2014年05月30日

日光例幣使街道その3・静和駅→楡木宿

1年ぶりの日光例幣使街道歩き。
朝早くに静和駅を出立しました。

IMG_3744.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

IMG_3751.JPG

GWの例幣使街道といえば麦畑の光景が楽しめます。
今年もすくすく成長する姿を見ることができました。

IMG_3772.JPG

IMG_3765.JPG

今回最初の宿場町は富田宿です。
最寄駅は大平下駅。東武線の駅もあり2WAYアクセス。
便利な場所ですが静かな静かな町並みが広がっていました。

IMG_3779.JPG

IMG_3786.JPG

富田宿の外れにあった大きな常夜灯には
大平山と日光山と書かれてありました。

上部が欠落してしまっていますが
位置的にちょうど参拝道との追分にあるので
道しるべ的な意味合いもあったのかもしれませんね。

IMG_3797.JPG

IMG_3806.JPG

街道は川沿いを進みます。
かつて勝連城があったところが勝連交差点付近。

IMG_3814.JPG

IMG_3811-001.JPG

この辺りは大規模に街道ルートが付け替えられたようで
古地図と見比べると現ルートより南側を通っていたようです。

そこで現地のお年寄りに聞いてみると

にゃおすけ「ここって昔は道だったんですよね?」
お年寄り「そうそう、馬車が通って道の脇に木の柵があったんよ」
お年寄り「この先に大きな道標もあったけどなくなってしもうた」

こんな感じで嬉しそうに話してくださいました。
こういう生の情報は貴重ですよね。

IMG_3822.JPG

栃木宿が近づいてきました。
東武電車の真新しい高架橋が綺麗です。

宿場内はルートが少しややこしくなっていますが
道しるべが整備されていたのでスムーズに歩くことができました。

IMG_3830.JPG

IMG_3846.JPG

栃木宿といえば”蔵の町”です。
町中を歩くとあちこちに立派な蔵を見ることができます。
メインストリートには鯉のぼりが飾ってあったりと
GWならではの光景も楽しむことが出来ました。

IMG_3872.JPG

IMG_3866.JPG

巴波川の鯉のぼり達も凄かった!

栃木の町を訪れるのは今回で3度目ですが
歩いての訪問はどれも新鮮に見えていいものですね。

→以前の記事「レトロな栃木の町並み」
http://borabora.seesaa.net/article/21879684.html

IMG_3890.JPG

栃木宿の外れの街道筋は電線も撤去され
なかなか良い雰囲気がありました。
何やら重伝地区に指定されたばかりなのだとか。

IMG_3907.JPG

IMG_3924.JPG

途中にある味噌蔵で田楽を頂きました。
3本で500円。ちょっと高い??
いえいえ雰囲気込みだと安いほうかも。

IMG_3938.JPG

IMG_3941.JPG

栃木宿を抜けると延々と県道歩きが始まります。

次の宿場は”合戦場宿”
1523年の河原田合戦が由来するそうです。

近くにある升塚には
その時に亡くなった人々を葬ってありました。

IMG_3956.JPG

IMG_3946.JPG

郵便局には金の郵便ポスト。

これは目立ちますねー。
金を奉納する例幣使にちなんだそうですが
貴重な丸ポストなだけに勿体ない気がしますね(^^;

IMG_3944.JPG

IMG_3954.JPG

IMG_3980.JPG

金崎宿を過ぎると
沿道には十九夜信仰の石仏が増えてきました。

IMG_3988.JPG

IMG_4009.JPG

IMG_3974.JPG

やがて小山からの日光西街道(壬生道)と合流します。
追分には道標もあり追分の雰囲気がいい感じ。

IMG_4055.JPG

IMG_4056.JPG

中山道の倉賀野宿から続いた
日光例幣使街道は楡木宿でゴールになります。
ここから先は日光西街道として先を進めていきます。

IMG_4064.JPG


  

posted by にゃおすけ at 19:15 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日光への街道 | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

24時間以内100kmウォーク。完歩するには。

5/10と11で3度目の24時間100kmウォークを完歩できました。
しかも今回は1位でゴールさせてもらいました。

参加したのは大阪YH主催の一発チャレンジというもので、
平坦な区間が多い上に少人数での開催規模(150人程度)なので
難易度的には楽な部類に入るのでは思います。

以下、どうすれば完歩できるのかを中心に
装備やマメ対策など3回の経験を元にまとめていきます。

前回記事
→24時間以内100kmウォーク。対策と装備。

http://borabora.seesaa.net/article/361064430.html


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

100キロという非日常な距離をどう克服するか。
1に日々のウォーキング、2に当日の歩き方と段取り、3に長距離にあった装備、
この3つのポイントが攻略のカギになってくるのではと思います。

1、日々のウォーキング

私は街道歩きを1日に30キロ程度の距離を月に3回は歩いています。

街道歩きとは東海道中山道などの古い道を
歴史や懐かしさや人とのふれ合いを楽しみながら歩くもので
1日がかりの行程ですがあっという間に時間が過ぎていきます。

長距離歩きは楽しみがないと苦痛でしかありません。
街道歩きでなくとも町歩きやハイキングでも良いでしょう。
何か目標や楽しみを見つけると長続きできると思います。

もし余裕があればジョギングもしてみると効果的です。
歩きではなかなか付かない箇所の筋肉を補えるほか、
足裏の肉や皮膚も走ることで短期間に鍛えれて良いと思います。
ただし、あまり走った経験がない人は足の故障に注意して下さい。
週に1回4km程度でいいので練習を積み重ねていきましょう。

100キロウォークでは50キロ地点にもなると
足裏へのダメージが蓄積されマメなどが出来始めます。
それを遅らせる方法はいくつかありますが(後述)
やはり一番肝心なのは日々のトレーニングです。
完歩のためには半年前あたりから長距離に慣れていきましょう。

→『街道歩きのススメ』歩くための装備と雨対策など
http://borabora.seesaa.net/article/394705603.html

→『街道歩きのススメ』ルート作成から実践、記録まで。
http://borabora.seesaa.net/article/385760812.html

→『街道歩きのススメ』歩行計画でのペースや時間配分
http://borabora.seesaa.net/article/391247157.html

IMG_1880.JPG
集合の様子

2、当日の歩き方と段取り

近年の100キロウォーク人気は凄まじいもので
全国各地で開催されるようになってきています。
どの大会も個性があり参加人数やルールなど多種多様です。

しかしながら24時間以内に歩くとなると
どの大会も基本的な流れは似ているものです。

一番肝心なのは”休憩時も何かしらする”ということでしょう。
何かをすることで楽に先を進めるか随分変わってきます。

では具体的に何をすれば良いのでしょうか。

・靴を脱ぐ (毎回必須)

まずは足をリラックスさせてあげましょう。
脱ぐだけで断然効果がありますが余裕があれば裸足になります。

・靴下の交換 (できれば毎回)

マメの大敵は蒸れですので
出来れば毎回靴下の交換をやります。

替え用に1足用意しておき交代で使用していきます。
使用済み靴下はザックの中に忍ばせ次回休憩時に再び使用します。
乾燥剤を入れておくと早く乾いて効果的かなと思います。

・エアーサロンパス (痛い時に)

小型タイプを使用して痛い患部を重点的に。

・マメ防止用ムース (出発時と50km付近の休憩で)

足裏の擦れを少しでも和らげるグッズとして
マメ防止用のムースが市販されています。
効果は使ってもなる時はなるので気休め程度ですが
股ずれ対策にも使えるので用意しておいても損はないでしょう。

・トイレ (出発直前に休憩2回に1回程度)

早めに出しておくと吉です。
常に体調を万全に進めていきましょう。

・日焼け止め (出発前と明け方の休憩時)

以上、こんな感じでしょうか。
休憩では約10分のうちにこれだけやっておきます。
ゆっくり座ってぼ〜としてる暇はありません。

食事は炊き出しがあればその時は食べるのですが
基本は歩いてる時に行動食を食べています。
オススメは一本満足バーです。

IMG_1883.JPG

さて、歩き方についてです。

今回、参加した大会ではチェックポイントが設けられており
80キロ地点からは完全な自由歩行という感じでした。
具体的にはどんな雰囲気だったかは以下のURLをご参照ください。

→24時間100キロウォークの様子(Twitterを使った実況中継)
http://togetter.com/li/666385

→100km24時間ウォーク。3杯目!ついに1着!(明石海峡大橋→嵐山)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-446289.html

歩き方のコツとしては
先頭集団で歩かないことと話をしながら歩くことでしょうか。
そしてラスト15キロぐらいでラストスパート出来れば1位も夢ではありません。

なぜ先頭集団で歩いてはいけないのか?

それは乱ペースになりがちだということです。
こういう大会にはあらゆるジャンルからスペシャリストが集まります。
さらには初めて参加する人も休憩時間を長く取りたい思いから
無理に前のほうに集まってきます。

時にはハイペースになったりと皆が前へ前へと行くので
雰囲気も殺伐としたものになり精神的によくありません。
半日だけならまだしも丸一日はキツイですよね。

その点、2、3番手だと楽ちんです。
一定のペースで行けばマメが出来ることを遅らせることも出来ます。

IMG_1888.JPG

次に重要な点としては話をしながら歩くという点です。

今回、ほぼ全区間で街道仲間と話しながら歩いたのですが
時間の進み方が異様に早く感じて驚きました。

これも先ほどと同じく精神的なものかもしれませんが
早く感じるということはそれだけ充実してる証拠かなと思います。
ゴール時にはマメがコブシ大のが2個出来ていたのですが
道中ではその痛さも話をしながらだと忘れさせてくれてました。

もし1人参加で話す相手がいないとするならば
ラジオを聞いたりお気に入りの音楽を聴きながらでも良いでしょう。
特に50キロ過ぎると足の痛さに加えて眠気も襲ってきます。
何か気を紛らわすものを用意しておくのが肝心でしょう。

IMG_1913.JPG
大休憩の様子。

マメの話が出ましたが、
出来てしまった時はどうすれば良いでしょうか。
そのままにしておくとマメは広がってきます。
そうなると痛さも比例するように増加してくるはずです。

そこで、出来てしまった時は思い切って
「針で突き刺して潰してバンドエイド」戦法がオススメです。

本当は消毒液もあるとベストですが
いつも針をそのまま突き刺し膿を出しています。
そしてバンドエイドで針で出来た穴を塞いでやるのです。

これで当面は普通に歩けるとは思います。
ですが、痛みは多少残っているのでひたすら我慢です。
足の筋肉の痛みは痛くなれば我慢のしようがないですけど
マメの潰れた痛さは我慢すれば歩行には影響しないものです。

これも精神論になってしまいましたが
100キロウォークは精神を鍛える場であるのかもしれません。

IMG_1923.JPG
夜通し歩いての夜明けは感動の一言。

3、長距離にあった装備

必要最小限のものを用意し
ザックは体にフィットした小型のものを選ぶ。これが基本です。

今回、持ち物として用意したものは

・ヘッドライト (夜間歩行用)
・手ぬぐい (頭に巻き汗が垂れるのを防ぐ)
・帽子 (つばの広いタイプ)
・ポンチョ (突然の雨と防寒着を兼ねる)
・サングラス (偏光レンズであれば疲れにくい)
・行動食3個 (1本満足バー)
・日焼け止め
・マメ対策ムース
・エアサロンパス (携帯用)
・iPhone (充電器も。ルート図を中に入れておく)
・靴下 (替え用に2足)
・バンドエイド (数枚+針)
・軽めの上着 (風よけも兼ねる、朝と夜に使用)


これらをトレラン用のザックの中に入れておきます。

このうち用意してしてたのにあまり使わず必要なかったものは
靴下の替え用は1足でよかったこととエアサロンパス。
これは個人差があると思うので不安ならばあっても良いとは思います。

逆に持っていかず後悔したものはUVのリップクリーム。
今回は晴天の2日間だったので唇の日焼けが酷く大変でした。

あと靴ですが軽めの防水性のあるトレランシューズを使用しています。
アスファルト道だけならウォーキングシューズでも問題ないと思いますが
機能性の面を考えるとトレランシューズのほうが上かなと思います。

ただ靴に関しては各自こだわりがあると思うので
何がベストかは一概には言えませんが歩く際の最重要アイテムだけに
後で後悔しないよう自分にマッチしたものを選ぶのが重要でしょう。

IMG_1926.JPG
先頭に立ってゴールを目指す。

最後に100キロウォークを歩いていると
いろんなアイテムをされてる方がいるので参考になります。
いくつか気になったアイテムを紹介しておきます。

『五本指ソックス』

2位の人が履いておられました。
マメがまったく出来ずゴール後は飲み歩きに出かけたそうです。

足へのフィット感は抜群のものがあると思います。
注意点としては指先が広がるので今使ってる靴と合わない場合があることです。
出来れば靴購入時は五本指ソックスを履いた上で選んで
五本指ソックス用として靴を用意しておくと安心かもしれません。

『ウエストポーチ』

3位の人が使用していたアイテムです。
大きめのウエストポーチだけでザックは背負っていませんでした。

その人曰く

「人間今は二足歩行ですが、太古の昔は四足歩行の生き物でしたから、
歩くとき今でも腕・肩を動かします。それを邪魔する肩掛けリュックは好きではありません。
しかし容量が少ないので毎回荷物の取捨選択に苦労します。」

とのことです。
この方の歩く姿勢は凄く良く軽やかに見えただけに
試してみる価値があるアイテムだと思います。

『ウォーキングポール』

膝への負担軽減にはかなり効果的だそうです。
私は荷物になるので持ってはいかないのですが
今以上に楽に歩けるならと思うと気になるアイテムです。

『菅笠』

菅笠は頭と笠との間にすきまが空くので
暑い日はベンチレーターの役割があって涼しいです。
私も街道歩きでは使うのですが真夏は特に効果がありました。

今回使っていた方にお聞きしたところ、
顔への日焼けが少なくて済んだとのことで
日焼け対策でも効果があるアイテムなのかもしれません。

→先人の知恵!究極の熱中症対策”菅笠”とは。
http://matome.naver.jp/odai/2137507438300681601

『スリッパ』

毎回スリッパで歩かれている方がいます。
これで100キロ歩いてしまうのですから恐れ入ります。
たしかに開放感はありそうで通気性という面でも効果がありそうです。

IMG_1929.JPG
感動のゴールまであと少し。

以上、100キロウォーク完歩するにはをまとめてみました。
今回1位を取ったことで次回からはゆっくり楽しみながらいこうと思います。
スリッパでどれだけやれるか試してみようかな。

ではEnjoy100キロウォーク。

  
posted by にゃおすけ at 18:00 | 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | 100キロウォーク | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

日光例幣使街道その2・太田宿→静和駅

太田宿より栃木県へ入ります。

IMG_4490.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

この日は朝の6時に出立しました。

前日の夕方に歩いたメインストリートは
この時間だと車がなく静かな雰囲気でした。

IMG_4498.JPG

IMG_4495.JPG

富士重工の大きな工場を横目に進みます。
地名を見るとなんと「スバル町」。
まさに大企業のお膝元といった感じです。

IMG_4502.JPG

しばらく進むと左手には
百名城の金山城の雄姿が見えてきました。

関西に住んでいると
この辺りはめったに来ない場所なので
目に見えるもの全てが新鮮に映ります。

IMG_4518.JPG

IMG_4528.JPG

IMG_4555.JPG

八木宿の町並み。

面影は殆どないなーと見渡していると
街道沿いに面した家々の敷地に痕跡がありました。

建物は変わっても敷地は昔のまま。
間口が狭く奥行が長い感じはまさにそれでした。

IMG_4566.JPG

IMG_4562.JPG

IMG_4588.JPG

歌にもなった渡良瀬川を渡ります。
川の手前には増水対策のための梁田宿がありました。

IMG_4596.JPG

IMG_4603.JPG

川に橋が架かり宿場としての役目を終えた感じで
ごく普通の家並みが続いていました。

街道ファン的にはちょっと寂しい光景ですが
これも交通体系や時代の変化なので仕方ないところです。
そこに住む人々の生活というのがありますし。

IMG_4612.JPG

渡良瀬川からの眺め。
足利の山々が新緑が綺麗でした。

IMG_4623.JPG

渡った先にあった”川崎天満宮”
ここでお茶を飲むというのが流行ったのだそうです。

IMG_4638.JPG

ここから先しばらくは
旧道がほとんど消滅してしまっています。

農地改革や水害の影響なのだそうです。
昭和40年代の空中写真でも旧道の姿があまり見当たりません。
比較的早い時期での改良だったのでしょう。

IMG_4657.JPG

IMG_4677.JPG

IMG_4681.JPG

寺岡の集落を抜けると
まもなく天明宿。今の佐野の町になります。

IMG_4682.JPG

IMG_4706.JPG

佐野で今の時代で有名なのは「佐野ラーメン」
でも、これって江戸時代にはないものです。

昼飯にとラーメンにありつきたかったのですが
どの店も行列でスルーせざるえませんでした。

IMG_4715.JPG

IMG_4725.JPG

そこで、昔からある食事をと探したのが
もう1つの名物の「大根そば」です。

大根を極細に刻んでそばと一緒に盛ってる代物ですが、
清涼感が半端なく暑い時期だとさらに最高でしょう。
味もグッド。なかなか美味しいものでした。

IMG_4688.JPG

IMG_4723.JPG

佐野市は地方都市ということですが
ラーメンブームもあって歩いてて活気を感じれました。

ちなみにもう1つの名物は”いもフライ”
大阪の串かつみたいな感じで美味しかったです。

IMG_4728.JPG

天明宿の次は犬伏宿です。

東西に伸びるメインストリート。
一直線に伸びてる姿は圧巻ですね。

IMG_4749.JPG

本陣前には立派な松の木があったり
町名に"上宿”など地名に名残が残っていたり
往時の風情を楽しむことが出来ました。

IMG_4741.JPG

IMG_4769.JPG

大谷石で出来た観音様。
風化によってお顔がなくなってしまっています。

大谷石は宇都宮で採れるもので
関西に住んでいると殆ど見かけないのですが
この石で出来た蔵や塀など見かけるようになると
あー、北関東に来たなと実感します。

IMG_4771.JPG

IMG_4789.JPG

日がだいぶ落ちてきました。
ラストは車道を進み東武電車の静和駅でゴール。

ここから街道は直角に曲がって北へと進んでいきます。
次回は栃木の町を通り日光西街道との追分を目指します。

posted by にゃおすけ at 19:41 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日光への街道 | 更新情報をチェックする