2011年08月22日

中山道六十九次その11・落谷宿→三留野宿

ザ・観光地の馬篭・妻籠を通り
いよいよ木曽路へ♪

DSC04610.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

落谷宿を出ると
ぐんぐんと勾配をあげていきます。

これでもかっ!という感じにー。

DSC04609.JPG

落谷川を渡るあたりが
ちょうど広重の絵の付近。
川の流れの中の岩のゴロゴロさ加減に
木曽の山中が近いことを実感させられます。

DSC04611.JPG

上り道は途中の落谷の石畳を抜け
宿内まで続きます・・・

DSC04613.JPG

かなりの急坂ですが
ぐんぐん登っていくにつれ
展望が開けてきます。

DSC04621.JPG

DSC04619.JPG
これより北が木曽路。いよいよ突入!

こう長い区間登りが続くと
石に腰掛けて休みたくなるのですが

休みに休めないところが
夏の街道歩きの辛さでもあります。

休んだ途端、蚊の大群に・・・
ってなことになりかねません(^^;

DSC04627.JPG

さぁ、馬篭宿。
落谷宿からの旧道は
車の通りも人の通りも少なく
ひなびた感じがよかったのですが

DSC04631.JPG

宿内に入るや否や
人の多さにまずは驚きました。

DSC04628.JPG

しかも老若男女って感じです。
まるで軽井沢のような・・・。
街道歩きな自分は完全に浮いてますw

DSC04633.JPG

ただ、昔の宿場町って
これぐらいは賑わっていたんでしょうね。
観光地にはなってはいるものの
ある意味この宿場は生きてるという印象です。

DSC04638.JPG

隣の妻籠と違い重伝に指定されてないので
家は新しいものが多く一体感な町並みは薄いですが
ふと、細かく観察してみると

あーここは宿場町なんだなっと
思うところも見つかります。

DSC04646.JPG

坂にある宿場町自体珍しいですし
その坂道の石畳の端っこに隠れている
昔からの石畳の遺構なんかも萌えるポイント!

あと、枡形もきっちりしたものが
残っていてなかなか良い感じでした。

DSC04648.JPG

さぁ、妻籠へ向けて出発です。

石畳の道や杉の間の道の
ルート上にはちゃんと道しるべがあり
迷いにくい。 ありがたいことです。

DSC04652.JPG

峠までかなりの急登が続きます。
峠の手前に旅籠が数軒。

DSC04654.JPG

江戸時代からの建物も多く
静かなたたずまいは馬篭の穴場かも!?

DSC04660.JPG

峠には茶屋があります。

茶屋で一服。
まるで昔の人の気分♪
カキ氷を頂きました。400円也。

DSC04662.JPG

峠を越えると
一気に下り坂になります。

DSC04664.JPG

舗装されていない
簡単な登山道という感じで
杉木立の中は凄く気持ちいい♪

DSC04668.JPG

途中、男滝、女滝で
マイナスイオンを浴び
やがて、大妻籠へ。

DSC04670.JPG

DSC04671.JPG

DSC04675.JPG

大妻籠は間の宿だったそうですねぇ。
名前が”大”と付くだけに気になってましたが
観光客のいないミニ妻籠という感じでしょうか。
昔ながらのたたずまいを感じました。

DSC04677.JPG

さぁ、妻籠宿到着っ!

重伝も昭和40年代に指定されてるので
昔の町並みが綺麗に保存されています。

もちろん、電柱や電線なんてのはありません。
まるで江戸時代へタイムスリップ感覚です。

DSC04679.JPG

古い街並みはよく行ってるので
目が肥えてるはずなのに
惚れ惚れするような景色・・・。

DSC04682.JPG

建物の背が低く
木曽の昔ながらの建物は
どれもなかなかの見応えがあります。

その中でも本陣は近年復元され
脇本陣は明治にヒノキを使用出来るようになって
建てられたもの。非常に手入れが行き届いていて
何度も雑巾で拭いた跡のヒノキのツヤが
とても美しい上に素晴らしい。。。。

IMG_2811.JPG

妻籠の滞在時間は1時間取りましたが
とても見切れないほどの町並みです。

IMG_2818.JPG

また再訪することを誓って
今日のゴールの三留野宿へ。

IMG_2822.JPG

最寄駅は南木曽駅。
本日中に大阪に帰られないといけないので
帰りの電車の時間を気にしながらの道中。

IMG_2828.JPG

わかりづらいトコもあって
ヒヤヒヤするものの無事駅へ(^^;

さぁ、次回は木曽川沿いを進んでいきます。

    
posted by にゃおすけ at 09:16 | 大阪 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 中山道六十九次 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
馬籠は完全に観光地ですね。
妻籠を成功例として、自分たちもやってみよう!と。
実質食い物を提供するだけの町だけですが、一般観光客より喜んでいるのは街道歩きではないでしょうかwww
観光地化していなければ、馬籠周辺食べるところありません。

妻籠は観光地として楽しいけれど、宿場の変遷という意味で、峠や大妻籠の方が好きです。
妻籠や馬籠には泊まりたくないけど、お妻籠や峠には泊まりたい。
妻籠や馬籠を知りすぎてしまったのかなぁ(苦笑)
Posted by くじら山こうじ@天茶 at 2011年08月22日 19:12
石畳の観光地、行ってみたいな〜
妻籠も綺麗そうで、行ってみたいな〜
次の休みに行きたいな〜と、
そんなことを読みながら考えてましたw
知らないところが沢山!
またの更新を楽しみにしてます\(^o^)/
Posted by jiroji at 2011年08月22日 20:33
>くじら山さん
馬篭でのスーパーのアイスには助かりましたよ〜。
この瞬間、観光地でよかったと思ったんですが
人多すぎて歩きづらいのがちと難儀でしたね(^^;

泊まりは峠の旅籠には
泊まってみたいなーと思いました。
昔ながらの雰囲気。良い感じそう(^^)


Posted by にゃおすけ at 2011年08月23日 11:13
>jirojiさん
もし行かれるとしたら
馬篭までバスに乗車して馬篭→峠、
峠から妻籠→南木曽のコースがいい感じかも♪

峠からの下りの山道は
真夏なのにヒグラシ大合唱で
しかも涼しさ満点で素晴らしいものでした。

街道歩きは炎天下の区間が多いですが
こういう区間ばかりだったら楽なのにと
ちょっと思ってしまいましたよーw

それはともかく、
この区間は中山道の良さを
かなり凝縮されていると思うので
是非機会を見つけていかれてみてください(^^)
Posted by にゃおすけ at 2011年08月23日 11:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック