2012年12月27日

甲州街道四十四次その9・上野原宿→横山宿(八王子)

さぁ、最後の難所の小仏峠。

R0025679.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

上野原宿のスタート地点は雨。
しかも結構な降りで肌寒い。。。

R0025694.JPG

R0025695.JPG

でも、雨も考えようによってはいいものです。
旧道に咲く彼岸花の赤がとても綺麗に映えてました。

R0025702.JPG

相模湖が見えます。

この辺りは谷と山の間の狭い所を進むので
開発によって旧道が消滅してる所が多いのです。

R0025714.JPG

神奈川県に突入ー。
県内では”甲州古道”の看板をよく目にします。

古道というと、
江戸時代以前の道の印象が強いのですが
この辺りでは江戸時代の甲州街道を指すようですね。

R0025713.JPG

こういった道標は
街道復活プロジェクトの企画で作られたようで、
他に廃道になっていた旧道までも復活させたりと
ただただ感心させられます。

ちなみに復活させたといわれる旧道がこちら。

R0025792.JPG

R0025790.JPG

ずいぶん、時間が経っているからか
藪だらけの道になっていて往生しました(^^;

やはり山の中の道の維持は難しそうです。

R0025729.JPG

関野宿を過ぎ吉野宿に向かいます。

ちなみに両宿場の間に藤野駅がありますが
当初は両宿それぞれに駅が欲しかったようです。

でも、それでは駅の間が短すぎるということで
中間の藤野あたりに駅が出来たとのこと。

電車の時代の今なら特に問題ないのでしょうけど
まさにSL時代のエピソード。面白いですよね。

R0025728.JPG

あ、山の中にラブレター。
藤野は芸術家が多く住んでると聞きます。

R0025738.JPG

吉野宿の手前には
猿橋と同じような仕組みの橋の
”小猿橋”がかかっていたようです。

R0025741.JPG

ちょっとした名所だったようですが
今は遺構は相模湖の中。

R0025746.JPG

ただ、吉野宿の資料館の人に聞くと
渇水期で見えることがあるのだとか。

こういう話を聞くと
萌えるものがありますね(笑)

ちなみに資料館には
湖底の古写真が豊富にありました。

R0025756.JPG

その先には与瀬宿があります。

ピンとこない人が多いと思いますが
ここの最寄駅は相模湖駅。

鉄道ではあと一駅で高尾なのです。

R0025806.JPG

ポツリポツリ降っていた
雨もようやくおさまってきました。

峠の手前の宿場町が”小原宿”
ここには今も本陣が建っていて見学ができ、
甲州街道にはここ以外にも本陣は2ヶ所残っています。

R0025823.JPG

いよいよラスボスの登場です。

でも、意外と歩きやすい登り道。
勾配はなだらかで峠まで進んでいきます。

R0025830.JPG

R0025849.JPG

掘割のような道を切り開いた跡が今も残ります。
そして石畳があったような石ころまじりの道。

ここはまさに街道。
峠には小仏のいわれの小さな仏様がおられました、

R0025866.JPG

R0025868.JPG

峠を越えると後は下り道。
山から降りた先には小仏宿。そして駒木野宿。

ここは東京都。
そうとは思えない光景が広がっていました。

R0025903.JPG

R0025931.JPG

金木犀の香りが漂う道中。
たんたんと旧道を下っていきます。

R0025945.JPG

国道20号と合流すると高尾駅。
ここの付近のイチョウ並木は実に立派ですね。

R0025952.JPG

日も短くなり影が長くなっていきます。

都会の中でも旧道は静かな風情が楽しめました。
勢いよく流れる水路の水。まだまだ下り坂を続いているようです。

R0025967.JPG

R0025984.JPG

やがて大きなビル群の中になると八王子。
八王子の横山宿が本日のゴールとなりました。


  
posted by にゃおすけ at 22:41 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 甲州道中四十四次 | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

幸せのクルスの海!&絶景の宮崎海岸

熊本から高千穂まで巡ってきましたが
こんどは宮崎県を縦断していきます。

IMG_3397.JPG

延岡は旭化成の創業の地。

延岡城の天守台から町を眺めてみると
大きな煙突が目につきます。

IMG_3411.JPG

延岡城の凄いところ。

この石垣!!

どうでしょ!?
ここまで高さのある
立派な石垣はそうそうないですよね。

IMG_3419.JPG

IMG_3444.JPG

次に向かったのはクルスの海。

石の造形で十字架のようになっています。

幸せスポットのようで
カップルが結構訪れるのだとか。

IMG_3447.JPG

この周辺の岩はとても印象的です。

日向岬の”馬の背”
海に吸い込まれてしまうような感覚に襲われます。

実にダイナミック!!

IMG_3413.JPG

IMG_3439.JPG

こういう景色系の名所は
24時間開放している所が多いので
出来るだけ朝早く行くようにしています。

眠いけど・・・
誰もいない名所は気持ちいいー♪

IMG_3450.JPG

次は美々津に向かっています。

港町の重伝地区。
古い家が何軒か残っていました。

IMG_3496.JPG

港には大きなモニュメント。

実は神武天皇がここから船立ちしたそうで
日本海軍の発祥地になっていました。

終戦後に破壊されてしまったのですが
今はこうして元通り。

IMG_3478.JPG

IMG_3495.JPG

それにしても静かー。

大阪への廻船の中継地ということで
それで賑わっていたそうです。

町の中心部は豊後街道が通ってました。

IMG_3475.JPG

美々津を後にして
宮崎市内の「おぐら」でチキン南蛮。

そして、サンメッセ日南へ。

そそ、この直前にある道の駅は
なかなか絶景が楽しめます。

IMG_3503.JPG

以前、来たときは曇りだったのですが
やっぱこういう所は天気が良いといいですね。

日向夏ソフトを食べて一服。
気温は22度。もう暑いぐらいでした。

IMG_3514.JPG

サンメッセ日南はモアイがあります。

あのイースター島のやつですが
複製ではあるものの結構凄いですね。

景色もいいし。

IMG_3529.JPG

その後は青島に寄り
宮崎空港から大阪へ戻りました。

IMG_3568.JPG

IMG_3546.JPG

さいごにまとめ。

今回3連休前の土日に
金曜を加えた3日間で行ったのですが
やっぱ空いていていいです。

渋滞もなく観光地は人がまばら。

連休前後はオススメです(^^)





  
posted by にゃおすけ at 20:11 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 九州ボラボラ | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

高千穂を効率よく回ってみた!

神話の話を知っていると
より楽しく回れるのが高千穂です。

IMG_3351.JPG

神社はよくめぐってますが
実のところ神話はあまり知りません(^^:

そんな人にオススメなのが

観光夜神楽

まずこれをどうぞ。

IMG_3380.JPG

前日泊しないといけませんが
高千穂神社でほぼ毎晩20時よりの1時間。
神楽を3本。クライマックスのみやってくれます。

CIMG7611.JPG
↑パンフレットの写真を拝借(^^;

これがなかなか面白い!

値段は500円。人気があるので
19:30には会場に着いておきましょう

IMG_3211.JPG

この日は昼まで雨でした。

高千穂峡を一番に最初に行く予定でしたが
雨の中を歩くのは大変ということで
後回しにしてみました。

この機転が後ほど良い方向に変わります。

先に天岩戸神社・天安河原へ向かいました。

IMG_3217.JPG

神社は中心部から離れているので
レンタカーで移動しています。

レンタサイクルで移動している人もいましたが
ちょっと効率的ではないですね。
体一杯にパワーを感じるなら別ですが(^^;

天岩戸はアマテラスがお隠れになった場所。
その場所自体は神域で見学することができません。

でも、付近を見ることは出来ます。
社務所で見学したいと言えばOK。

IMG_3241.JPG

IMG_3255.JPG
神社の少し離れたところの”天安河原”

遠くから眺めるだけですが
宮司さんが無料で案内してくれます。
この日は朝早かったからか(9:00ごろ)
貸切のような感じで案内していただけました。

その後、まだ雨が降り続き

・天の真名井(綺麗な湧き水)
・歴史資料館(町の歴史を知れる)
・昼食(道の駅にて)


と、回っているうち晴れてきました。

ここまで雨でも特に問題のない場所ばかり。
ここから先は天候に左右される場所です。

次は国見が丘へ向かっています。

IMG_3280.JPG

高千穂の町並みを一望。

神話の時代、
国をここから眺めた所なのだそうです。

IMG_3287-001.JPG

神様モニュメントがでかい(笑)

ちょうど11月の早朝は
雲海がよく出ることでも有名です。

IMG_3342.JPG

さぁ、次は高千穂峡です。

峡谷のメインのところから
少し離れた駐車場に車を止めます。

ここから約1km
遊歩道が続いているのですが
紅葉も綺麗でいい感じの絶景が広がってました。

IMG_3367.JPG

100名滝のひとつ「真名井の滝」

旅行パンフレットにあるような光景。
雨が降った後なので空気も新鮮でした。

IMG_3358.JPG

高千穂峡の名物といえば「ボート」

30分2000円の手漕ぎのものです。
滝を下から眺めることが出来るのですが
超人気で混雑時は3〜5時間待ちもあるとか。

IMG_3369.JPG

ちなみに、この日は
雨のためか午前中は運行中止だったそうです。
(高千穂峡を後にしておいて良かった!)

そのお陰で歩いている人も少なく
10分ほど待っただけで乗ることができました。

それにしても凄い眺めです。
これは価値があります。

IMG_3331.JPG

前日に大雨が降ったとかで
水量が増していると休業もあるとのことで
気候が安定している10月〜5月がベストかもですね。

5月の新緑の季節も綺麗だろうなー。

IMG_3387.JPG
くしふる神社の紅葉

高千穂の最後は

・高千穂神社(昼)
・くしふる神社
・高天原遥拝所


これら3箇所で締めてみました。
8:30から行動してこれで15:30。

1日あっても足らないぐらいのボリュームでした。





  
posted by にゃおすけ at 20:14 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 九州ボラボラ | 更新情報をチェックする