2009年10月13日

今、なぜ東海道五十三次!?

ついに先日の10月の3連休に
第一弾を歩いてきましたっ!

DSC00217.JPG

どんな感じで巡ったかは
後ほど詳しく書きたいんですが
今回はその序章でなぜ今思い立ったかを
ちょっと書いてみたいと思います。

なぜ今か!という理由はズバリっ!!

高速道路1000円乗り放題!!

と、言っても
車は全然利用はしません。
行きも帰りも・・・。

DSC00205.JPG


その真髄とはっ!


3連休になると安い高速のおかげで
どこも車は大渋滞・・・
それに嫌気が差しちゃったんですよねー。
1000円高速になるまでは
連休は車で遠出をよくしていたんですが
さすがにキツクなってきました。

そこで余り混雑をしないような
街道をめぐりをすることにしたんです♪

なので、1000円高速が続く限り
街道めぐりはずっと続ける予定・・・(笑)
東海道が終わったら中山道と考えてマス(^^)

今、始めたきっかけはまさしくコレなんですが
もともと下のこともあって歩きたいと思っていました。

★歴史が好き&地理が好き
★日本のスケール感を味わいたい
★冬のスキーためのオフトレ

まぁ、単純な理由ですね(^^;

DSC00182.JPG

そそ、旅には目標があると
より楽しめるというのが持論なので
今回の東海道の旅では

★道中の名所は出来るだけ寄ってみる
★道中の資料館も出来るだけ寄る
★各宿場町の本陣は必ずチェックする
★広重の浮世絵と現地を見比べてみる
★現地の名物料理、お菓子に舌鼓み


こんな感じでしょうか〜
こういうこともあって
1日に歩く距離は20キロ前後で抑えてみました。
一般的には1日30キロペースが多いそうデス(^^;
(ちなみに昔の人は40キロが普通だったらしい・・・)

とりあえず
ゆっくりと楽しんでいきます♪




   
posted by にゃおすけ at 19:42 | 大阪 ☁ | Comment(8) | TrackBack(0) | 東海道五十三次 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あら、ウチの近くいらしてたんですね。
2枚目の写真の場所もすぐ
わかってしまいました。
僕はこの連休信州へ行ってましたが…。

東海道は静岡には趣きのある
宿場町が残ってますよね。
五十三次シリーズ、楽しみにしてます♪
さった峠とか天気良いといいですね。
Posted by oka at 2009年10月13日 21:08
高速1000円は魅力だけど渋滞は時間がもったいない…

合理的な考え方ですね(^^ゞ

スキーのためのオフトレも理にかなってると思います☆

私は
★名所に立ち寄る
★名物に舌鼓み
が同意見ですp(^^)q

広重の絵と実際とを比べてみたいですねo(^-^)o

続きもガンバってください〜♪
Posted by えりこ at 2009年10月14日 00:22
いいですね。
うらやましい。
私も一度は歩いてみたかった。
広重の絵と現地を見比べるのは素敵だと思います。

アフターで話を聞くのが楽しみです。
Posted by エディ at 2009年10月15日 09:42
どうもです〜
東海道中膝栗毛の気分で53次制覇、目指してくださいね〜!
箱根や新居では関所を通るのですか!?
Posted by みょうこう at 2009年10月15日 10:24
>okaさん
おひさしぶりデス
東京から歩いてきて
やっと街道らしい景色が現れたのが
ちょうど2枚目の写真あたりです(^^)
ちなみに昼食は茅ヶ崎の
サイゼリアでいただいてます♪

今回は全行程はずっと晴れだったんですが
雨になるとやや不安があります。
せめて、さった峠やら名所では
なんとか晴れていて欲しいものです。。。
Posted by にゃおすけ at 2009年10月15日 13:56
>えりこさん
広重の絵と実際とを比べてみると
時代は変わってもどこか面影が残ってる部分が
けっこうあったりするもので、
対比はなかなか面白いものです(^^)
Posted by にゃおすけ at 2009年10月15日 13:59
>エディさん
今回の道中では
僕らと同じように京都へ向かう
かなりの年配の方も歩いていて
なんと!テントを背負ってました(^^;

Posted by にゃおすけ at 2009年10月15日 14:04
>みょうこう氏
箱根や新居では関所も
もちろん名所なんで通ります(^^)
でもすでに以前行ってたりするんですが
ずっと歩いてきての関所は
きっと感慨深いものがあるのではーと
ちょっと楽しみにしています♪
Posted by にゃおすけ at 2009年10月15日 14:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック