2014年12月27日

恩智・中信貴街道・八尾→平群

八尾から信貴山、伊勢へと続く街道。
JR八尾駅から歩きます。

R0015442.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

恩智街道とよばれている恩智までの区間は
明治に大阪市街から八尾駅まで汽車が開通してから
信貴山へのアクセスで大いに賑わいました。

R0015446.JPG

ただし賑わっていたのは短い期間。
汽車が八尾から奈良に延長になってしまうと
参詣者は便利な汽車で最寄駅まで行くようになりました。

R0015447.JPG

R0015448.JPG

この写真の道標は明治時代のもの。

すぐ 柏原
すぐ 恩智 信貴山 右 柏原
すぐ 八尾

今の街道風情は住宅街になってしまってますが
古写真を見るに昔は見渡す限り田畑だったようです。

R0015451.JPG

先ほどから抜け道として利用する車が多いのに気づきます。
今も八尾から恩智に抜けるには一番便利な道のでしょう。

やがて桜の名所の玉串川と合流します。

R0015464.JPG

R0015482.JPG

京都から高野山への街道である
東高野街道との分岐点には大きな道標がありました。

東 信貴山
西 大坂

南 高野山
北 平岡 京 道

平岡とは枚岡のことでしょう。
枚岡には河内一の宮の枚岡神社があります。

ここから中信貴街道と名前を変えます。

R0015472.JPG

R0015480.JPG

次第に勾配がきつくなってきます。

生駒山系を越える道は
今回の中信貴街道の他にもいくつもあるのですが
大阪側から登るとどれも急坂で大変な道のりです。

その分、少し登っただけでも
大阪の町並みを遠望出来て良いのですが
やっぱ疲れますね(^^;

R0015504.JPG

R0015509.JPG

恩智神社はこの辺りで有名な神社。

恩智といえば恩智越えという登山道があるのですが
今回はそれとは違う道になります。

昔の街道は恩智総池の横を通っていました。

R0015517.JPG

山の中に入って行くにつれ寂しい雰囲気になっていきます。
人気のある恩智越えとは非常に対称的です。

横には川が流れていますし
なかなか心地よい道なんですけどね。

R0015531.JPG

R0015527.JPG

途中からは堰堤が作られてしまって旧道は消滅していました。
堰堤で切られてしまうことは山の中の街道ではよくあることです。

ここは無理をせず尾根道を伝って迂回します。

R0015544.JPG

消滅した旧街道とほぼ並行する形で
急登の登山道が続きます。

やがて旧街道と合流します。

R0015554.JPG
藪に包まれた合流点

合流地点では
かろうじてわかる旧道の雰囲気がありました。
旧道方向を見てみると完全に藪に包まれた廃道でした。

R0015560.JPG

R0015568.JPG

峠を越え奈良側へ。
信貴山のどか村を通過。

ここからは脇道に入っていきます。
廃道まではいかないものの
半分忘れられかけた藪のある道。

R0015569.JPG

R0015577.JPG

R0015588.JPG

どんどん進んで行くと
やがて人里が見えてきました。

大阪から1つの山を越えただけなのですが
なんとも懐かしい光景が広がっています。

R0015600.JPG

R0015604.JPG

龍田越奈良街道との分岐点でゴール。

この付近は江戸期は”竜田””龍田”と呼ばれ、
奈良盆地の西の主要都市だったそうです。

R0015623-001.JPG



  
  
posted by にゃおすけ at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪から奈良への街道 | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

清滝街道・守口宿→平群

大阪から奈良・伊勢への街道。
生駒山系にある清滝峠を越える道です。

R0013542.JPG
東海道と分岐する細い道が清滝(守口)街道


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

東海道の守口宿をスタートします。

ルートマップを見てみますと
ほぼ直線で奈良盆地へ通じることから
守口周辺の人々は伊勢へ行く際は
清滝街道が便利だったものと思われます。

R0013545.JPG

R0013548.JPG

もっとも清滝街道といっても
ルートに諸説があるわけなんですが
今回は守口街道とも言われている四條畷までの区間と
清滝峠と奈良県側の平群町へと至る清滝街道区間を
ひとくくりにして扱っています。

R0013560.JPG

R0013556.JPG

右には京阪電車の線路、
そして左にはパナソニックの工場。

さすがは大企業のお膝元です。
あちこちに関連施設が立ち並んでいます。

R0013577.JPG

そんな中でも旧道には昔ながらの光景がありました。

古い寺社があったり大きな木が植わっていたりして
この道には歴史があることがわかりますね。

R0013584.JPG

古川橋のあたりの道標。

この付近は開発によって消滅している道が多いのですが
昔の道筋を知るにはありがたい存在です。

R0013581.JPG

R0013590.JPG

その道標なんですが時代によっての特徴があります。

まず江戸時代に作られたものは
彫りが深かったり崩し字が凄かったりしますが
明治時代や大正時代に建てられたものは
線が細く読みやすいのが多い気がします。

大正時代ごろになると指さし型もあったりと
時代時代の流行の形があって面白いものです。

R0013596.JPG

巣本までくると田畑が増えてきました。

さらに第二京阪道路を過ぎると
蔵のある町並みが広がって良い雰囲気です。

R0013622.JPG

R0013614.JPG

道標を発見。
大峯山と書かれている下に「いせ、なら道」

伊勢の文字を見ると
この道は伊勢へと続いてるのだと実感しますね。

R0013637.JPG

どんどん生駒の山が近づいてきました。
外環状線を越えると東高野街道との交差点。

ここまでは別名「守口街道」でしたが
ここからは「清滝街道」として進んでいきます。

R0013652.JPG

古い神社や景色に癒されます。

本来の峠への道では草道が2ヶ所あったのですが
ほぼ廃道状態で大変なことになっていました。

そこで仕方なく迂回路を通ったわけですが
階段状に整備されていて歩きやすかったものの
風情がなくつまらないものでした(^^;

R0013679.JPG

R0013696.JPG

峠には大きな柿の木がありました。

旧道には古い家や石碑も立っていて
峠の風情がかなり良い感じ。

R0013697.JPG

R0013702.JPG

峠から先の下り道は国道沿いを進みます。

でも国道には歩道が殆どありません。
しかもトラックがバンバン。

進むにはかなりの勇気が必要でした。

R0013707.JPG

R0013716.JPG

R0013711.JPG

やがて枚方より南下してきた磐船街道と合流。

この辺りはルートマップを見てもらうとわかるのですが
少し北へ移動している格好になっています。

橋の関係で現在はこうなってると思うのですが
昔はそのまま真っ直ぐだったのでは?と思います。

R0013763.JPG

R0013750.JPG

生駒山を右手に眺めながら南下していきます。

東生駒までは郊外な町の雰囲気で飲食店も多数。
街道は4車線のバイパス道を進みます。

R0013766.JPG

たまに砂利道や旧道も残っていたり。
単調な道が多い区間もメリハリがあると楽しいですね。

R0013794.JPG

平群の入口には渓谷が。
比較的大きな滝がありました。

水の音はまさしく轟音です。

地元なので車では付近をよく通るのですが
このような渓谷があったなんて知りませんでした。
歩いてきたからこそ発見ですね。

R0013799.JPG

R0013826.JPG

平群町内は田園風景が続きます。

長屋王の墓など見所もたくさん。
この辺りの名産の仏花が咲き乱れます。

R0013839.JPG

八尾からの十三街道と合流すると
やがてゴールの竜田川に到達です。
ここは竜田越奈良道との追分でもあります。


  
posted by にゃおすけ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪から奈良への街道 | 更新情報をチェックする

2014年12月10日

磐船街道と奈良への道・枚方宿→奈良公園

東海道五十七次の枚方宿より
磐船渓谷を抜ける街道を歩いてみました。

R0012054.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

R0012026.JPG

枚方駅前にある大きな道標。

右 大坂ミち
右 京 六り やわた 二り
左 くらじたき 是四十三丁 道

くらじたき(倉治滝)とは倉治公園の源氏の滝のことでしょう。
文政9年(1826年)のものです。

この場所は「宗左の辻」と呼ばれています。
油屋の角野宗左邸があったことからきています。

R0012028.JPG

今回の街道歩きは
枚方の人の伊勢参りはどんなルートだったのだろう?がテーマです。

東海道で八幡に出て奈良に向かうのも考えられるのですが
地理的に考えると磐船街道がメインだったのではと思うところです。

では見ていきましょう。

R0012033.JPG

枚方の官庁街を過ぎると国道沿いになります。

早朝ということもあって車は少ないですが
歩道のない所もあって怖いですね。

R0012041.JPG

平行している川は天野川。
流域には七夕に関わりがある地名や史跡が多く残ります。
磐船街道は川の上流へと進んでいくわけですが
下流域であるこの地域は天井川になっているので
高い堤防が築かれているのが特長的です。

R0012045.JPG

砂子坂交差点(すたこさか)。
古くはスダコと読まれていました。

付近は川の砂地であったので水もちが悪いようで
このような土地を洲田(すだ)と言うそうです。

R0012048.JPG

砂子坂にあった道標がこちら。

「右 岩船街道 大和道」、「左 私部 倉治 津田道」
「左 岩船街道 枚方道」

明治期に建てられたものです。
こういうタイプは大阪府に多いですね。

R0012053.JPG

R0012084.JPG

磐船街道の旧道区間。

今までと打って変わって
風情良い区間になってきました。

こういう昔ながらの景色は癒されます。

R0012068.JPG

R0012096.JPG

R0012107.JPG

やがて国道の道となり山間へ。
平行している天野川は峡谷を形成していきます。

磐船峡谷なる石柱が現れました。

R0012110.JPG

R0012117.JPG

この峡谷は鮎返しの滝など
特に紅葉の時期は賑わっていたそうです。

現在は遊歩道が崩れてしまってて訪れる人は少なく
幻の峡谷といっても過言ではないでしょう。

R0012122.JPG

誰もいない渓谷は静かですね。

鮎返しの滝は本流にある滝なだけあって
なかなかの迫力がありました。

R0012134.JPG

この峡谷沿いの道ですが
磐船街道ではなかったものと思います。
おそらく後年に作られた遊歩道なのでしょう。

と、いうのも江戸時代の技術的に
峡谷は通らず山を越えていくのが一般的です。
磐船峡谷の入口にあった石柱は昭和16年のものですし、
街道からの分岐点だったと考えるほうが自然かもしれません。

R0012137.JPG

R0012141.JPG

さあ、先に進みましょう。

この付近の国道は狭隘の場所が多く、
道路改良工事と河川防災工事が平行して実施されています。

川のヘアピンは珍しいですよね。

R0012142.JPG

磐船神社付近の旧道風情。

この神社は巨石で有名です。
写真でも建物の後ろにチラッと見えてるんですが
こういう巨石が何個もあって胎内巡りを楽しむことができます。

R0012143.JPG

磐船神社を過ぎると視界が開けてきました。
田畑が広がりなんとも懐かしい光景です。

ちょうど稲刈りの季節だったので
家族総出で精を出している農家もありました。

もうこの辺りは奈良県。
峠を1つ越えただけでこんなに違うものなんですね。

R0012155.JPG

R0012158.JPG

やがて道標のある場所で清滝街道と合流。
磐船街道はここで終点になります。

街道の起終点は資料によって違うので悩むのですが
生駒山麓を進んで王寺までの説もあったりします。

R0012162.JPG

R0012159.JPG

今回は進路を東に取って奈良市方面へ進んでみました。
清滝街道とも呼ばれている区間です。

当時の庶民にとっての旅は一生に一度といいますし、
おそらく枚方の人も奈良中心部に寄り道してから
目的地(伊勢)へ進んだのではないでしょうか。

R0012179.JPG

R0012188.JPG

大阪と木津、伊賀とを結ぶ国道沿いに進みます。
ほどよく旧道が残っていて良い感じです。

旧道の何ヶ所は草道になっていたり
廃道のようになってるところもありました。

R0012193.JPG

R0012203.JPG

R0012215.JPG

京都府に突入っ!

木津は木津川の水運で発達した町で
今も大きい家が多く実に見ごたえがある町です。

ちなみに、ここから東へは伊賀街道が伸びていて
この道も伊勢へと通じています。

R0012244.JPG

R0012248.JPG

R0012263.JPG

やがて、奈良街道で奈良市内へ。

奈良街道は京都、奈良と2つの都を結んだだけあって
道の風情がどこか風格があるように感じます。

R0012299.JPG

IMG_3421.JPG

奈良公園の手前には意外や意外。
牛を飼う「植村牧場」があります。
ここのソフトクリームはなかなかの絶品です。

ゴールは伊勢本街道との分岐点にしました。
鹿が出迎えてくれ癒されました。

R0012297.JPG
 


    
posted by にゃおすけ at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪から奈良への街道 | 更新情報をチェックする