2009年10月20日

東海道五十三次その2・品川宿→川崎宿

さて、初日の午後編です。

午前中は都内の中心部ということで
信号が多く思いのほか時間がかかったのは
ちょっとした誤算で午後は予定より
1時間もオーバーで出発になりました(^^;

DSC00143.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

14:00 品川駅前
↓ 1.5km 15分
14:15 品川宿
↓ 3.5km 1時間
15:15 鈴ヶ森刑場跡
↓ 7.6km 2時間
17:15 川崎宿


東海道の最初の宿場町は品川です。
品川宿はJR品川駅よりかなり西...

いま、考えると非常に不便ですがー
鉄道開業の明治時代の当時は
SLの火の粉が飛ぶとかで
繁華街の近くに駅を作らない所が多く
品川宿も例外ではなかったようですねぇ。

DSC00146.JPG

品川宿からしばらくは
商店街の中を歩くことになります。
この商店街の道が旧東海道です。

車がガンガン通る国道と違って
気分的にのんびり〜♪

DSC00144.JPG
本陣跡は立派な公園になってました

都内なのに宿場町があるっ!ということで
ここ品川宿ではそれをウリにしてるようで
街角交流館があったり本陣などの案内標識も
しっかりあって好感できる所でした。

が・・・
昔の面影がほとんどナイ!


あるのは道幅と
古いお寺群といった感じでしょうか。
戦災や地震でなくなったから仕方ないのですが…

でも、よく見ると
東海道の間近まで海岸線だったことが
一目瞭然でわかる場所があるんです。

東海道から左側に分岐するいくつもの脇道。
どれもすぐに緩やかな下り坂になっています。

ようするにその先が昔は海だったっ!

と、いうことになります。
確かに広重の絵もそんな感じです♪

DSC00147.JPG

さて品川の宿を出て
次の名所”鈴ヶ森刑場跡
磔にされて串刺し、火炙り、斬首など
実際にその時に使った石などが普通に展示!!

この辺りに住む人は怖くないんだろうか・・・
幽霊も着物姿が多いらしいです(^^;

DSC00153.JPG

大森、蒲田を過ぎて
多摩川を渡るといよいよ神奈川県。
歩いて都内を抜けるっていうのは
なんともいえない爽快感がありました♪

【宿泊】ホテルスカイコート川崎

DSC00154.JPG


  
  
posted by にゃおすけ at 19:47 | 大阪 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | 東海道五十三次 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東海道五十三次はもちろんのこと
一日17km歩くなんて すごいです☆☆☆
日本橋から川崎まで 地図でみてみても
えらい距離ですね〜。
電車から見る景色 車から見る景色 自転車から
またまた歩いてみる景色 違いますよね〜。
りんくうタウンから泉佐野でも 違うな〜って思うことがあるんで 
いっぱい いっぱい楽しい発見がありそう!!!
東海道五十三次ボラボラ楽しみにしてます♪♪♪
Posted by どてっこカメ at 2009年10月22日 22:38
へえ〜。
もうすでに知らないことばかり!
茅ヶ崎は東海道(つまり国道1号線)上に
あって、日常的に通っているのですが
あまり東海道として意識すること
ないもんな〜。
このシリーズマジで面白い!
楽しみにしてます♪
Posted by oka at 2009年10月23日 00:06
>どてっこカメさん
歩くということは
ゆっくり進むということなので
それだけ多く情報が入ってきますねぇ。
東海道に限らず、普段の電車でも
歩きに変えるてみると
ふとした発見があるものです(^^)
Posted by にゃおすけ at 2009年10月23日 14:26
>okaさん
僕も以前、静岡に住んでいた時
国1をよく利用していたのですが
普段意識したことはなかったカモ(^^;

今も新幹線で通ってる時も
そんなに意識はしないので
意識してものごとを見てみると
見えてないものが見えてくる
ってな感じなのかもしれませんねぇ♪
機会があれば是非(^^)
Posted by にゃおすけ at 2009年10月23日 14:30
昔のヒトは東海道が商店街になるなんて、思ってもみなかったでしょうね(^^ゞ

昔の東海道は絵で見たりしか私たちには知る術がないケド

当時の面影が垣間見えたらちょっと嬉しいですねo(^-^)o
Posted by えりこ at 2009年10月24日 12:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック