2015年03月26日

【街道シンポジウム】 赤穂街道・相生→赤穂城下

赤穂浪士も通った相生から赤穂への道。
今回は街道シンポジウムの一環で歩いてきました。

IMG_7810.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

IMG_7677.JPG
朝飯は姫路駅の駅そば大盛。最高に旨い!

IMG_7682.JPG

西国街道との分岐点に立つ道標。

「是より右 さいこくみち」
「是より左 あかう城下みち」

相生の駅前は区画整理された影響で
元の位置から大きく移設されています。

IMG_7686.JPG

のどかな道が続き、
川を渡ると相生の町は終わり。那波の集落です。

町の中心と思われる場所には
道路元標があり立派な家々が連なります。

IMG_7687.JPG

IMG_7690.JPG

那波は名前のとおり
海に近く港への道が分岐していました。

IMG_7694.JPG

上の写真のような大きな井戸を
あちこちで見かけることが出来ます。

特に赤穂市街は「赤穂上水」が町を張り巡らされていて
面白いことに湧き出る水を使用するのではなく
川の上流の水を上水で運んで貯めておく為の井戸だったそうです。

赤穂上水は日本三大上水の一つ。
備前焼の土管が使われてたり実に興味深いものです。

IMG_7705.JPG

さて、街道シンポジウムなんですが
何人かの仲間と集まってわいわい楽しもうというもので
彦根、近江八幡、伊賀上野に続き今回で4回目の開催です。

どんな活動なのかというと、
下の動画を見てくださると一発です。



今回の赤穂街道は地方街道であるので
資料が少なく検討するのが大変だったんですが
古地図を広げ皆で知恵を出して検討していると
往時の道を浮かび上がらせることができました。

IMG_7717.JPG

IMG_7715.JPG

赤穂街道の難所は高取峠です。

ゆっくりと勾配をあげていく峠道。
行く手には旧道の案内看板もあり雰囲気が出てきます。

IMG_7714.JPG

IMG_7726.JPG

峠付近の旧道は国道が作られた際に
削られで跡形がない場所が多くなっています。

旧道と獣道(旧道消滅区間)とを交互に進んで行くのですが、
一見同じように見える山道でもよく見るとどこか違うものです。

IMG_7741.JPG

たとえば、この苔むした石積み。

これは明らかに手を加えて作ったものなので
こういう遺構は大抵は旧道である可能性が高いです。

IMG_7739.JPG

あと、路盤が安定していたり
道幅が広かったりと様々な特色があるものですが
見分け方の第一のポイントとしては
多くの人がそこを歩いたという点でしょうか。

IMG_7749.JPG
高取峠

IMG_7748.JPG

街道は幹線で物流の要でもあったので
あまりに険しい場所は多くの人は歩かないもので、
単なる山道である可能性が高いといえます。

街道でも険しい場所はあることはあるのですが
そういう場所は名所になっていて(東海道さった峠など)
たいがい文献や絵図に残っていたりするものです。

IMG_7751.JPG

IMG_7757.JPG

高取峠から下って行くと
整備された旧街道が現れます。

IMG_7765.JPG
赤穂の町が見えてきました。

IMG_7781.JPG
峠方向を振り向いて。

ぐんぐんと道なりに進むと
やがて千種川が見えてきます。

IMG_7786.JPG

赤穂街道を道筋を調べる上で
どこで川を渡っていたかがポイントでした。

赤穂の歴史資料館で問い合わせたり、
川の専門家より千種川の歴史を紐解いていくと
下流域で川筋が2手に分かれてた事実が見えてきました。

その川筋の影響によって
一般的に利用された渡しの場所が時代で違ったようで、
今回のルートは元禄時代までのルートにあたります。

いわば、赤穂浪士も利用したであろう道筋です。

IMG_7787.JPG

現在の坂越橋のあたりが元禄までのメインの舟渡しで
今も川岸にはそれっぽい遺構が確認できます。
上の写真の大きな石がおそらくそうではないかと思います。

IMG_7795.JPG

坂越橋を渡る前に
坂越の町並みに寄り道してみました。

IMG_7799.JPG

IMG_7807.JPG

街道筋から少し離れますが
坂越は赤穂と違って天然の良港に恵まれて
多くの船で賑わっていたといいます。

今も立派な家々に面影が残っていて
のんびりした風情を味わうことができました。

IMG_7811.JPG
橋の柵に渡し船の図柄。

IMG_7816.JPG

城下への道筋を進みます。
渡し船で渡ってしまえば平坦な道が続くわけですが
先ほど書きました川筋が2手に分かれていた点に注目です。

IMG_7818.JPG

かつての川の跡が街道筋を横切っているわけですが
その横切った付近では若干のアップダウンを確認できます。
上の写真の場所はおそらく堤防跡なのでしょう。

赤穂の町に入ってくると
大きなショッピングセンターの中を通らねばなりません。

IMG_7826.JPG

このショッピングセンターの前身は巨大な工場でした。
明治の早い段階にはすでにあったようです。

工場の面影はショッピングセンター出口付近にあった
大きなコンクリートの壁。形から見て戦前製のものでしょうか。
写真を撮ってなかったのが悔やまれます。

IMG_7831.JPG

IMG_7838.JPG

城下は千種川の本流の能見川が流れていた影響で
その名残をいくつか見ることができます。

中州という地名もその一つ。

ここには城門があって
付近には船溜まりもあったことが古地図に描かれています。

IMG_7844.JPG

IMG_7846.JPG

息継ぎ井戸付近が赤穂の道路元標の場所にあたります。

道筋は赤穂城内へと続いています。
その距離500mほど。

この場所は息を整えるには
ちょうど良い場所であったことがわかります。

IMG_7870.JPG
牡蠣の食べ放題。蒸し牡蠣オススメ。

赤穂街道は坂越に寄り道しても
トータルで20kmも満たない距離で手頃です。

峠あり海あり城下ありと
これほどまでバリエーション豊富な街道は
あるようでなかなかないものです。

気軽に歩ける赤穂街道。
ハイキングに是非お勧めしたい道です。


 
posted by にゃおすけ at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 街道シンポジウム | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

能勢街道その3・黒川→亀岡

県境を越えて京都府へ

IMG_0997.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

IMG_1007.JPG

この日の妙見口駅の気温は1度。
寒い朝になりました。

歩いても歩いても体が温まりません。

IMG_1015.JPG

IMG_1000.JPG

その分、紅葉が綺麗な道中でした。

山が真っ赤に燃えるような色彩は
この時期ならではです。

IMG_1001.JPG

IMG_1013.JPG

県境手前の旧道は風情満点。
お地蔵さんの祠が良い感じですよね。

IMG_1021.JPG

IMG_1017.JPG

次第に標高をあげていくと大槌峠です。
”奥能勢”と呼ばれる地域へと入っていきます。

IMG_1031.JPG

IMG_1035.JPG

IMG_1052.JPG

野間集落を過ぎると右手に神社があり、
イチョウの大木があるようで寄ってみました。

IMG_1110.JPG

IMG_1108.JPG

なんと400年以上も樹齢があるそうです。
あいにく全部散っちゃっていますが、
黄色の絨毯がとても素敵でした。

IMG_1065.JPG

IMG_1088.JPG

IMG_1113.JPG

必死に出荷作業をされている
造り酒屋の光景。

時期的に正月ものかな?

街道歩きの楽しみの一つは
こういう酒蔵が沿道に多いことでしょうか。
試飲も出来る場所も多くて嬉しいひとときです。

IMG_1125.JPG

IMG_1130.JPG

県境を越えます。
ここには関所があったといいます。

IMG_1132.JPG

IMG_1090.JPG

能勢街道は前回の記事に書いたとおり
妙見山への巡礼の道でもあったわけですが
峠を境に京・愛宕山への道へと変化していきます。

IMG_1167.JPG

それがよくわかる例が、
常夜灯に書かれている文字でしょう。

深く刻まれた「愛宕山」の文字。
歴史も古い年代ものの常夜灯でした。

IMG_1166.JPG

逆にこれまで見られた妙見山と書かれたものは
めっぽう見なくなってしまいます。

おそらくこれは
京都から来る人は余野経由の街道が
一般的に使われたということなのかもしれません。

IMG_1151.JPG

IMG_1154.JPG

湯ノ花温泉。
山間の静かな温泉街といった雰囲気で
立派な宿が立ち並んでいます。

日帰り入浴も出来るのだそうです。
800円ぐらいからと少しお高めです。

IMG_1158.JPG

IMG_1175.JPG

街道は亀岡市街に近づいてきます。

住宅街に入ってくるとあとは一本道。
これが結構長いんですよね。

IMG_1181.JPG

IMG_1185.JPG

IMG_1193.JPG

能勢街道は山陰道と合流すると
ほどなく丹波亀山城下でゴールとなります。

亀岡なのになぜ亀山なのか。
実は江戸時代までは亀山と呼ばれていたのですが
三重にも亀山という町があってややこしいので
亀岡になったという経緯があります。

IMG_1198.JPG

IMG_1205.JPG

亀山城の紅葉。実に見事です。
人が少なく穴場でした。

  
posted by にゃおすけ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪から京都への街道 | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

能勢街道その2・池田→黒川&妙見山

能勢街道の続きを池田より。

IMG_0580.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

IMG_0575.JPG

季節は晩秋。
前回は38度の炎天下の中を歩きましたが
葉が色づいて町の雰囲気が違って見えます。

IMG_0573.JPG

IMG_0579.JPG

IMG_0593.JPG

猪名川のほとりを進みます。

少し下流では夏に花火大会が開催されます。
交通の便が良く規模も大きい大会なのですが
それほど混雑がないので穴場だったりします。

IMG_0598.JPG

川沿いには阪神高速の高架橋が立ち並びます。
かつての街道は高架橋下を進んでいたようですが
残念ながら消滅してしまっています。

IMG_0589.JPG

能勢街道のルート看板。

池田の周辺はこのような看板が設置してあり
迷うことなく進めるのはありがたいことです。

IMG_0602.JPG

IMG_0607.JPG

でも問題はここから先。
能勢街道はいくつかのルートに分かれています。

現代の感覚から考えると
川に沿ってのルート(現在の国道)が楽に見えるのですけど、
険しい崖があり道を通すには江戸期の技術では難しかったようで
明治期になってから作られたルートなのだそうです。

今回は伏尾を通る尾根沿いルートで進んでいきます。

IMG_0616.JPG

IMG_0617.JPG

勾配を少しづつ稼いでいくと
ゴルフ場の中へと導かれていきます。

伏尾ゴルフ倶楽部です。

IMG_0636.JPG

入口にはこんな感じの看板がありました。
「街道ウォーカーのために道が開放しているよっ!」

IMG_0637.JPG

IMG_0640.JPG

ゴルフ場では飛球があるので立入禁止が多いと思うのですが
このようなウォーカーへの配慮は嬉しいですよね。

ただし指定された場所以外は入ってはいけないようで
うろうろと寄り道することはできませんでした。

IMG_0641.JPG

ゴルフ場内の片隅にあった石仏群。
かつては道沿いにあったものなのでしょう。

IMG_0632.JPG

IMG_0643.JPG

ゴルフ場手前には大きな常夜灯がありました。

こういう古いものがあるということは
ここが街道であった何よりの証拠ですね。

IMG_0663.JPG

IMG_0666.JPG

IMG_0680.JPG

尾根道を進み住宅街を抜けると
妙見口駅の手前に差し掛かります。

IMG_0696.JPG

IMG_0705.JPG

IMG_0706.JPG

妙見山は関西の霊峰の一つ。
江戸時代後期は特に賑わっていました。

今回の能勢街道は妙見山への参詣道でもあるので
数多くの参拝者が通っていたと思われます。

IMG_0709.JPG

IMG_0711.JPG

多くの人が通る重要な道というだけあって
道の改良は古くから活発に行われていたようです。
先ほど述べた明治になって出来た川沿いの道もそうですが
新しい道や鉄道が開設され便利になっていきました。

今回の区間において廃道になってる場所が多いのですが
こういった事情があるのかもしれません。

IMG_0713.JPG

IMG_0714.JPG

さあ、妙見山です。
一旦ここで能勢街道と分かれて寄り道をします。

今はケーブルカーや車で楽々といけますが
昔はというと、もちろん登山になります。

江戸時代のルートは
現代のコースでは上杉尾根ルートが該当します。
今もあちこちに常夜灯や石積みなど見ることができます。

IMG_0723.JPG

IMG_0724.JPG

この上杉尾根ルートですが
江戸時代は現在の入口と少し違っていました。

この鳥居の場所が江戸時代の入口です。

IMG_0727.JPG

IMG_0732.JPG

本来はここから上にあがっていくのですが
藪が多すぎて進むには困難な状態です。

IMG_0747.JPG

IMG_0741.JPG

IMG_0767.JPG

妙見山の頂上は
まさに霊場といった雰囲気がありました。

IMG_0782.JPG

IMG_0786.JPG

IMG_0798.JPG

古い飲食店もなかなかの雰囲気。

帰り道は主に京都方面から使われていたであろう
余野への妙見山参道で下山しました。

IMG_0809.JPG

大正時代に造られた大鳥居。
鳥居の奥には古い参道が伸びていました。

IMG_0814.JPG


IMG_0827.JPG

IMG_0833.JPG

こういう倒木多数の区間もありました。

山の中の道はある程度整備されていないと
雨やら台風やらでこうなってしまいますね。

IMG_0840.JPG

IMG_0844.JPG

かつては賑わっていたであろう旧参道。
まるでひっそりと眠っているかのようです。

今回は余野でゴールとしました。


   
posted by にゃおすけ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪から京都への街道 | 更新情報をチェックする