2013年03月28日

伊勢本街道その3・山粕→上多気

伊勢本街道をクリアしようと計画した時、
1番の悩みどころは今回の区間でした。

R0026621.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

なにせ峠越えが5ヶ所!
しかも山奥で交通が不便。

天気が雨だったらどうしようとか
いろいろ不安がありました(^^;

R0026640.JPG

まず最初の難所が鞍取峠。

綺麗に植林された杉がいい感じです。
つづら折りで登っていく峠道。

風情満点!

R0026652.JPG

R0026663.JPG

山奥の季節はかなり進んでいるようで
道中の紅葉がとても綺麗でした。

感覚的に大阪より半月ほど早い・・・かな?
こうも寒くなると手袋が欲しいですねぇ。

R0026734.JPG

IMG_6558.JPG

御杖村に入ります。
街道沿いの家々には行燈などが飾ってあります。

驚くことにこの光景は
県境を過ぎて多気宿まで続いていました。
街道沿いの人々の一体感がなんともいいですね。

夜は明りが点って
また違う素敵な表情を見せてくれそうです。

R0026698.JPG

R0026700.JPG

大きな常夜灯に道標。

さすがは伊勢街道。
かつての動脈の証しが今も残ります。

R0026711.JPG

R0026714.JPG

R0026719.JPG

のどかな光景が続くなか
紫陽花が咲いてるのを見かけました。

IMG_6560.JPG

もう11月も中旬です。
これにはちょっとびっくりです。

それだけこの街道は
高地を通っているということなのでしょう。

R0026736-001.JPG

R0026760.JPG

R0026748.JPG

いよいよ三重県に突入です。

伊勢への他の街道は伊賀の国を挟むのですが
伊勢本街道は大和の国から直接伊勢の国に入ります。

R0026763.JPG

R0026781.JPG

その県境付近は
石畳崩れの旧道が残っていました。

苔むしってる光景。
なんとも癒されますー。

R0026794.JPG

R0026815.JPG

三重県に入ると
周りの景色に変化が現れてきます。

1つに家々の形。
おかげ横丁にあるような伊勢ならでは家の造り。
そして、家の入口に1年中飾ってある”しめ縄”

R0026817.JPG

R0026825.JPG

神社の形も
春日造りから伊勢神宮の造りへと
じょじょに変化していくのがわかります。

こういう発見は
スピードが遅い歩き旅ならではですよね。

R0026834.JPG
奥津の古い町並み

R0026830.JPG

石名原宿、奥津宿と過ぎると
最後の難所の飼坂峠。

一気に500m上がる狭い峠道です。

R0026868.JPG

R0026869.JPG

夕刻で薄暗くなり
かつては山賊が結構出たというので
心なしか不安な気持ちになります。

ケモノの音も結構するし・・・
あ、野生の鹿には何頭か出会えました。

R0026893.JPG

R0026903.JPG

峠を過ぎると多気宿。

雰囲気良い町並み。
今回は町家を改造した宿で一泊しました。

  
  
posted by にゃおすけ at 19:33 | 大阪 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 伊勢本街道 | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

伊勢本街道その2・榛原→山粕

伊勢本街道、いよいよ山の中へ。

R0021733.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

IMG_5295.JPG

榛原の近鉄ガード下には
進駐軍時代の古い道路標識がありました。

まだこんなのが残っていたなんて。
街道歩きをしてるとほんと驚きの連続です。

R0021743.JPG

朱色の柱が特長的な墨坂神社。
しばらく国道の川沿いを進んでいきます。

R0021781.JPG

R0021761.JPG

ふと川を見てみると
川の流れは東向きなんですよね。
実はこの辺りの川は淀川水系。
奈良県といえば大和川水系が多いので
ちょっと意外でした(地図で確認すると面白い!)

R0021802.JPG

R0021805.JPG

国道と別れ、川を渡ると高井の集落。
雰囲気ある町並みが続きます。

この集落の中にある追分を左へ曲がると
いよいよ山深くなっていきます。

R0021817.JPG

R0021825.JPG

急勾配が始まりました。
両側には杉や竹の木が広がります。
最初は舗装路だった道も次第に土道へ。

大和造りの家があちこちに点在する
山の中の山村の風情が広がります。

R0021844.JPG

R0021832.JPG

こちらは千年杉。

縄文杉並みのデカさはあります。
上に向かって生える枝は独特ですよね。

R0021833.JPG

R0021883.JPG

諸木野は
石割峠を前にした大きめの集落。

過疎化で使わなくなった
田んぼが多くなってきてはいますが、
日本のこういう景色はいいものですよね。

R0021866.JPG

そういえば諸木野の手前に
関所の跡がありました。

当時、簡易的な関所が何ヶ所かあったようで
旅の途中では通行税で旅費がかさんだそうです。

R0021892.JPG

R0021908.JPG

こちらが最初の難所。石割峠。
眺望は・・・まったくなし(^^;

峠付近には古い石積みが多く残っていました。
おそらく茶屋などがあったと思われますが
今もこうして遺構があるというのは嬉しいものです。
昔ここは大勢が通った証しでもありますし。

