2010年09月27日

東海道五十三次その19・宮宿→佐屋街道佐屋宿

今日も暑くなりそうだ。

DSC01521.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

8:30発 熱田(伝馬1丁目分岐点)

↓8km 90分

10:00発 岩塚宿


本来の東海道はこの区間、
宮から七里の渡しを使って船で桑名へ移動。
っと、昔の人はここから楽が出来たのですが・・・。

今は、そういう渡し舟もありません。
なので、この区間、電車で移動っ!!
と、なったらずっと歩いてきたのに
なんかもったいないですよねぇ(^^;

DSC01523.JPG

そこで今回は東海道の脇往還で知られる
佐屋街道を桑名まで歩いて行くことにしました。
実際のとこ、佐屋街道は悪天候で七里の渡しがダメな時や、
女子供、船が苦手な人にはかなり使われたそうで
本道との違いも今回の見どころの1つです。

DSC01528.JPG

宮からスタート。
横には大きな熱田神宮の境内が広がり
金山駅手前で分岐点に差しかかります。
ここには道しるべが。

名古屋市内は空襲が激しかったせいか
この辺り道路も広いし昔の面影がないのですが
こういうのを見ると街道歩きの気分が高まります♪

DSC01531.JPG

近鉄の高架を越えるまでは
市街の町並みが途切れることなく続いてます。

なので
信号が多くて歩きにくい・・・(笑)

それにしても名古屋市内は
喫茶店がやたらと多い。
あちらこちらと店がありました。

DSC01538.JPG

10:00発 岩塚宿

↓10km 120分

12:00発 神守宿

DSC01540.JPG

岩塚&万場宿を過ぎると
次の宿場町は神守宿。

やはり脇街道ということもあって
どこも宿場町は小さい。

ここが宿場町です!!
という看板もほとんどないし・・・。

DSC01555.JPG

もっとも、街道の案内板も
ほとんど見かけることがなくて
今回の道中は何度か道に迷いました(^^;

まあ、東海道ですら看板少ないですし
この辺りは脇街道なので仕方ないのかも。

DSC01537.JPG

でも道路にはヤジキタの絵があったり
古い家があったり道路が狭くうねうねしていたりと
街道なんだなってわかって嬉しくなります♪

DSC01549.JPG

ようやく9月中旬になって
気候のほうも涼しくなってきました。
でも、日差しが出るとやっぱ暑いもので
お肌がヒリヒリと痛く感じます(^^;

DSC01544.JPG

12:00発 神守宿

↓9km 120分

14:00発 佐屋宿


田園風景が広がる光景。

DSC01564.JPG

今回は佐屋宿の少し手前で終了です。
ここからは昔は三里の渡しで桑名へ向かったそうです。

結局、最後は船かいっ!
だったら最初から七里の渡しで行けば・・・

と、思うのですが
今と違って転覆やら事故が多かったようなんで
少しでも距離を歩きで稼いで行きたかったんでしょうねぇ。

DSC01567.JPG

次回はいよいよ木曽川を渡って三重県です☆


  
posted by にゃおすけ at 20:20 | 大阪 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 東海道五十三次 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エボルタのところでは、フォローありがとうございました。
そうですか、街道歩きの方でしたか。
ぼくも歩いています。
東は藤沢まで、西は四日市。
最近野暮用に追われてなかなか歩けないでいます。


実家が神守宿の近所なんですよ。
山車蔵をご覧になりましたか?
あのあたりはまったく地元なんですが、街道歩きを始めるまで道中奉行支配下の宿場だとはまったく知らず。
道路元票とか神守村役場とか。


Posted by くじら山こうじ at 2010年10月28日 07:44
>くじら山こうじさん
ブログのほうさっそく拝見させてもらいました☆
東海道歩いてられるのですね〜!

神守宿がご近所とは!!
最近通ったばかりで記憶が鮮明です。
山車蔵は残念ながら中を見てません(^^;
宿場だけに探せばいろいろありそうです。
この辺りはよく通ってますので
今度また寄ってみたいと思います♪
Posted by にゃおすけ at 2010年10月28日 11:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック