖くないのかな・・・(^^;

R0024696.JPG

やがて行くと石和温泉。

競馬開催日だったからか
車が多くて歩きにくい。。。

そういや静岡に住んでいたころ
石和まで馬券を買いによく行ったっけ。

  
posted by にゃおすけ at 21:17 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 甲州道中四十四次 | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

西近江路その1・三条大橋→堅田

京都から北陸への道を歩いてみました。

R0024304.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

スタートは三条大橋。
やっぱここは街道の聖地ですよね。

R0024306.JPG

弥次喜多像に見送られ
旧東海道を東へ進んでいきます。

R0024317.JPG

九条山を越え狭い旧道を経て山科まできました。
今回はここで小関越えへ分岐していきます。

R0024330.JPG

分岐点には大きな道標が今も健在。

R0024346.JPG

もっとも大津へ行くには
旧東海道の逢坂越えでもいいのですが
京都から北陸へ行く人にとっては
小関越えは近道ということもあって
こちらを利用する人が多かったようです。

R0024351.JPG

R0024355.JPG

逢坂越えは別名”大関越え”

小関に対する大関とは
なんとも面白いネーミングですよね。

峠を越え大津の宿場に入っていきます。

R0024361.JPG

滋賀といえばこの飛び出し坊や。

県内に入ったことを実感させてくれます。
そして道の先を見ると琵琶湖が見えました。

R0024370.JPG

大津宿。

西近江路は
本来は大津の高札場が起点だったようです。

東海道と交差する地点は賑やかだったでしょうね。

R0024381.JPG

R0024382.JPG

西近江路に入り
しばらくすると古い家並みがありました。

ここは旧北国町。

残念ながら道路の拡幅工事が行われているようで
この付近の町並みは将来一変してしまうのでしょうか。

R0024391.JPG

R0024395.JPG

琵琶湖沿いを北へ。

R0024419.JPG

湖西地方は
右に湖、左に山が迫っている土地で
街道は挟まれた平地部分を通る形になっています。

時おり、隙間から見える景色に癒されます。

R0024412.JPG

大津近辺には自衛隊の基地があるのですが
ここは迂回せざるえません。

でも、敷地内をよーく見ると・・・
街道が続いている。

なんとも歯がゆいですね(^^;

R0024438.JPG

R0024434.JPG

唐崎は近江八景の1つ。

琵琶湖の風が心地よい空間。
大きな立派な松もとても印象的でした。

R0024445.JPG

坂本の町並みです。

紅葉が綺麗な坂本は山側で
石垣など家並みが良かったりするのですが
街道筋はいたって普通な光景。

R0024448.JPG

ただ、ここには昔は坂本城があったので
城下の雰囲気はいまだあるように感じました。

寺が密集していたり
堀の跡は埋め立てられ街道になっていたり。

探索すると面白い発見がありそうな町ですね。

R0024453.JPG

歩いたのは9月の9日。
まだ暑いけどももう秋の気配がありました。

R0024470.JPG

ちょっと前まで水田だった田んぼも
もう刈られているところもあったりしました。

気温は32度。遠くに比叡山が見えます。

R0024465.JPG

やがて有名な雄琴温泉の中へ。

どっちかというと
ピンク色が濃い温泉地なのですが
それも過去の話になりつつあるようです。

R0024482.JPG

足湯の立派な施設。
歩いてきた足にこれはいいですね〜。

R0024499.JPG

足湯に浸かってしばらくいくと
本日のゴールの堅田駅に到着です。

R0024508.JPG

    
posted by にゃおすけ at 21:55 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 北国街道(北陸道) | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

下街道その2・大和高田→五條

下街道パート2。
大和高田から南下していきます。

R0024114.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

大和高田の市街地は
狭い路地で入り組んでいます。

上の写真は今回のスタート地点。
古い商店街のとてもいい味だしてました。

R0024119.JPG

大きな鐘楼。
城跡もあって歴史を感じる町です。

R0024123.JPG

ここでは伊勢街道(横大路)と交わります。
高田は宿場町としても栄えたようです。

交点は空地がありましたが
道の下を見てみると古い道の路盤が。
こういう発見は実に楽しいものです。

R0024135.JPG

今回の街道歩きは
その国道と並行した旧道を歩いていく形でした。
ざっと、見て8割方残ってる感じでしょうか。

R0024150.JPG

この辺りから
葛城山と金剛山がよく見えてきます。

今回はほぼ全区間に渡って
山容を楽しみながら歩くことができるので
晴れの日でよく山が見える日がおススメです。

R0024158.JPG

R0024163.JPG

伊勢神宮関係の灯篭。

こうした古いものを見かけると
歩いていてとても癒されますねー。

R0024172.JPG

R0024191.JPG

御所駅付近の町並み。

昔は大きな宿場だったのでしょうか。
立派な家が今も多く雰囲気が良かったです。

R0024186.JPG

そういえば
御所の読み方は「ごせ」というように
この辺りは難読の地名が多いように感じます。

たとえば蛇穴や忍海。

もちろん普通に読めば間違いです。
蛇穴は「さらぎ」忍海は「おしみ」
歴史がある昔からの町ということなのでしょう。

R0024195.JPG

道は過去に国道指定されていただけあって
立派な古い橋が川に架かっていました。

こういう道の歴史を探りながらの歩きも
なかなか楽しいものですねー。

R0024209.JPG

西に顔を向けると水越峠がよく見えます。

向かって左が金剛山。西が葛城山です。
景色もどんどん長閑になってきます。

R0024227.JPG

R0024222.JPG

コンビニがあったので少し休憩してみました。
なにやら付近の地名は茶屋。

昔はここに茶屋があったのでしょうか。
ここから先は峠道になるので
ちょうど良い一服地点だったのでしょうね。

R0024238.JPG

R0024242.JPG

じょじょに勾配をあげていきます。

国道から少し離れた旧街道。
静かな空間が広がっています。

R0024257.JPG

R0024250.JPG

峠の名前は「風の森峠」

なにやら現代風のネーミング(^^;

R0024267.JPG

峠を過ぎるとあとは下る一方。
遠くに五條の町が見えてきました。

R0024282.JPG

今回のゴール
奈良公園から伸びている街道の
「中街道」との交点としてみました。

R0024297.JPG

案内看板などはまったくないですが
道筋を見ると紛れもない追分。

軽トラがとてもいい味を出していました。

  
posted by にゃおすけ at 21:54 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の街道 | 更新情報をチェックする