2012年11月29日

甲州街道四十四次その8・下初狩宿→上野原宿

100キロを切った甲州街道歩きっ。

R0025026.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

早朝の静かな初狩の宿場町。

国道が通っているにも関わらず
昨日の夕方とは雰囲気が全然違いますー。

R0025036.JPG
工事現場の中を進む

R0025045.JPG

天気予報によると午後から雨だとか。

今回は往復夜行バス。最終日に降られるのは
荷物がビチャビチャになるので
これが結構キツイんですよね(^^;

R0025046.JPG

R0025058.JPG

なので、少しでも早くということで
予定より早めのスタートにしました。

花咲宿を過ぎると大月宿へ。

R0025067.JPG

R0025070.JPG

振り返ると笹子の山々が遠ざかっていくのがわかります。
でも、前方を見るとこれまた山、山、山。

ゴールの上野原にはこの山を越えなければならず。
今回は意外とハードな行程でもありました。

R0025082.JPG

大月宿入口の道標群。
ここは富士山へ行く街道との追分。

今はちょうどこの下に富士急行が走っています。
昔も今も、富士山への動脈なんですね。

R0025079.JPG

R0025090.JPG

大月宿は駅前の繁華街の道が街道筋。

横に大きな特徴的な山。
これは岩殿城の跡。

まだまだ
この辺りは武田関係の史跡が多いですね。

R0025101.JPG

R0025106.JPG

駒橋宿。

車道は上をバイパスで通っているおかげで
とっても静か。でもそのバイパスが出来る前って
ここが国道だったんですよねー。

R0025111.JPG

そう思うと少し前の街道歩きは
結構大変な区間が多かったのではと思ってしまいます。

R0025148.JPG

さぁ、いよいよ猿橋です。

三奇橋の1つですよね。
この橋を中心に宿場が広がっていたそうです。

R0025146.JPG

それにしても構造が凄いですね。
あと、高さも。

下を覗くと、おっかない。。。

R0025184.JPG

R0025187.JPG

次の鳥沢宿を過ぎるといよいよ山間部へ。

国道と鉄道は川沿いへの別ルートになります。
街道はというと中央高速沿いと同じルートで
3連休最後の日ということもあって
街道からは渋滞がよく見えました(^^;

R0025190.JPG

風が少しキツくなってきたと思ったら
パラパラと雨が降り出しました。

雨が降る直前って風で
なんとなーく降るのがわかります。

R0025202.JPG

勾配をどんどん登っていくとー。

甲州街道の石畳!!

R0025208.JPG

山道のような区間を通ったりも。

そして旧道の廃道のところでは
川を歩いて渡ったりした箇所もありました。

R0025222.JPG

詳しくは山行きデータをご覧頂くとして
こういう街道歩きはハードだけど歩きがいがあります。

R0025236.JPG

山間の犬目宿。そして野田尻宿。
時代に取り残されたような古いたたずまい。

R0025279.JPG

R0025287.JPG

けど、特に野田尻宿のすぐ横は
あの談合坂SAなんですよねー。

このギャップがまた面白いところ。

R0025290.JPG

R0025303.JPG

そういえば、ここまで
犬目、鳥沢、猿橋と宿場を歩いてきました。
この頭文字の動物って桃太郎ですよね。

桃太郎伝説なんかもあったりしてと
なかなか興味深い地名群です。

R0025347.JPG

R0025336.JPG

鶴川宿を過ぎ
やがてゴールの上野原宿。

山間部を歩いてきたので
上野原が大都会に見えました。

R0025358.JPG

R0025371.JPG



  
posted by にゃおすけ at 20:16 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 甲州道中四十四次 | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

甲州街道四十四次その7・石和温泉→下初狩宿(2)

連休2日目の笹子峠編です。

R0024873.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

駒飼宿を出ると
どんどん山深くなっていきます。

本来の旧道は川の左岸を通っていたそうですが
ほぼ消滅しているため仕方なく林道経由で
迂回するしかありません。

R0024875.JPG

でも、やっぱ本当に消滅しているか
気になりますよねー。

なので、行けるとこまでいってみましたよ。

R0024881.JPG

R0024884.JPG

一里塚の碑があったり
道端には昔の石積みの跡があったりー。

道も草道だけど歩きやすい。

なーんだ行けるじゃん。
と、思いきや、川は堰堤にぶち当たり
道はその影響で完全消滅している形に。

R0024886.JPG

これが大阪の近場だったら
無理してでも探索したのですがねぇ(^^;

R0024889.JPG

さて、仕切り直しです。

林道を進んでいくと
旧甲州街道の看板が出てきます。

R0024892.JPG

ここを右折して行くわけですが
なにやら甲州街道の○○年記念とかで
廃道になっていた区間を復活したそうです。

R0024908.JPG

R0024909.JPG

なんとも、ありがたい話ですよね。

おかげで道にも迷うことなく
登山道のような感じで峠まで進んでいけました。

R0024921.JPG

ここが笹子峠。

見晴らしはよくありません。

でも気持ちいいー。
標高は結構な高さで風が心地良いのなんのって。

R0024927.JPG

峠を過ぎると林道→登山道の形で進みます。

中にはこんな尾根道のようなところも(^^;

R0024937.JPG

矢立の杉。
幹回りがとてつもなくデカイ!

縄文杉とまではいかないものの
それに近い迫力がありましたー。

結構な樹齢のようで
昔の人もこれを見ながら歩いていたと思うと
実に感慨深いところですよね。

R0024939.JPG

矢立の杉を過ぎるとやがて林道と合流し
さらに草道に入っていくのですが・・・

その入口が実にわかりづらい。
そして迷いました。

R0024943.JPG
その入り口とはこののぼりの辺り

ちなみに江戸側から来る分には、
入口には案内板はあるんです。

西から歩くということは
こういうリスクが結構多いですね(^^;

R0024953.JPG

R0024957.JPG

無事、下界に下り立ち、
またまた国道沿いを歩いていきます。

ここで一服。

峠越えの前に用意しておいた
2Lの水はすっかりなくなっていました。

R0024952.JPG

秋の気配を感じる農村風景。
稲もかなり刈り取りが進んでいるようです。

黒野田宿と次の阿弥陀海道宿は
笹子駅前後にある宿場町。

この付近から
宿場と宿場の間隔が短くなっていきます。

R0024966.JPG

それにしても
同じ峠手前の宿場町でも
先ほど通ってきた駒飼宿と比べると
こちらは国道が宿場内を通ってるせいか
まったく雰囲気が違います。

R0024989.JPG

秋祭りの季節。
神社には大きなのぼりが。

こういう昔ながらの土地土地の祭りを見れるのも
街道歩きの楽しみの一つでもあります。

R0024993.JPG

R0025000.JPG

白野宿。

ふとバス停を見ると
「しゅく」ではなく「じく」と書いてました。

白野中宿だと
「しろのなかじく」ですね。
この先も「じく」と呼び方の場所があったので
この辺りの方言?なのかもしれませんね。

R0025006.JPG

歩道のない国道区間を抜け
やがて初狩宿へ。

朝は6時台から歩き始め
到着は17時近くになっていました。
実にハードな行程(^^;

R0025024.JPG

江戸日本橋まで残り100キロ!

  
posted by にゃおすけ at 21:29 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 甲州道中四十四次 | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

フルマラソン完走!街道ウォーカーの視点から

11/4に淀川市民マラソンに参加。
なんとか完走してきましたー。

いま、猛烈に足が痛いです。
どうやらランナー膝を軽く痛めたようで
しばらく足のケアの日々が続きそうです。

でも、不思議なことに
筋肉痛は一切ないんですよね。
あと、マメもひとつも出来ませんでした。

これはまさに日頃の街道歩きの成果!?

IMG_6541.JPG
良い天候に恵まれました

今回の大会では
一般市民の方が数多く参加されてました。

30kmすぎになると
もうほとんどの人が歩いている状態。
こういう30km超の距離は一般的にあまり歩かないので
距離に対する慣れがない人が多いのかもと感じました。

と、えらそうなことを言ってますが
僕も25kmあたりは歩いてました(^^;

でも、かなり余力は残っていたようで
歩きでもかなりのスピードで歩けました。
そう、普段の街道歩きのように。
この点、ウォークをやってる強みが出たのかも。

IMG_6543.JPG
スタート間際のランナーの熱気

今回、大会1週間前に
右ひざを痛めてしまっています。
練習もままなならず本番までの4日間は
ランでの練習は一切やめてました。
(前日に街道歩き20kmはやりましたが)

全画面キャプチャ 20121105 201715.jpg
その時の記録(詳しくはにゃおすけのジョグノートにて)

で、そのまま本番へ。
スタートして約20km。左ひざが痛くなってきました。
どうやら右ひざをかばうような走りになっていたせいか
左に負担がかかってしまっていたようです。

これが冒頭に書いた
ランナー膝の負傷になります。
走りだすと痛み、歩いても苦痛を伴いました。

ところが30km過ぎたあたりから
不思議と痛みは薄れ走れる状態に。

ペース1km5分で快走!(ごぼう抜き!)
どこにそんな余力が残っていたのか。
ゴール直前はペース1km4分にもなってました。

全画面キャプチャ 20121105 202048.jpg
後半のラップタイム(詳しい記録はにゃおすけのRunkeeperにて)

200人から300人は追い越したでしょう。
この爽快感はクセになりそうです(^_^)

ゲストで高橋尚子さんがいらしてました。
道中でのハイタッチは最高ですねー。
機会があればまた参加したいと思います。

------------------------
★当日の流れ

06:00 起床
06:10 野菜ジュース、おにぎり1個、納豆
↑少なかったようで途中でお腹が空きました。
06:30 トイレ
06:45 家を出発
07:15 乗り換え駅でトイレ
↑最寄駅では混雑するので早めに
07:50 守口マックスバリューでトイレ
↑会場では混雑するので早めに
08:00 会場入り
08:20 右ひさにテーピングをしてもらう(500円)
08:30 ビタミン系のジェルを食用
08:45 着替え、荷物を置く
09:10 トイレ
↑並んだ時間は5分程度。
09:10 散歩がてら会場内散策
09:20 最後の給水
09:25 スタート地点へ
09:40 スタート!

05km地点 Qちゃんと併走する
15km地点 左ひざに違和感を覚える
21km地点 Qちゃんとハイタッチ・トイレ(待ちなし)
25km地点 歩く回数が多くなる
35km地点 走り完全復活・ごぼう抜き。
40km地点 ラストスパート・ゴール!

16:00 帰路

------------------------
★本番までのトレ

09月中旬 夜にジョギング開始(ほぼ毎日4km〜10km)
09月中旬 甲州街道歩き 30km×3日分
09月下旬 帰宅ラン開始(週に1回12km)
10月上旬 甲州街道歩き 30km×2日分
10月中旬 高安山を1日に3回登り下り
10月中旬 伊勢表街道歩き+ラン 25km+5km
10月下旬 伊勢参宮街道松阪→伊勢神宮ラン 26km
10月下旬 歩行力検定 50km
10月下旬 生駒山縦走 40km
本番前日 奈良中街道歩き 20km


ランは本番4日前にやめています。
膝が痛いこともあったのですが思い切って休足にあてました。
そのおかげか膝に違和感が残るものの筋肉の疲れはない状態。
前日の20km歩きは良いウォーミングアップになりました。

  
posted by にゃおすけ at 20:35 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン | 更新情報をチェックする