2011年07月12日

中山道六十九次その5・柏原宿→関ヶ原宿

県境の山間を進みます。

DSC03793.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

柏原宿を出て
東海道線の踏切を渡ると

立派なカエデ並木を発見っ!

DSC03801.JPG

DSC03802.JPG

江戸時代、日よけなどの為に
街道に松や杉、楓が植えられたのですが
ここまで立派な楓並木は見た事ないかも。

DSC03799.JPG
東山道はコチラ。中山道以前のメインルート。

岐阜県へGo!
いよいよ美濃の区間に入りました。

DSC03806.JPG

この辺り、
宿と宿の間隔が短いので
中だるみせず歩けるのは
実にいいことです(^^)

DSC03810.JPG

岐阜県、最初の今須宿です。

立場のような雰囲気・・・
宿場町のイメージとは遠いですが
そんな中でも本陣の看板とか見つけると
やっぱ嬉しくなりますねぇ〜

DSC03814.JPG

この先、今須峠が控えています。
今は大したことがない峠でも
昔はここで一服して臨んだのでしょうか。

DSC03821.JPG

DSC03822.JPG

峠を過ぎ、東海道線の
古い煉瓦のトンネルを横目に見ると
ほどなく、不破の関。

DSC03825.JPG

古代の関所の跡です。

関所といっても
江戸時代のような感じではなかったようで
京でおこった災いとかの一大事の時は
門を閉じて他地方へ混乱するのを
未然に防いだとか。

DSC03827.JPG
不破の関は豪雨・・・

今須峠ではまだ咲き始めだった
紫陽花がこの辺りまでくると綺麗♪

街道歩きは
四季おりおりの光景を
ゆっくりした時間で楽しめます(^^)

DSC03826.JPG
関所の横にはこんな綺麗な滝が

関ヶ原宿。

そう!関ヶ原は宿場があったんですねー!

あまりにも合戦場のイメージが強いので
自分も意外な感じがしました。

DSC03829.JPG

歩いてると出てくる有名な武将の名前。
戦国好きにはたまりませんよねぇ。

関ヶ原宿内には国道が通り
そのせいか江戸期の建物は比較的少な目。
逆に昭和のレトロな建物がいい感じで
残っていて目を楽しませてくれます。

DSC03833.JPG

雨は相変わらず大降り(^^;

DSC03834.JPG

そそ、今回から秘密兵器!
ルートマップを表示するのに使ってるiPadを
雨から守るためにこれを使ってます。

3重にジップロックする感じで
首からタスキ掛けして快適そのもの♪

DSC03836.JPG

見た目は・・・?ですがw

雨の日も普通に歩けます(^^)


  
  
posted by にゃおすけ at 19:27 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 中山道六十九次 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック