2011年01月11日

東海道五十七次その3・橋本→守口宿

京阪の橋本駅よりスタートっ!

橋本は元”遊郭”の町だっただけに
装飾の立派な建物がいっぱい・・・。

今まで歩いてきた宿場町と
一風変わった雰囲気がたまりません♪

DSC02847.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

今回はUSTの生中継で実況放送を
twitterで告知し20分ほどやってみました。
この区間の模様は動画として残してますので
興味のある方は是非ごらんください(^^)



9:00 橋本駅前

↓10.5km 3時間30分

12:30 枚方宿


さて、遊郭街を抜け踏切を渡ると
いきなり細い農道に入っていきます。

DSC02849.JPG

この農道。実は東海道ではありません。
周りの開発などでこの区間の道は
なくなっちゃってるんですよね・・・

街道歩きにはこういうことよくあるのですが
こういう時は元のルートに近い道を
選んで歩くようにしています。

DSC02854.JPG

しばらく行くと道の色に変化が!

”京街道”

ここに来て
ようやく街道の案内板が出てきました。

DSC02858.JPG

石畳もあったりー。
一見、住宅街の中を歩く感じですが
よーく見ると遺構が結構残っています。

DSC02862.JPG

たとえばコレ!

アスファルトの端っこを見ると
古い道の石の下敷きが残ってるのがわかります。
今の道はその上にアスファルトを敷いたのでしょうね。

DSC02870.JPG
大阪まであとわずか!

IMG_1138.JPG

河内の国の一ノ宮。片埜神社
本殿はかなり古く一の宮に相応しい重厚感・・・。
そういや一ノ宮って河内の国にはもう1つあって
枚岡神社がそうでこちらは梅の名所です♪

DSC02887.JPG

さぁ、いよいよ枚方宿。
雰囲気の良い家並みが現れてきました。

DSC02918.JPG

宿内には”東海道”の看板もいっぱい。

ここ枚方宿は東海道に力を入れてるようで
資料館も豊富に点在しています。

DSC02917.JPG

そのうちの”くらわんかギャラリー”
江戸から歩いて来たと伝えると、
”くらわんか節”を生声で歌ってくれました

DSC02948.JPG

”くらわんか”って
大阪弁で(というより河内弁かな)
食わないかい?食えって意味で
船で売り子が”くらわんか”と言いながら
枚方の名物を売っていたそうです〜。

DSC02951.JPG

13:00 枚方宿

↓13km 3時間

16:00 守口宿


DSC02958.JPG

駅名にもなっている
光善寺を過ぎると淀川の堤防へ♪

DSC02970.JPG

今と、昔ではだいぶ光景が違うようですが
所々に堤防下に古い家が残っていたりと
ここは東海道なんだなと納得できます。

しばらく堤防沿いを進むのですが
北風が結構きついものですね・・・
冬場は大変だったのではと思います(^^;

DSC02987.JPG

淀川の堤防を降りると旧道を進み
やがて一里塚の跡に到着。
京都を過ぎて一里塚の跡は
ほとんどなかっただけに嬉しい光景!!

DSC02994.JPG

DSC02989.JPG
一里塚の手前ではこんなところも通りました

守口宿はなかなか雰囲気良い町並みです。
細い東海道は周囲より一段高くなっています。

DSC03010.JPG
奈良へ分岐する街道は石段で堤を降りていきます

それもそのはず
この辺りも昔は淀川の堤防の上!
大阪では有名な”文禄堤”と呼ばれています。

DSC03011.JPG

高い建物と古い家の対比が
なんとも面白いですよねー。

次はいよいよ
大坂高麗橋終点!!

町の景色もだんだん
都会の感じが強くなってきました。


  
   
posted by にゃおすけ at 22:20 | Comment(4) | TrackBack(0) | 東海道五十三次 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
枚方の東海道は
解りやすくするために
道路の色を変えてある。と
どなたかのブログで読みました。
いつ頃からそうされたのでしょうかね。
通っていても子供の頃は
全く気が付きませんでしたが
枚方市駅近くの家の軒の低さは感じてましたね。
当時見てなかった風景も
にゃおすけさんの写真で
なぜか懐かしさを感じてしまいました。
Posted by やち姉 at 2011年01月11日 23:59
>やち姉さん
枚方の東海道の道路の色を
わざわざ変えてくれているのは
歩いていても心地いいもので
なんとも嬉しいですねー♪

枚方は都会の印象があったんですが
駅近くでも懐かしい光景がいっぱいで
なかなか奥が深くって
また再訪したくなりました(^^)
Posted by にゃおすけ at 2011年01月12日 11:15
いいですねー!
枚方には、叔母がいるのですが、こういう街道めぐりはまったくしたことがないのです。
にゃおすけさんのブログで、「ここぞ」という見所をを押さえてくれるので、ものすごく魅力倍増ですねぇ。
そこここに見える旧街道の名残を発見したら、テンションあがりますよねー!!
わかりますわー!!

一里塚とか、ポツンと時空が・・・

くらわんかもち食べたい!!
Posted by lako at 2011年01月12日 21:54
>lakoさん
旧街道の名残を見つけると
ほんとテンションがあがります(^^)

大阪に近づくにつれ
あれほど道中で見かけていた
一里塚の跡が全然なかっただけに
嬉しさも倍増デス!!

くらわんか餅。
確かどこかのお店で頂けたと思います。
僕も食べてみたいです〜♪
Posted by にゃおすけ at 2011年01月13日 11:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック