2010年11月26日

東海道五十三次その28・大津宿→京都三条大橋(2)

さぁ、ラスト!
ゴールの三条大橋への道のりです。

DSC02396.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

あと1次・・・。
東海道を走破するぞと思って約1年。

よくぞ、ここまでやってきた感があります。
足もいつのまにかたくましくなり、
長距離の歩きの苦痛も全くなくなり

沿道の応援やtwitterでの応援に励まされ
今までの出来事などを思い出しながら
最後の道のりを歩いていきます。

DSC02398.JPG

12:45 大津宿本陣

↓11.5km 3時間

15:45 三条大橋


京都までは山を2つ越えるんですが
電車に乗ってるとそんなに難所という
イメージはないんですよね。

ところがどっこい!

DSC02400.JPG

国道1号に合流すると
半端のない車が走りまくってました。

歩くほうも勾配をあげていくので
息を吸う回数が増えるのですが
排ガスでたまったものではありません。

それでも、進むルート上の
国道の看板の京都の文字を見ると
あと少し!と、気合が入ります。

DSC02399.JPG
名神高速の高架橋。下から見るとかなり古い!!

この辺り
京阪京津線と名神高速、国道1号。
山間の狭い谷といった感になっていて
旧東海道は京阪電車の路盤に
使われてる部分もあるようですね。

DSC02407.JPG

逢坂の関に来ると1つめの難所をクリア♪
ここを過ぎると少し旧道へ。

蝉丸神社など風情たっぷりのこの区間。
紅葉がちょうど見頃でした。

DSC02417.JPG
国道から1つ横の旧道に入ると時間が止まった雰囲気・・・

DSC02423.JPG
国道の487キロの標識

DSC02420.JPG
この区間、交通機関が狭い谷合いに集中

名神の高架をくぐると追分です。

追分というのは
街道の分岐点に多い地名ですが
ここの追分は東海道同士の分岐になります。

DSC02425.JPG

なぜ?東海道同士なの!!?

東海道五十七次というのがあるんですが
東海道自体は大阪までの道だったわけです。

家康制定時は大阪に豊臣が健在。
豊臣や西国大名の警戒から作られず
大阪の陣で滅びてから大阪へ延長になりました。

DSC02428.JPG
左は大阪、右は京への道

その延長の道はこの追分から分岐。
京の町は避けて通る形になっていました。

DSC02430.JPG

DSC02433.JPG

さて、
追分あたり風情ある町並みを過ぎると山科。
だが、山科付近の旧道は狭く交通量が多い・・・。

でも、そんな中でほっとするのは
京風の古い家々。天窓の櫓がある家もあったり
築150年の家の商店があったりと
町並みの良さに目が癒されます。

DSC02442.JPG

山科を過ぎると山越えもいよいよ最後!

目の前の山の裏側には方角的に清水寺。
清水寺といえば観光で来た東海道の旅人は
まず寄った観光地だそうですね。

DSC02446.JPG

山越えの旧道は途中まで狭く細い道が続きます。
そして結構な勾配・・・・

DSC02451.JPG

DSC02458.JPG

国道に合流して道路の看板標識に
三条大橋の文字を見るとあともう少し!

DSC02465.JPG

一気に行くとすぐですが
ここはあえて小休止。

twitterの応援メッセージを眺めます。

ウルッとくるようなメッセージも中にはあり
いろんなこと今までのこと思い出しました。

三条大橋までの道はあとは1本道。
ガイドブックはもう必要がありません。

リュックにしまい、いざ三条大橋へ!

DSC02467.JPG

蹴上あたりで京の町を遠望。

とってもいい景色。

全てはこの日の景色を見るために・・・
実は京都へ1年間近づきませんでした。

DSC02471.JPG

観光客が多くなって
やがて三条大橋が見えてきました。

DSC02483.JPG

ゴーーーール!!!

夕日に映える三条大橋。
感無量です!!

東海道五十三次バンザイ!!

DSC02508.JPG
夜は清水寺へ。美しい!!

応援してくださった方ありがとうございました!

なお、次回更新では東海道のこれまでの総括と
エボルタ君のゴールのことを書こうと思います♪


  
posted by にゃおすけ at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(12) | TrackBack(0) | 東海道五十三次 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れさまでした。
このような、体験はそうそうできるものではないですよね。前にもツイッターで書きましたが、普段、見慣れている所でもゆっくりと歩いてみると新たな事が見えて新鮮な感じになります。
あ〜、自分も…なんて、ついつい思っちゃいます。
こんど、最初からゆっくりと読み返してみたいです
Posted by どかどか at 2010年11月26日 21:11
いい旅をされましたね。
旧東海道は地元の私も通ったことない道です。
にゃおすけさんの写真、初めて見る景色でした(^o^)
お疲れ様でした。
次はどんな旅をされるのかなぁ〜
Posted by dumbomama at 2010年11月26日 21:55
>どかどかさん
是非、挑戦しちゃってください♪
いきなり53次をするのは大変な計画ですから
お近くの三島〜箱根なんていいと思います。
きっと歩かないと見えないものが
見えてくると思います(^^)

例えば、抜け道とか・・・

今回、通った以前住んでいた清水で
こういう発見がいっぱいありました。
大阪に住んでる今は必要ない知識ですが・・・(^^;
Posted by にゃおすけ at 2010年11月26日 22:03
>dumbomamaさん
本当にいい旅でした。
それは旅のスタイルに刺激を与えたほどで
歩くことによって得られるものは
かなり多いものだと思いました(^^)

次回は・・・
多分また歩きの旅かな!?
いろいろと挑戦していきたいですね♪
Posted by にゃおすけ at 2010年11月26日 22:14
改めましておめでとうございます。
1年間京都に近づかなかった
ってにゃおすけさんの思い入れが
すごく伝わりました。
排気ガス嫌ですね。体は勿論
情緒まで壊されます。
清水寺そのうち絶対行きます。
(歩きじゃないけど)
京都タワーはろうそくみたいと
初めて見た時思ったのですが
後ろに白く見えているのはやっぱり
ろうそくデス(笑)
57次も楽しみにしてます。
今回もいいもの、有難うございました。
Posted by やち姉 at 2010年11月26日 22:29
こんばんは、キクです。
ツイッターの情報!ありがとうございます。
さっそく、コメント 書いちゃいました。(笑)
私も、57宿 楽しみにしてます。
来年、姫街道の時は、是非、連絡してくださいね。
それまで、体力つけときますね。(笑)
Posted by キク at 2010年11月26日 23:42
>やち姉さん
京都タワー確かにロウソクですなぁw

今回の東海道チャレンジは全般的に車との戦いでした。。。
これはエボルタ君の映像からも伝わってると思うのですが
狭い区間で飛ばしてくる車には恐怖に感じることも。

排ガスも確かに辛かったですね。
一時、マスクも試してみたんですが
息苦しくてすぐにやめちゃいました(^^;

こうやって無事にゴールできて
本当によかったです(^^)
Posted by にゃおすけ at 2010年11月27日 11:17
>キクさん
是非、一緒に歩きましょう♪
twitterを通じて同じことを応援して
知り合えて本当によかったです。

エボルタ君もチャレンジしてなかったら
地味な趣味のまま終わってました(^^;

ありが東海道!!!
ホント今回のチャレンジはそう思います☆
Posted by にゃおすけ at 2010年11月27日 11:20
約一年をかけての東海道制覇、おめでとうございます。
いい時期にゴールを迎えられましたね。
紅葉が目にしみます…。

国道1号はうちのほうでもずっとこんな感じですが、たしかに車が怖い(^^;)

長い道中、逆にあまり人がいないという場所も多そうですが、
にゃおすけさんはずっとお1人で歩きとおされたのですか?
場所によっては、連れがいたほうが安心なのかなあと思ったりしています。

500kmの道のりを一歩一歩、歴史を思いながら歩くのっていいですね。
きれいなお写真に詳しい解説をありがとうございます。
いつか私も歩くぞぅ(*≧∇≦)/
Posted by プルコ at 2010年11月27日 11:59
>プルコさん
東海道ホントおすすめですよ(^^)

道中では1人の区間が多かったのですが
日本橋を出発時した時は他に3人いたり
三条大橋でも他に2人いたりと
スポット的に仲間が参戦してくれました。

やっぱ1人の時に比べて
同じことを共有できるのはいいですね♪

次回はtwitterで募集かけちゃおうかな(^^)
Posted by にゃおすけ at 2010年11月27日 12:41
にゃおすけさん、はじめまして
twitterでフォローありがとうございます
ご挨拶が遅れまして、お恥ずかしいかぎりです

エボルタ君の時はツイートやHPを参考にさせていただき
より楽しく応援できました(笑)
ありがとうございました

私自身も歴史が好きで、街道を歩きたいのはやまやまなのですが
時間的に無理なので、たまに近畿圏の山城に登っています
これはこれで楽しいです

家の近くには西国街道が有ります
もう、ずいぶん前に廃業されたのですが
江戸時代から続いていた油問屋の娘さんが小学校の旧友にいまして
その家は奥から油の運び出し用のレールが街道の前に出ていたのを覚えています

近代化や観光化は時代の流れで仕方ないのかもしれませんが
ヨーロッパの古都のように日本もうまく歴史の良さを感じられる様に遺して欲しいですね

時々、こことtwitterにコメントさせていただきますので
これからもよろしくお願い致します
Posted by lambeth_rd at 2010年11月28日 10:51
>lambeth_rdさん
おぉ、あのアイコンの方ですね(^^)

山城に登っているとは!!
趣味が似てる部分があるかも♪
僕の歴史好きの原点は
信長の野望というゲームでして
城めぐりから最近は街道めぐりの流れで
エボルタ君では東海道うんちくを・・・w

西国街道はいずれ歩いてみたいです♪

歴史の良さを感じられる様残す取り組みは
東海道では土山あたりが活発ですね。

今の町並み保全は前の前の町長さんが
危機を感じて乗り出したのが始まりだとか。
こういう町がどんどん増えてきて欲しいと
願わずにはいられません。

是非、歴史談義しましょう
こちらこそどうぞよろしくですっ!
Posted by にゃおすけ at 2010年11月28日 21:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック