2009年12月16日

東海道五十三次その8・沼津宿→蒲原宿

今回の区間の見どころは
なんといっても富士山でしょう♪

DSC00553.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

7:50 沼津宿

↓8km 2時間10分

10:00 原宿


広重の絵にも富士山がよく登場するように
富士山に関する名所がよく点在しています♪

そのうちの1つが千本浜公園っ!

DSC00556.JPG
千本浜公園から富士山を遠望

旧東海道からやや寄り道になるんですが
松原から眺める富士山はなんともいいですね〜。

お天気も良く
眺めながら歩けると思ったのですが・・・実はっ!

DSC00562.JPG

ここから田子の浦あたりまで
愛鷹山が邪魔をしてほとんど見えません(^^;

道自体はず〜ぅと
アスファルトに舗装された単調に続きます。

10:15 原宿

↓12km 2時間45分

13:00 吉原宿(昼食)


原宿から吉原宿までは
結構な距離があるんですけども
昔はずーっと田んぼで休憩場はないのか!?
というと、そういうことはありません。

DSC00581.JPG
立圓寺境内には富嶽碑があるだけあって眺めは絶品っ!

前回の記事にある畑宿と同じように
柏原宿というのがありました。
こういうメインの宿場町の間に
ミニ宿場町というのが「間の宿」(あいのしゅく)
ただし、宿泊はできない決まりがあったようです。

DSC00586.JPG
沼の水を海に流していた放水路(元のは江戸時代)

柏原宿の辺りには昔は
大きな沼が広がっていたようで
ウナギが名物だったとか。
今は想像もできませんね〜。

DSC00597.JPG
大きな工場が見えてくると吉原も近い

吉原に近づくと富士山が
どんどん近づいてるのがよくわかります。

ここで東海道の進路が北に向きます。
今思うとそのまま西に行けば近道なのにですが
当時は宿場が高潮などの影響で流されたりと
吉原宿の場所が3回も変わったそうでー、

その結果!生まれたのが

名所の「左富士」

DSC00606.JPG
ずーっと右に見えてた富士山が左にっ!

今までずっと右側に見ていた富士山は
ここだけ左側に見ることができるのです♪
ちょっと不思議な気分・・・!?

DSC00610.JPG
つけナポリタンっ!!!

そそ、今、富士市で流行ってるのは
つけナポリタン」というB級グルメだそうで
吉原宿をはじめ市内のあちこちに
上の写真のようなのぼりが立ってました。

DSC00609.JPG
吉原宿は地方の繁華街といった雰囲気

味は・・・ちょっと薄味?
量の割には値段が高めで残念でしたが
なかなかスープは凝ってましたよ〜

13:40 吉原宿

↓12km 3時間20分

17:00 蒲原宿


蒲原宿の手前では富士川を渡ります

DSC00639.JPG

遮るものなしで見れる富士山は
実にいいものですね〜♪

これまでの道中で写真を撮ろうとしても
家とかで邪魔されてましたから(^^;

DSC00621.JPG

蒲原宿の手前になると
富士山は僕の背の方角になってました。

朝、沼津を出た時は
ずーっと前方にあったんですが
今回えらい距離を歩いたなと実感っ!

DSC00642.JPG
蒲原の手前の間の宿の岩淵も良い雰囲気


そういや、
静岡に以前住んでいたけど
こんなに富士山を眺めたのはなかったなぁ・・・

DSC00656.JPG
今日の目的地の蒲原宿では日がもう暮れてました

新幹線だとあっという間だし
車でもあっという間。
でも歩くというのはゆっくりで大変だけど
富士山をじっくり見るという点では
最高の手段なのかもしれませんねぇ。

  
posted by にゃおすけ at 20:10 | 大阪 ☀ | Comment(8) | TrackBack(0) | 東海道五十三次 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いよいよ富士山とこまで来たんですねぇ〜☆
にゃおすけさんのブログみてると 富士山が格別
なものに思えます。
遠くから見たり 近くから見たり
左側やったり 後ろ手にあったりと 同じ山でも
違う味わいなんでしょうねぇ〜。
ステキですね♪♪♪ 素晴らしい!!!
Posted by どてっこカメ at 2009年12月16日 23:00
にゃおすけさん、お帰りなさい。
今回の旅は、ずっと富士山と一緒だったのですね〜。
どこ歩いても富士山に見守られてるようで、
なんとも羨ましい話。
(神様みたい)
「つけナポリタン」って初めて聞きました〜。
Posted by なぁな at 2009年12月17日 01:00
わ〜(*^_^*)
どの写真も富士山キレイ♪

まるでカレンダーみたいですね〜☆

特に千本浜公園からの富士は、フツーの街中に現れた蜃気楼みたい(^^)

私は富士山を高速のパーキングから観たことしかないんですが、

遠くても十分カンドーして写真撮ったの覚えてますo(^-^)o

日本一の山をずっと眺めながら歩けるなんてサイコーですね♪

うらやましいです(*^_^*)

ナポリタン自体、汁に浸かってないのに“つけナポリタン”とは想像つかないです☆

中部地方のヒトは発想が豊かですね^^
Posted by えりこ at 2009年12月17日 01:06
>どてっこカメさん
富士山は冬と夏とでは
同じ晴れでも見え方が違いますねぇ。
もちろん雪があるとないとの違いもあるんですが
冬は空気が澄んでいてとても綺麗に見えます♪

ちょうどこの日も澄んでいて
いい感じの富士山が見れたのですが
こういうときって寒いのが相場・・・
歩いてる分には暖かいのですが
止まると一気に体が冷えてきました(^^;

Posted by にゃおすけ at 2009年12月17日 09:49
>なぁなさん
この区間は
天気が悪くて富士山が見えないと
道的に単純な場所が多いので
なんとか晴れてラッキーでした♪

「つけナポリタン」は富士宮焼そばに続く
この辺りのB級グルメだそうで
静岡に以前住んでいた僕でも
全然知りませんでした〜。
それもそのはず、出来てここ5年ほどなんで
もしかするともう少し経ったら
全国区グルメになるかもしれません(^^)
Posted by にゃおすけ at 2009年12月17日 10:00
>えりちゃん
富士山は町中でも名所でも
どこから見ても絵になりますねぇ〜♪

写真の撮りたい箇所が
結構あったのですが行程的に
時間が迫られている部分もあるんで
涙を呑んで先に進んだことも
よくありました〜

またそういうトコに
再訪してみたいところです(^^)
Posted by にゃおすけ at 2009年12月17日 10:15
エボルタくんの応援ツイッターから飛んできました。
すてきな写真ですね。
左富士という名称がよく分かりました。

ありがとうございました。
Posted by eve_ko at 2010年10月13日 17:09
>eve_ko
コメントどうもありがとうございます☆
もし実際に見られるとしたら
寒い日の朝が特におすすめです♪
Posted by にゃおすけ at 2010年10月14日 00:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック