2013年02月28日

下高野街道・四天王寺→狭山

数ある高野山への街道の中でも
今回は下高野街道と呼ばれている街道です。

大阪の中心部”四天王寺”をスタートします。

IMG_1080.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

境内には大きな道標がありました。
奈良や伊勢など遠方の地名が刻まれていて
かつてここは一大ジャンクションだったのでしょう。

IMG_1075.JPG

IMG_1093.JPG

阿倍野の日本一高いビルを見ながら
ビルとビルの間を進んでいきます。

でも、街道筋は静かなんですよね。
こういう下町風情はいいものです。

IMG_1097.JPG

IMG_1088.JPG

立派な道標。
この付近は別名"庚申街道”とも呼ばれています。

地域にある
古い庚申さんがいわれなのだそうです。

IMG_1109.JPG

大阪市街地の下高野街道のルートは
開発や戦災の影響からか消滅箇所が多く、
資料によって別ルートもあったります。

なので、歩く時は結構悩まれてますね(^^;

IMG_1115.JPG

桃ケ池公園。
街道は池の周りを半周する形で進みます。

歩いたのは2/11。
旧正月の影響なのでしょうか
あちこちで餅つきの光景が見られました。

通りすがりの僕もぜんざいを賞味。
小腹にはもってこいです。

IMG_7213.JPG

IMG_1120.JPG

大阪市内との境界にある大和川。

そこに架かる橋が”下高野橋”
今も残る街道の名前はいいものですね。

IMG_1136.JPG

IMG_1137.JPG

ちなみにこの付近の大和川は
江戸初期は存在しませんでした。
いわゆる人工的に作られた川になります。

IMG_1141.JPG

IMG_1159.JPG

街道は西除川沿いを進みますが、
この川も南から北へ向かっていたのが分断され
川の流れが変わっちゃっているんですよね。

1つの川を人工的に作ることは
さぞ大変だったことだろうと思います。

IMG_1168.JPG

徐々に田園風景が広がり、
道の雰囲気も街道らしくなってきました。

ここは河内松原付近。

堺からくる長尾街道や竹内街道といった
有名な主要街道と交差していきます。

IMG_1178.JPG

IMG_1166.JPG

ため池が多くなってくるのも
大阪南部の特徴です。

寒いのに魚釣りされてる人が多いこと。
街道沿いには素朴な味わいがありますね。

IMG_1186.JPG

IMG_1193.JPG

北野田界隈に入ってきました。
この辺りから道に勾配がついてきます。

IMG_1211.JPG

ゴール手前の狭山池。

この池は実は日本で一番古いダム。
1400年も歴史があって半端ないですよね。

行基の時代に作られたのだそうです。

そそ、先ほど記事に出てきた
”西除川”はここを源にしています。

IMG_1213.JPG

IMG_1214.JPG

中高野街道との交点が今回のゴール。

狭山は江戸時代狭山藩があって
その藩主は後北条氏。

小田原の戦いで滅亡したと思いきや
ここを治めていたんですね。



  
posted by にゃおすけ at 20:46 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 高野山への街道 | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

伊勢別街道・津→関宿

京都から伊勢へ行く最短ルート。
江戸時代は多くの人が利用したそうです。

R0021374.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

今回は江戸橋から関宿に向けて歩きました。

道中の家の軒先に巣を作ったツバメたちが
元気に飛び回る姿があちこちに。子供もかわいい!

梅雨は蒸し蒸しするけれど
こういう楽しみがあっていいですね。

R0021412.JPG

R0021401.JPG

都会ではあまり見なくなったものでも
街道沿いは今もよく見かけることができます。

今回のツバメにしろ古い看板にしろ、
あと、田植えのシーンとか。

懐かしさでいっぱいになります。

R0021423.JPG

寺内町である
「一身田」に寄り道してみました。

R0021425.JPG

高田本山専修寺。
環濠が今も残り良い町並みが広がります。

R0021445.JPG

R0021442.JPG

町の中には街道筋ではないのですが
街道へ戻るための立派な道標があったりと
当時の人もこの町に寄り道したのでしょうね。

R0021441.JPG

一身田の駅を抜けると
大きな常夜灯がドーンと現れます。

R0021474.JPG

家の3階分はあるような大きさ。
書いてる字を見ると「江州」の文字。

江州は今の滋賀県になるのですが
当時の近江商人の凄さが伺えますよね。

R0021476.JPG

R0021485.JPG

窪田宿の家並み。
本陣は明治天皇もこられたとか。

宿内は県道が真ん中を通って
往時の雰囲気はあまり感じれないのですが
本陣がこうして残ってるのは嬉しい限りです。

R0021487.JPG

じょじょに緩やかな坂になっていきます。

遠くには鈴鹿の山々。道にはアジサイ。
梅雨の晴れ間は空気も澄んで最高です。

R0021512.JPG

椋本宿。

大きな椋の木がこの宿のいわれ。

R0021574.JPG

R0021559.JPG

枡形の角に建つ旅籠の”角屋”

伊勢講の看板がずらりと並ぶ店先。
往時の賑わいがなんとなく想像できそうです。

R0021560.JPG

R0021570.JPG

車が通る県道から離れているおかげで
宿内はとても静かな空間が広がっていました。

R0021592.JPG

江戸時代に作られた
人工池に沿う形で街道は進みます。

蔵の壁も板張り。
伊勢に多い光景ですよね。

R0021606.JPG

R0021618.JPG

昔、この辺りを走っていた
安濃鉄道の駅の跡がありました。

この近くに常夜灯を兼ねた道標が。
いや、道標を兼ねた常夜灯なのかも。

R0021626.JPG

その先には元は役場だった立派な建物が。

近年までは資料館だったそうですが
これから先どうするんでしょうか。
なんとか活用してもらいたいところですが。

R0021635.JPG

R0021646.JPG

川を渡ると楠原宿。

古い家が立ち並んでいて
宿内は微妙に坂になっていました。

R0021673.JPG

R0021668.JPG

雰囲気は東海道の坂下宿や
中山道の落谷宿のような感じに似てますね。

いかにも峠を目の前にした
宿場町といった感じです。

R0021679.JPG

R0021691.JPG

名阪国道の下をくぐっていきます。

ここの交差点がめちゃ怖かった(^^;
信号も横断歩道もなし・・・。

もっとも
この辺りを歩いてる人は少ないのかな?
地元の人は車社会の印象を受けます。

R0021700.JPG

R0021702.JPG

橋を渡りゴールの関宿。

伊勢神宮の一の鳥居が立ってました。
遷宮の時に伊勢の宇治橋から持ってくる
本物とのことです。いいね!鳥居。

R0021710.JPG

R0021717.JPG

ゴールした時間は夕方。
観光客はもうほとんどいない状態で
ひっそりした宿場の風情を楽しめました。

  
  
posted by にゃおすけ at 22:50 | 大阪 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 伊勢への街道 | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

初めての韓国で印象深かったもの。

隣国であって
いつか行ってみたいと思っていた韓国。

IMG_0571.JPG

町中はハングル文字が溢れてるイメージがあって
旅としては敷居が高いかな?と思ってたのですが

意外や意外。スムーズな旅でした。

ソウル市街には英語や日本語表示もあり
お店では台湾以上に日本語が通じた気がします。

IMG_0427.JPG

ただ、旅をした年始は超寒かった!
マイナス15度から最高気温でもマイナス5度。

ずっと冷蔵庫の中にいる気分(^^;

冬は北海道並みを覚悟しないといけません。

その分、観光客も少ないようで
ゆったり回るにはこの時期がいいのかもですね。

IMG_0618.JPG

IMG_0627.JPG

今回の旅の行程は

1日目 市内観光(フリー)
2日目 KTXで行く慶州日帰りツアー
3日目 板門店ツアー
4日目 市内観光(フリー)、帰国

こんな感じで組んでみました。
ホテルは繁華街のミョンドン近く。

ソウル市街地は地下鉄移動が便利ということで
日本のSuicaのような”Tマネーカード”を購入しました。

IMG_0424.JPG

板門店ツアーは以前書いた記事を見て頂くとして
2日目のKTX日帰り慶州ツアーについて。

慶州は日本の奈良のような古都。
歴史好きにはたまらない場所ですね。

IMG_0418.JPG

KTXは基本的に座席指定されています。

車両の真ん中で座席が向き合う形の固定座席。

僕は幸い進行方向向きに座れたのですが
窓を見ると・・・そこには窓枠がどーん(笑)

日本の新幹線ならそんなことないんですが
窓枠が座席に対して合ってないんですね(^^;

ちなみに後ろ向きに座る場合は5%割引になるそうです。

IMG_0439.JPG

仏国寺。

有名なお寺です。
漢字で書かれているので親しみが沸きますよね。

IMG_0470.JPG

IMG_0483.JPG

上のこんもりした山はなんだと思います?

実はこれ古墳なんです。
市内のあちこちにこういう古墳がありました。

IMG_0499.JPG

古い道。

街道ウォーカーなので
こういう都市と都市を結ぶ古道は
どこへ行っても気になっちゃいます(^^;

IMG_0583.JPG

ソウルに戻りましょう。

この景福宮は
大統領宮殿(青瓦台)の手前に位置する古宮です。

以前、入口の光化門あたりには
朝鮮総督府の庁舎がありました。

IMG_0604.JPG

IMG_0598.JPG

日本統治時代の遺構は
朝鮮戦争の影響などでほとんどないのですが

今も現存する1つにソウル市庁の建物。

IMG_0399.JPG

真冬はこの市庁の前の広場で
スケートリンクが造成され賑わいます。

マイナス10℃ぐらいなのに
みんな元気なこと!

1時間1000ウォン。貸し靴込み。
これって日本円で100円です。安い。

IMG_0651.JPG

ソウル歴史博物館では
日本統治時代の話を含むソウルの町の歴史が
凝縮された展示内容になっていました。

ここも日本語バッチリ。

受付では
日本語の案内レシーバーを借りることができます。

IMG_0643.JPG

IMG_0654.JPG
韓国版ナナちゃん?

IMG_0673.JPG

最後に北村を紹介しましょう。

古い民家が立ち並ぶ町並みです。
坂があるのでとても風情があっていいですね。

IMG_0682.JPG

IMG_0700.JPG

そういえば学生時代に
短波ラジオで受信報告書集めをしてました。
いわゆる”ベリカード”という代物。

もうかなり前ですが
韓国や北のラジオを聞いて報告書を送ると
いろんなものがもらえるのです。

本やアクセサリー、お手紙など。
北のは政治的なものが多かったですが(^^;

IMG_0658.JPG

その時、聞いていた町の情景を思い出しつつ
今回、旅をすることができました。

隣国だけあって
日本と似てる所があったりして面白いですね。
また遊びに行こうと思います。

IMG_0659.JPG

そそ、食では”サムゲタン”にはまりました。
鳥一匹丸ごと入ったスープです。

IMG_0409.JPG

ダシがきいてホント旨い!
日本でも食べれるお店がありますね。

しばらくハマりそうな予感がします(^_^)

以下、今回食べたお勧めグルメおば。

IMG_0417.JPG
ミョンドン餃子

IMG_0509.JPG
タッハンマリ

IMG_0566.JPG
全州ビビンバ


  



  
  
posted by にゃおすけ at 18:08 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ボラボラ | 更新情報をチェックする