2004年11月15日

SL列車を堪能!!

今回は長浜-米原間の短い区間の乗車だったわけですが
それでも乗車券と指定席券だけで乗れるSLは魅力的で
出発駅の米原駅ではものすごい人だかりでした。

まじかで見るSLはやっぱ迫力がありますねぇ。
機関車を触ると火傷まではいかないものの熱いですし、
運転席はデジタルではなくアナログの機器ばかり・・・。
しかもボイラーの入口から見る光景はすごいの一言!
まるで火が生きている様に地獄という感じでした(怖

今回の牽引機関車は「C56」という機関車。
SLの部類では少し小さな部類に入ります。
アルファベットの「C」は動輪の数を表します。
CはA,B,Cの順で3つ目。ゆえに動輪は3つになりますぅ。
うーん、これってすでに知ってる方多いかな!?

それはさておき、走り出してからのポイントをあげてみますと・・・

1.窓をあけて外の空気を吸う!
2.先頭車両のSLの真後ろに行く!

この2点ですねぇ。
1つ目は普段味わえないSLの煙の臭いを堪能でき、
2つ目はSLのシュシュという音が近くで堪能できます。
(水しぶきが飛んでくることも!?)
こう考えてみるとSL列車って五感で味わうことができる
なんとも面白い列車ですよねー。

posted by にゃおすけ at 16:18 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿ボラボラ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック