2011年07月15日

中山道六十九次その6・関ヶ原宿→美江寺宿

さぁ、垂井宿まで来ましたっ!

DSC03842.JPG
まだまだ雨は降り続きます〜


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

DSC03846.JPG
宿の手前にはこんなに大きい一里塚が

この先の追分で
美濃路と中山道と分かれるので
比較的大きな宿場になっていました。

DSC03854.JPG

地名というのは
何か理由があって付けられたものが多いですが
ここ垂井のポイントは”井”

垂井のいわれは
”垂井の泉”という涌き水からでした。

DSC03866.JPG

大きなケヤキの下から
コンコンと湧き出る水は

驚くほど綺麗!!!

鯉も気持ち良さそうに泳いでる♪

IMG_2545.JPG

きっと、
伊吹山からの伏流水と思いますが
近くの醒ヶ井宿の水と同様に
この辺りの水は最高に綺麗ですねぇ。

DSC03873.JPG

古い旅籠が
ちょうど枡形のあたりで
今も営業していました。

亀丸屋旅館さんです。

DSC03868.JPG

そそ、
各家には昔はここはどんな家だったのか
小さくも立派な看板が掲げられてました。

ちょうど道に対して直角にあるので

西からは来ると漢字
東からはひらがな

で、書かれてあります。

DSC03872.JPG
これがその看板です〜

なので、方向がわからなくなったら
これらの家の看板を見ると一目瞭然!
ってなわけですね〜。安心。

DSC03881.JPG

次の赤坂宿も
なかなか見所のある宿場町でした。

DSC03891.JPG

宿の真ん中で
街道と街道が十字に交差しています。

DSC03899.JPG

どうです。
この家々の重厚感!!

DSC03897.JPG

DSC03896.JPG

美濃に入ってからは
黒い壁の家が多くなってるのですが
なんとも言えない雰囲気ですよねー。

少し先に行くと赤坂港資料館。

今は川が付け替えられ
港の雰囲気は狭い感じですが
この辺り海運で賑わっていたそうです。

DSC03901.JPG

資料館の係の人とちょいとおしゃべり。

雨なので
この日、初の来客だとか。

今の時間はもう15時なのに(^^;

DSC03904.JPG

宿を出てしばらく行くと
田園風景の中を歩いていきます。

DSC03908.JPG

直角カーブをいくつも過ぎ、

中山道標識があったんですが
なにやらよーく見ると、、、

DSC03911.JPG

IMG_2558.JPG

うぉ、マジ感動!!!!

きっと、付けてくれた方は
僕がこれを見ると見越した上で
ここに貼り付けてくれたのでしょうか。

そう思うとさらに嬉しくなりました。

DSC03921.JPG

この辺りから輪中の家並みが続きます。
洪水対策から家々の土台には丸い石垣。

DSC03925.JPG

そういう家々を見ながら揖斐川を渡り、
本日のゴール美江寺宿に到着デス。

DSC03933.JPG

そそ、
近くの公共施設の前に
プチ中山道、岐阜県区間編を発見。
さっそくチャレンジしましたよー。

こういうの好きw

DSC03941.JPG

美江寺宿は小さい宿場町。

名前になった由来のお寺は
移転してしまってここにはないのですが
宿場名に名前が残っているあたり
相当大きなお寺だったのでしょうか。

DSC03936.JPG

その名残が観音堂の敷地。
元のお寺があった場所です。

小さな宿場町なのですが
城跡もあったり歴史を感じますねぇ。

  
  
posted by にゃおすけ at 20:06 | 大阪 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 中山道六十九次 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は垂井の丸亀旅館に泊まりました。古いけどお婆ちゃんが一人で頑張っていました。夏は冷房がないので休みです。婆ちゃん何時まで頑張れるかなと思っています。
Posted by もと中年ケニア at 2011年07月15日 22:04
>もと中年ケニアさん
夏はお休みなんですかー!
宿の前に綺麗に並べてある花に
とても好印象をもってしまいました。
こういう宿にいつか泊まりたいですねぇ。
なるべく早いうちに。
お婆ちゃんに会ってみたいです。






Posted by にゃおすけ at 2011年07月15日 22:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック