2010年11月12日

東海道五十三次その26・石部宿→大津宿

秋晴れの中スタートっ!

DSC02038.JPG

石部駅の駅前には
宿場をアピールするモニュメントが。
簡単な解説がしてありました。


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

実は関西に住んでいながら
石部という地名すら知りませんでした。
東海道を始める前は・・・(^^;

DSC02053.JPG

石部宿の今は結構こじんまりしています。
昔は京を立つとここで一泊というのが
多かったそうですねぇ〜

この辺りでの名物といえば”田楽”
宿内には田楽料理を出してくれるお店があります。
広重の石部宿の絵は田楽のお店を描いてますネ。

DSC02062.JPG

おや?と思ったのがこの辺りの表札。
大きな家のものを見るとほとんどの確率で
「奥村」さんなんですよ〜

土山では「土山」さんが多かったのですが
この辺りの豪族だったのかもしれません。

09:00 石部宿

↓ 15km 3時間半

12:30 草津宿本陣


DSC02041.JPG

宿場を出ると川沿いに進みます。
地元のお年寄りに聞くと昔は駅前からこの先
ずっと松並木だったとのこと。

道に迷ったりすると
よく声をかけて教えてもらうのも
東海道の歩く楽しみのひとつです(^^)

DSC02043.JPG

ほどなく行くと金山にぶちあたります。
昔はここで結構金が取れていたそうです。

その山の手前で、まっすぐのJR線沿いの道ではなく
旧東海道は左折して山の中に入っていきます。

距離的にもまっすぐのほうが短いのになぜ!?

実は、JR線沿いの道も下道と言われて
東海道として使用してる時もあったようですが
隣を流れる川がよく氾濫するということで
この上道がメインだったそうですね〜。

DSC02049.JPG

その山道を抜けると近江富士の山容が見え
名神高速の下をくぐっていきます。

あっ、この看板!

高速を走ってるとよく見かけます。
この看板の下って東海道だったんだ・・・
と、新たな発見でちょっと嬉しくなったり。

DSC02051.JPG

それにしても
ゆっくり眺める近江富士は綺麗ですね〜

DSC02074.JPG

DSC02066.JPG
これが旧和中散本舗。さすがにデカイ!

六地蔵を過ぎ、大きな商家の旧和中散本舗
この辺りは旧道が綺麗に整備されていて
歩いていて気持ちがいいですねぇ。

旧和中散本舗は薬を売っていたそうです。
異様なほど大きい建物は当時の繁栄を伺えます。
庭園も立派だそうで予約をすれば見学OK。

DSC02078.JPG
草津宿手前の町並みもとってもイイ!

僕の時は法事かなにかされてて無理でしたが
いつかまた寄りたいところです。

DSC02087.JPG

DSC02094.JPG

ここに来て国道1号の看板に初めて京都の文字が。
ようやく京都が近くなったことを実感しますね〜

DSC02098.JPG
草津川の土手にある常夜灯から眺めはgood

さて草津宿に入ります。
その手前に草津川という天井川を渡るのですが
今はルートが大きく変わり付けかえられ
水は全然流れていません。

ですが、昔は水は流れてましたから
ちょっとした難所だったようです。
橋は架けておらず歩いて渡る・・・。

DSC02101.JPG

水深は深くなかったようですが
京から来る人にとって初めての難所。
どういう気持ちで渡ったでしょうね〜

DSC02105.JPG
追分の灯篭。左へ行くと中山道でした。

さて、中山道との合流点。追分です。
もう草津本陣はすぐ近く♪

DSC02108.JPG

本陣は昔のまま残ってる
なかなか見ごたえのある遺構っ!
さすがは京都から来るとここがちょうど良い
休憩の位置にあるからか宿帳には
有名人の名前が多く連ねてました。

DSC02122.JPG

草津宿はいい感じの町並みが広がっています。
東海道の中にアーケードがあったり
宿場町は廃れているところが多い中
心地よい活気があって良い感じ♪

注:写真にはたまたま人は写ってませんが(^^;

DSC02124.JPG

資料館には体験ものが豊富で
東海道双六や宿場の当てゲームなど
ちびっ子も楽しめる面白い場所でした。

DSC02133.JPG

DSC02126.JPG
草津といえばこの立木神社

14:00 草津宿本陣

↓ 10km 2時間20分

16:20 石山駅


DSC02142.JPG

本日は途中の石山駅まで。
旧東海道は草津宿からは意外とアップダウンがあり
しかも道幅は狭く抜け道になってるので
ちょっと疲れてしまいました(^^;

DSC02140.JPG

ため池が多い街道筋を行き
近江八景の瀬田の唐橋が近づいてくるとゴール。
ここもいい雰囲気の商店街がありました♪

DSC02169.JPG

さぁ、次はラスト!
行くぜ!京都三条大橋!!

DSC02164.JPG
あの山の向こうには京の町が・・・

  
posted by にゃおすけ at 21:57 | 大阪 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 東海道五十三次 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まるで時代劇のセットのような街並み
やさしい気持ちにしてくれそうな
人との触れ合いもありそうでいいですね。
名神高速は長く通ってませんが
来月大阪から近江八幡に親を送って行くので
(その後静岡向け)
下りの看板確認できるかなぁ・・
明日は続きを歩かれるんでしょうか
楽しんで気を付けて歩かれて下さい。
Posted by やち姉 at 2010年11月12日 23:21
>やち姉さん
近江八幡手前でしたら
看板を確認できるかもしれませんね♪

絵は良く見ると大名行列なんですよね。
今まで看板を見てなぜ?ここに?と思ってたんですが
この街は東海道が通っていたということで
謎がひとつ解けた気分です♪

東海道の次回は11/20(土)
もしかしたらエボルタ君と同じ日かも(^^;
Posted by にゃおすけ at 2010年11月13日 20:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック