2015年12月24日

日光街道二十一次その5・徳次郎宿→日光東照宮

五街道の日光街道。最後の区間。

IMG_9698.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

IMG_9672.JPG

徳次郎宿は
上徳次郎宿、中徳次郎宿、下徳次郎宿と分かれています。

読み方は「とくじら」が当時の正式なのですが
現在は「とくじろう」でも通じるようです。

IMG_9655.JPG

大谷石の生産地が近いからか
ふんだんに使った家が多く見られます。

徳次郎宿は開設当初は上徳次郎宿のみでしたが
その後、懇願によって中と下が追加されています。

IMG_9676.JPG

ただ機能的には3つで1つの宿場の役割だったらしく
ひと月を三等分にして月の上旬は中徳次郎宿が担当し、
下旬は下徳次郎宿が担当をしていました。

一番忙しい中旬は古くからある上徳次郎宿が担当。
これは経験豊富という意味でのものだったようです。

IMG_9692.JPG

遠くには日光連山が見えてきます。
空は完全な秋空になっていました。

IMG_9686.JPG

一里塚。
片側のみですがしっかりと残っています。

IMG_9701.JPG

IMG_9702.JPG

杉並木が始まりました。

実は今回のスタートからゴールまでは
高低差が400mもあり緩い上り坂が続きます。

でも、意外と疲れはあまりないもので
9月という気候の良さもさることながら
杉並木の癒しの空間が一番効果的でした。

IMG_9708.JPG

IMG_9722.JPG

杉並木は日光市に入ると凄みを増してきます。

並木寄進碑は並木を作った時に立てられたもので
日光に向かう各街道に設置されています。

別の名を「境石」といって
ここから先が日光の神領となるわけです。

IMG_9713.JPG

IMG_9724.JPG

大沢宿。

徳川将軍家の日光参詣に際して
宿泊所として御殿が設置されていた時期がありました。

宿場の出口からは再び杉並木が始まります。

この付近の杉並木は国道が並行して整備されているので
車の恐怖におびえることなく気持ち良く歩くことができます。

IMG_9721.JPG

ところどころに彼岸花。
まるで昔に戻ったような風情が続きます。

杉並木の途中にある一里塚は
並木の外側にあるので崩されることなく昔のまま。

IMG_9738.JPG

杉並木の保全は精力的に進められているようです。

バイパス道路を並行に作って車を通らせないようにしたり、
地面の下を掘削して隙間のあるブロックを埋めて
杉(根を含む)を大々的に保護したり。

IMG_9746.JPG

IMG_9751.JPG

IMG_9832.JPG

途中にあった工事の看板を見ると
ブロックは結構な大きさのものが埋められているので
路面は昔より若干高くなってる感じがします。

IMG_9760.JPG

IMG_9766.JPG

古くからある森友集落を抜けると今市宿。
右手には高原山が見えてきました。

IMG_9770.JPG

今市宿の手前にあった一里塚付近の杉は
内部が枯れてぽっかりと空洞になっているので
通称「並木ホテル」とも呼ばれています。

IMG_9773.JPG

IMG_9780.JPG

IMG_9786.JPG

今市宿の入口にある追分地蔵は
高さ2メートルもある石造地蔵菩薩坐像です。

室町時代頃のもので
江戸初期は白の布で覆われていたのですが
将軍の一言で布を取り払われるようになったとか。

同じ敷地内には立派な道標が立っています。
宇都宮、鹿沼の地名が見えますね。

IMG_9790.JPG

IMG_9793.JPG

今市宿は昔からの交通の要衝で
日光西街道、会津西街道、日光北街道と合流します。

現代においても国道が方々から交わるので
ここから交通量が多くなり渋滞気味になっていきます。

IMG_9800.JPG

IMG_9795.JPG

今市宿は美味しい水でも有名ですね。
”いまいちの水”は水道水ですがなかなかの美味です。

本陣跡は現在道の駅になっています。
明治天皇の小休止された場所はもう少し先。

IMG_9803.JPG

IMG_9811.JPG
朝鮮通信使宿泊の碑

宿場の出口には瀧尾神社など寺社があり
再び杉並木がはじまります。

朝鮮通信使はこの付近で休まれたようで
立派な石碑が立っていました。

IMG_9815.JPG

IMG_9821.JPG

土道と杉並木。良い風情です。

戊辰戦争のおりにはこの付近において
幕府軍と官軍が衝突して戦いになったのですが
当時の砲弾が破裂した跡が今も残っています。

IMG_9828.JPG

IMG_9827.JPG

IMG_9843.JPG

国道はすごい渋滞です。
さすがは連休。シルバーウィークです。
渋滞は日光街道ゴールの神橋まで続いていました。

時折、窓から「歩くほうが早い!」だの聞こえて、
ちょっとした優越感がありました。

IMG_9854.JPG

IMG_9860.JPG

長かった杉並木もJR日光駅周辺で終わります。
ここは最後の宿場町の鉢石宿の入口で木戸がありました。

東武日光駅から先は歩道にも人があふれます。
なかなかの賑わいぶりで昔も今も変わらず栄えています。

IMG_9869.JPG

IMG_9872.JPG

IMG_9877.JPG

古い建物がちらほらと残ります。

鉢石宿のいわれば鉢石という石。
しめ縄で囲まれている神聖なものです。

IMG_9881.JPG

ただ、この石を見るのにずいぶんと迷ってしまいました。
街道沿いに案内標識があればよかったのですが、、、

IMG_9883.JPG

IMG_9888.JPG

神橋が日光東照宮の入口。
橋を渡って日光街道完歩としました。

橋のあたりは江戸時代でも大きな広場だったようで
時代は変わってもこの辺りは変わりません。

IMG_9897.JPG

日光街道全般の感想としては
ほぼ平坦な道のりで道がわかりやく、手ごろな距離。
しかも多くの街道ウォーカーが歩いているということで
ネットに情報が蔓延しててありがたいことです。

初心者におススメ!と言いたいのですが
街道風情はというと杉並木を除くとさほどない印象です。
小山宿あたりまではアスファルト道が延々と続きます。

パッと思い浮かぶ宿場町で記憶に残ってるのは
千住宿、草加宿、古河宿、小山宿、宇都宮宿、今市宿。
どこも街道文化を推してる自治体だったりします。

歩くのが苦手な人はこれらの宿場町を
ピンポイントで巡るのも楽しいかもしれません。

五街道はあと一つ奥州街道のみになりました。
早々と攻略していきたいものです。


 
 
posted by にゃおすけ at 19:50 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日光道中二十一次 | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

一本杖テレマークスキーとテレマーク経験談

冬がやってきました!
今シーズンもテレマークで滑ります。



これは去年の動画ですが一本杖は意外と快適です。

ストックワークが苦手なのですが
一本杖だと手先を気にせずに体全体でターン出来て
のびのびと滑れるような感じがしました。

しかし、棒は長いです。
これは鉄の棒で竿竹なのです。
なので混雑するスキー場ではNGですね。

目立ちたい人には打ってつけかも?



話は変わって、先日以下のコメントをいただきました。

>私は中学生で現在アルペンのスキーをやっています。
>そして今シーズンからテレマークをやりたいと思ってるのですが、
>私の父が「難しいから、アルペンできてからやれ」と言われてしまいました。
>一応アルペンは8年ほとんど我流でやってます。
>そんな私でもテレマークできるでしょうか?
>それとテレマーク始めた時の体験談があったら教えて頂けると嬉しいです。


私は元々アルペンスキーを3年間だけやっていました。

スキーバブルが終わった後だったので
スキー場は空いていて思う存分に練習できたのですが
次第に頭打ちになっていきます。

アルペンの技術面を極めるのも面白いですが、
スキーに対する情熱自体を失いつつあったんですよね。

心機一転して別のスキーでもやるかということで
ちょうどその頃テレマークをする友人と滑っていたので
横目で見ながらなんとも楽しそうに滑る(はしゃぐ)姿に
いつか自分も!と思いながら滑っていました。

これがテレマークとの出会いですね。

翌シーズンからは道具を一式そろえました。
ヤフオクかどこかで買った安物だったと思います。

岐阜のスキー場にいきました。
緩斜面が多いコースを選んでいます。

まず一本目。
本で読んだイメージで滑ってみたのですが
転ぶ、転ぶ。ま、足の感覚が逆ですもんね。
アルペンとは別物と考えたほうが良いでしょう。

テレマークターンを恐る恐るゆっくりやりつつ
転びそうになったら次の足を出す感じ。
狭い場所はアルペンターンで凌ぎました。

テレマークを履くと何が何でもテレマークターンではなくて
アルペンターンでもハの字でもなんでも良いわけです。
この点はアルペンの経験があって良かったと思います。

とはいえ、リフトに乗るのにも転びました。
とにかく用具が不安定なので初心者に逆戻りです。

こんな感じで数本やり続けていくと
昼前にはなんちゃってテレマークターンになっていきます。
んで、夕方にはある程度のコツがわかっていった次第です。

この時はまだ整地されたコースのみ滑っていたと思います。
深雪を滑れるようになるのはシーズン終盤でした。

コメント頂いた方は中学生ということで若いですし、
しかも8年のアルペン経験があるとのこと。
私よりきっと上達が早いに違いありません。
こういう若者はどんどん応援していきたいですね。

  

  
posted by にゃおすけ at 19:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

日光街道二十一次その4・小山宿→宇都宮宿→徳次郎宿

いよいよ杉並木が始まります!

IMG_6636.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

IMG_6640.JPG

早朝の小山宿より出立します。
誰もいない宿場風情は静かでいいですね。

愛宕神社には巨大な切り株がありました。
向かいのお寺の雰囲気もなかなかいい感じ。

IMG_6646.JPG

IMG_6651.JPG

喜沢追分。
ここで日光西街道(壬生道)と分かれます。

日光西街道も日光を目指す街道になるのですが
日光街道は奥州街道と重複しているので混雑気味で
その上、2里も距離が長くなってしまうことから
一般利用者は日光西街道が人気があったといいます。

IMG_6652.JPG

IMG_6657.JPG

旧道の雰囲気が残る日光街道。
この先の東北新幹線高架橋で分断されています。

高架橋付近は大部分が消滅していますが
線路を渡ると田畑が広がり僅かな道筋が残っていて、
良い意味での栃木らしい農村の光景が広がっていました。

IMG_6659.JPG

IMG_6681.JPG

再び線路を渡って新田宿に入ります。

国道が真ん中を通っているので
全体的に宿場の面影は残ってないのですが
一部の家々には昔の屋号が設置されています。

IMG_6671.JPG

時代が流れて宿場であったことが
忘れ去られてしまった町が多いですが、
このように少しでも偲ぶものがあると嬉しいですね。

ここから先は国道と離れて旧道に入っていきます。

IMG_6688.JPG

国道とほぼ平行して進む旧道。
歩行者、自転車専用道となっていてとても静かです。

IMG_6690.JPG

IMG_6694.JPG

出口付近のの藪道を抜ければ小金井の一里塚跡。
立派な両塚が残っている貴重なものです。

かつては塚と塚の間を道が通っていました。
どれぐらいの道幅だったかが一目瞭然なのですが
どうも時代によって変遷があるようです。

IMG_6695.JPG

IMG_6697.JPG

資料によると作られた当初は9m。
その後の改修により9.4m+側溝。
そして明治になると5.7mと一気に狭くなります。

これは現国道が明治17年に開通したことが関係あるようで
メインの道筋でなくなってからは農道として生き延びていきます。
おそらく農道だからこの幅でちょうど良かったのでしょう。
昭和50年代まで使用していたと書いてありました。

IMG_6709.JPG

IMG_6708.JPG

小金井宿。

先ほどの新田宿と同じく国道に面しているせいか
残念ながら宿場町の古い趣きは残ってはいません。
ただ古い建築物は皆無ではなく散見することができました。

IMG_6705.JPG

小金井宿の見どころといえば慈眼寺。
明治初年の火災大部分が焼けてしまったのですが
新田一族の祈願所として建立されたということで
立派な雰囲気を感じることができます。

IMG_6718.JPG

宿場を過ぎると再び旧道へと入っていきます。
草道になっていてテンションがあがります。

ウキウキ気分も束の間、
市庁舎建設工事によって街道は分断されてしまいます。

IMG_6719.JPG

田畑や企業の立地で消滅ならばまだ納得がいくのですが、
街道はいわば文化財。市が自ら潰すのは勿体ないですね。
駅が近いし仕方なかったのでしょうか。

IMG_6726.JPG

さて、今回の区間での街道歩きは
宇都宮国道事務所の街道マップも参考にしています。
http://www.ktr.mlit.go.jp/utunomiya/map/index.htm

これによれば、この先は深い藪になっていて、
しかもその中に一里塚が眠っているという記述がありました。

IMG_6735.JPG

IMG_6737.JPG

時はGWなので藪は酷くないと思ってたのですが
人がそれほど入った様子はなく酷いものでした。
結局、塚らしきものは見つけることは出来たのですが
もう何がなんだかで確信はもてませんでした。

IMG_6739.JPG
塚らしきもの?

この一里塚にせよ、先ほどの小金井の一里塚にせよ、
今の時代になっても往時の姿を見ることが出来るのは
明治の早い段階で新道(別ルート)が出来たことが大きいでしょうね。

雀宮宿の手前で柏からの日光東街道と合流します。

IMG_6763.JPG

IMG_6786.JPG

ふと見かけた大きな塚。

この付近に一里塚があったと資料にあったのですが
案内看板がないので確固たる確証はありません。

でも塚はいかにもって感じですよね。
実際のところどうなのでしょう?

IMG_6791.JPG

雀宮と言えば自衛隊の駐屯地としても有名です。
ここには資料館があって無料で見学することができます。

IMG_6793.JPG

このような大きな戦車もズラリ。
所要時間は30分ほどでした。

IMG_6802.JPG

IMG_6800.JPG

雀宮宿。
宇都宮を前にした宿場町です。

宿場町であった目立った遺構はないようですが
本陣跡には立派な碑が立てられていました。

IMG_6804.JPG

雀宮宿のいわれである雀宮神社。
997年に創建とありました。

IMG_6807.JPG

神社付近にあった100キロポスト。
この表記は今の新道である国道の距離にあたるので
旧道だとこれ以上の距離になっていると思うのですが
これでようやく一区切りついたところです。

IMG_6819.JPG

東京街道という標識。
この辺りではこう呼ぶのでしょうか?

IMG_6823.JPG

IMG_6835.JPG
枡形の跡

宇都宮宿に入ってきました。
現在、あちこちで道路拡幅工事が行われていて
宿場手前にあった大きな枡形の跡は消失しつつあります。

宇都宮宿は城下町でもあったので
街道は他の町と同様に城から離れた場所を進んでいます。

IMG_6843.JPG

IMG_6845.JPG

この交差点は奥州街道との追分。

本陣はこの付近にあったのですが、
宿場の賑わいの実質的な中心地は二荒山神社付近で
日光街道はそれをかすめる形で進んでいます。
宇都宮は門前町でもあるわけです。

IMG_6847.JPG

IMG_6851.JPG

古い風情が残る旧道。
交通量は多いですが良い雰囲気です。

宿の規模としては相当大きかったのですが
本陣は2軒、脇本陣は1軒と意外と少ないもので
将軍の日光社参での宿泊は宇都宮城でした。

IMG_6862.JPG

IMG_6868.JPG

宇都宮の郊外から杉並木が始まります。

杉が枯れた影響だからでしょうか。
代わりに桜や紅葉などが混じっています。

本来の旧道は並木の中の車道なので
堂々と真ん中を歩いてみたいものですが
今の時代なかなかそういうわけにはいけません。

IMG_6876.JPG

一里塚の跡。
杉並木の外に設置されています。

IMG_6880.JPG

IMG_6884.JPG

野沢立場を過ぎると徳次郎宿。
下、中、上と分かれた宿場町でした。
下徳次郎宿で今回のゴールとしました。

IMG_6898.JPG



   
   
posted by にゃおすけ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日光道中二十一次 | 更新情報をチェックする