2013年07月30日

はじめて登る人向けの富士登山の練習(大台ケ原&湖南アルプス)

まもなく4度目の富士登山を迎えます。

DSCN0780.JPG

1度目は中学2年生のとき。
まだ登山も何もやったことのない頃でした。
たしか靴はスニーカーだったかな。
今思えばよく登ったものです。

2度目、3度目はここ10年以内のことなので
登山靴で挑んでいます。装備もバッチリ。

DSCN0806.JPG

4度目となる今回は
一生に一度は登ってみたいという
初心者の方を3人連れていくことになりました。

なので前もって練習をということで
本番の2ヶ月前に滋賀県の湖南アルプス。
そして1ヶ月前に大台ケ原へ行きました。

装備を買い揃えて足などを慣らすとなると
だいたいこれぐらいの余裕が必要かな・・・?

IMG_8772.JPG

湖南アルプスは
滋賀県の草津市付近にあります。

岩場がゴツゴツして奇岩がたっぷり。
適度に急斜面もあり人も多くなく気軽に歩けます。

IMG_8687.JPG

登山をあまりしたことのない人に
練習にどんな山に連れていこうか悩むのですが

・登っていて飽きがこない山
・山の良さがわかるような山


この2点かなと思います。

いきなり富士登山の練習だからといって
ハードな山に行くと挫折する恐れがありますからね(^^;

IMG_8759.JPG

IMG_8783.JPG

その点、湖南アルプスは
普段の山にないような景色が見れ、
滝や琵琶湖の眺望など面白みが溢れています。

しかも大阪市内からたったの1時間!!
気軽に行けるってのもいいですね。

湖南アルプスの山行き記録はコチラ↓
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-312898.html

IMG_6653.JPG

次に向かった大台ケ原は
標高が1600mを越える高地です。

登山を始めてまもない人にとっては
空気の薄さや涼しさなど体感できる絶好の場所。

大阪からだと3時間の距離。
駐車場からすぐが登山道入口になっています。

IMG_6670.JPG

IMG_6737.JPG

アップダウンはそれほどないものの
絶景と野生動物など山の素晴らしさを体感できます。

こういう場所で空気の薄さを感じれれば
富士登山での心構えができるのではないでしょうか。

IMG_6800.JPG

IMG_6794.JPG

IMG_6775.JPG

たとえば、
ちょっと走ってみてこりゃ駄目だー。と感じれば
酸素ボンベを少し多めにしたりと対策もできますし。

大台ケ原の山行き記録はコチラ↓
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-324023.html

IMG_6897.JPG

湖南アルプスと大台ケ原。
どちらもそんなにハードではありません。

要は「装備があってるかあってないか」
練習する理由ってこの1点かなと思います。

ここで靴があってないなどがわかれば
本番までに対策すればいいわけです。

その点、気分的に余裕がもてる緩やかな山は
登りながら装備をチェックしながらいけるがいいですね。

では行ってきまーす。


 


  
posted by にゃおすけ at 21:40 | 大阪 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅の裏技 | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

伊勢表街道(初瀬街道)その3・白山町→松阪宿

いよいよ伊勢表街道(初瀬街道)ラストです。

R0026208.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

まずは前回のゴール地点である
津市白山郷土資料館へ向かいました。

R0026212.JPG

ここは街道資料が実に豊富ですね。

ちなみに資料館の名前にある「白山」は
以前のこの辺りの町の名前が「白山町」でした。
その後、大合併で津市に編入されたのだそうです。

R0026235.JPG

R0026261.JPG

その旧白山町にあった宿場のひとつが
次の「二本木宿」。最寄駅は大三駅になります。

R0026264.JPG

R0026258.JPG

古い家が多く残っていました。
中には「しめ縄」をしている家があるのですが
しめ縄の下には大抵「笑門」と書かれてるんですよね。

IMG_6281.JPG

伊勢では年中この様に飾っている風習がありますが
これでようやく伊勢に入ったことを実感させられます。

R0026223.JPG

振り返ると青山高原の風車群。

あれだけハードだった青山峠も
どんどん遠くなって行きます。

R0026283.JPG

R0026284.JPG

やがて雲出川の堤防上に出ました。
ここは桜の名所「亀ヶ広」です。

春は250本あまりの桜のトンネルなのですが
葉はすっかり落ちてしまっています。

こういう名所の発見も街道歩きの醍醐味で
また春に来てみたいと思わせてくれます。

注:歩いたのは2012年10月13日でした。

R0026291.JPG

R0026297.JPG

R0026304.JPG

一志駅のあたり。
ルートマップをご覧ください。

思いっきり
ぐるぐるしていますよね(^^;

R0026335.JPG

これは旧道が線路によって分断されていたので
踏切のある場所まで大きく迂回した結果なのです。

そこにまだ旧道が残ってる以上は行かないと!
と、いうのが”にゃおすけ流街道歩き”デス(^^;

R0026339.JPG

R0026352.JPG

八太駅付近では七曲がりがありました。

ここは元は宿場だったらしく
敵の侵入などを防ぐため設けられたもののようです。

R0026350.JPG

半分埋まってしまっている道標。
その文字を見ると「さんぐう道」

現代も使われている〇〇街道という名前は
明治期に便宜上付けられたものが多いのですが
今回の街道も「さんぐう道」や「はせ道」、
「いせ道」「あお越え」色々読み方がありました。

R0026362.JPG

R0026358.JPG

R0026375.JPG

秋の空が広がります。

嬉野町の旧役場付近は
少し高台になっていました。

道の見晴らしがとてもいい感じ。

R0026401.JPG

R0026408.JPG

中原神社を過ぎ
最後の難所の川渡り。

R0026423.JPG

江戸時代は
この川に3本の渡しがあったそうです。
ちなみに川の名前はその名の通り「三渡川」。

R0026422.JPG

R0026428.JPG

いよいよ伊勢参宮街道との追分。
六軒の道標でゴールを迎えました。

この後はマラソン練習も兼ねて
松阪宿までランで向かっています。


  
posted by にゃおすけ at 20:47 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊勢への街道 | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

伊勢表街道(初瀬街道)その2・桔梗が丘→青山峠→白山町

今回は最大の難所の青山峠。

R0025377.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

前回の続き名張の桔梗が丘をスタートです。
住宅地の中を進んでいきます。

R0025384.JPG

IMG_6130.JPG

ちなみにこの辺りのマンホールは
桔梗にウグイスの図柄。

桔梗が丘ということで
かつては桔梗の名所だったのかもしれませんね。

R0025412.JPG

R0025416.JPG

起伏のある道は峠が近いことを実感させられます。

旧道には古い家が点々と。
昔の面影がよく残っているのもいいですね。

R0025426.JPG

青山峠までに宿場が2ヶ所あります。
その1つが阿保宿。読み方は「あお」

R0025446.JPG

R0025449.JPG

近鉄沿線に住んでいる人には
お馴染みの青山町駅のすぐ近くです。

R0025461.JPG

そしてもう1つが伊勢地宿。

ここは峠を前にした宿場町ということで
街道で一番の規模があったのだそうです。

交通事情が変わり
今はひっそり静かな雰囲気が漂います。。

R0025480.JPG

宿場内にある大きな常夜灯。
古い丸いポスト。旧家などなど。
萌えどころが満載です。

R0025490.JPG

R0025496.JPG

峠手前の温度計は22℃。
つい1ヵ月前は36℃だったのに・・・。
夏が遠ざかっていくのも寂しいものですね。

でも、この辺りは
すっかり秋。彼岸花も咲き誇っていました。

注:歩いたのは2012年09月29日(土)でした。

R0025523.JPG

R0025540.JPG

青山峠の西側は舗装路であがっていくのですが
東側は原道が良い感じで残っていました。

道しるべのお地蔵さん。
実に立派なものです。

R0025507.JPG

さすがは夏が過ぎての秋口です。

今回は三重県発行の街道マップで歩いたのですが
マップ上では通行可能と案内してる場所でも
藪で生い茂ったところが多くありました。

あと、注意点は蛇やクモの巣ですね。
蛇の大群も見かけてしまいました(^^;

R0025574.JPG

青山峠の東側にもう1つ小さな峠があります。

車は峠の下をトンネルでくぐってるのですが
上には立派な切通しが残っていてくれました。

R0025570.JPG

今はすっかり倒木多数の場所ですが
ここを昔はたくさんの人が歩いていたと思うと
実に感慨深いところですねー。

R0025615.JPG

峠を降りた先にあるのが垣内宿。
こちらも静かな宿場町。

川のせせらぎに癒されます。

IMG_6149.JPG

各家々には宿場ののれんがありました。

そういえば、宿場の手前の橋には
古い石垣が多く見かけることができました。

R0025593.JPG

他の街道でもそうなのですが
山の中の街道の遺構って結構残ってるもので
それを見つけながら、目を凝らしながら歩くのは
これまた峠越えの醍醐味だなと思います。

R0025608.JPG

R0025626.JPG

垣内宿を過ぎると
のどかな田園風景が広がってきました。

今回のゴールは榊原温泉口駅。
次で伊勢参宮街道と合流します。
  
 
posted by にゃおすけ at 20:51 | 大阪 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 伊勢への街道 | 更新情報をチェックする