R0021913.JPG

R0021926.JPG

山道の中に道標があり
それを下っていくと再び舗装路にへ。

やがて専明寺のある集落へ。
地名は田口元上田口。
ちょっと変わった名前ですよね。

R0021943.JPG

R0021952.JPG

この辺り、宿場のような様相もあって
昔は旅籠が何軒か存在したようです。

R0021972.JPG

標高の高いところをたんたんと進みます。
車は滅多に通らないのどかな光景。

まもなく山粕峠へ入っていきます。

R0021974-001.JPG

R0022032.JPG

途中に川渡りもあったりー、
なかなかの悪路です。

でも、車の音が聞こえると
峠区間も終わり国道と合流します。

R0022039.JPG

R0022040.JPG

本日のゴール。山粕宿。

大きな屋根を持つ家が多い集落は
なんとも雰囲気がいいですねー。
静かな山村のたたずまいでした。

  
posted by にゃおすけ at 19:04 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊勢本街道 | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

伊勢本街道その1・奈良公園→榛原

さぁ、伊勢本街道。
奈良盆地を抜け山間の榛原へ。

R0019316.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

朝の奈良公園はとても静かー。
5月の連休中なのがまるでウソのようです。

R0019313.JPG

猿沢の池を半周して針路を南へ。
人気の”奈良町”の中を進んで行きます。

R0019333.JPG

R0019336.JPG

ここからしばらくは別名「上街道」の区間。
古代の上ツ道になります。

奈良〜天理〜三輪の区間は
平行して山辺の道も存在しています。

古い寺社が連なる街道ですが
伊勢へ直行する人にとっては
整備された上ツ道がメインだったのでしょう。

R0019337.JPG

京終駅近く。
文字通り平城京の終わりの場所。

奈良町から続いていた
古い家の雰囲気良い町並みも
ここから先は田園風景が増えてきます。

R0019362.JPG

帯解寺。
安産を祈願する人が
朝早くからいっぱい訪れていました。

関西で有名な安産のお寺です。

R0019368.JPG

R0019373.JPG

集落を縫いながらの街道風情。
ゆっくりと時間が流れているようです。

R0019390.JPG

天理市内に近づくと
「大阪府奈良警察分署跡」がありました。

廃藩置県の名残になるのでしょうけども
奈良県に大阪の文字は新鮮ですねぇ。

R0019403.JPG

R0019389.JPG

天理市街の手前に立派な道標。
西名阪自動車道の高架手前にあったもの。

右側面の”たつた”の文字。
当時、奈良の西部での大都市だった
竜田地域へのショートカット道になります。

R0019413.JPG

天理市街に近づくにつれ増えてくる
天理教の宗教施設。

独特な風情がありますねー。

R0019414.JPG

天理はもともと「丹波市町」

”市”と名前についていたことからも
古くからの市場で有名なところでした。

そして宿場町でもありました。

R0019421.JPG

往時の「市」の跡が今もよく残っています。

細い街道を歩いていくと
急に開ける場所があります。

大きな屋根に水路に
なんとも素晴らしいものです。

R0019422.JPG

旧道ばかりが続く「上街道」。

交通量も少なく快適です。
天理を過ぎると一層、家もまばらに。

R0019434.JPG

新緑のパッチワークが美しい

西の方角を見ると生駒、金剛、二上山
東には三輪さん。

まさに奈良盆地の真ん中。
山に囲まれています。

R0019435.JPG

R0019445.JPG

大きい前方後円墳をぐるりと。
三輪に近づくにつれ古墳も増えてきました。

R0019453.JPG

大神神社の大鳥居の近くを過ぎると
まもなく三輪。古い情緒のある町並みが広がります。

R0019461.JPG

R0019465.JPG

いせ、はつせ
大峰と書いてある立派な道標。

”最中”で有名な「みむろ」
本店と思わしき店構えが街道沿いにありました。

R0019471.JPG

R0019464.JPG

やがて堺からの横大路との追分。
(以前歩いた横大路の記事は→ こちら

R0019479.JPG

R0019487.JPG

そして長谷寺の門前町。

有名なお寺で実に立派な町並みです。
古い宿が多いもの特徴ですね。

R0019510.JPG

この時期(5月)は、
牡丹がちょうど見頃で凄い人でした。

R0019517.JPG

長谷寺の門前町にある”伊勢の辻”で右に折れ
街道は山の中へ。化粧坂です。

R0019525.JPG

かなり急です。

全国の街道にちらほらある名前の坂ですが
謂れはたぶん同じ意味なのでしょう。

汗をかいて化粧が落ちるほど。とか、
坂の終わった時に化粧を直すとか。
きっと、そんな感じ(^^;

R0019534.JPG

山道の区間があり
国道の上を歩く区間があり
やがて榛原の町の中に入っていきます。

R0019551.JPG

R0019565.JPG

三輪の町並みと同様に
榛原の中も結構ウネウネしています。

写真のような階段なんてのもあったり。

R0019559.JPG

大きな古い家が多くなってきたら
やがてゴールの旅籠あぶらや付近。

R0019571.JPG

R0019573.JPG

ここは初瀬街道と伊勢本街道と分岐点。
次はいよいよ山の中に入っていきます。


    
posted by にゃおすけ at 20:59 | 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊勢本街道 | 更新情報をチェックする