2011年09月05日

中山道六十九次その14・福島宿→薮原宿

木曽福島は
谷底に広がっている宿場町ー。

R0010567.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

今回の道中ではここを拠点に
2泊して歩きましたが

猛暑日と言われていた日でも
冷房がいらないぐらいでした。

R0010557.JPG

福島宿の見所といえば
上の段と言われる古い町並み。

ちょっとした高台にあるのですが
町並みの長さが短い短い(^^;

R0010560.JPG

でも、往時の雰囲気を知る上では
こういう整備はなんとも有難いことです。

R0010629.JPG
崖屋造りの家並みが素晴らしい


R0010578.JPG

あと、
もう1つ有名どころといえば”関所”

R0010587.JPG

ここで木曽の木材の搬出や
入り鉄砲、出女などがキツーく
見張られていたそうです。

R0010588.JPG

中山道ではこの先、
碓氷峠にもありますね。

R0010592.JPG
ここは右上の細い道を歩いていきます

相変わらず
国道の歩道がない道を通りー
獣道を通りー

R0010600.JPG

道のジャンルは豊富(^^;

R0010601.JPG

中山道の中間地点のの碑がありました。

R0010603.JPG

その先の自販機に先に目がいっていたので
あやうく見落とすところでしたが、
これを見てようやく半分かーと
嬉しさがこみ上げてきます♪

R0010607.JPG

この辺り、木曽路の中でも
平地の幅がかなりあるので
広々とした雰囲気がありました。

R0010610.JPG

でも、相変わらず
左右を見渡すと大きな山々。

R0010611.JPG

中央アルプスの
標高の高い山も見えたりと
こういうのは東海道では
ちょっと味わえない光景ですよねー。

R0010613.JPG

単調な一本道を進むと
やがて宮ノ越宿。

R0010625.JPG

ここまで来ると
大きかった木曽川が
普通の川のように・・・。

R0010620.JPG

この宿場は
木曽義仲の資料館があったり
関連の名所が多いのが特徴です。

R0010622.JPG

古い町並みはあまり残ってないですが
道幅などどこか昔の雰囲気だけは
よーく残ってるような気がしました。

R0010616.JPG

木曽義仲の関連名所の1つが巴が淵。

R0010643.JPG

中山道はその横を通るのですが
淵と言われてるだけあって流れは淀み
川はまるで湖のような静けさ!!

R0010647.JPG

それにしても
木曽川ってホント綺麗ですよね。
水が透明といいますか
木曽ならではの岩とあいまって
見てると心から癒されます〜。

R0010650.JPG

ここから先、旧国道が
廃道になった区間も歩きました。

古いアスファルトの上には
懐かしい、中・高・低の文字。

R0010652.JPG

R0010657.JPG

さらには
古い缶ジュースの空き缶まであったり。

R0010658.JPG
なんか凄い橋を発見っ!

R0010655.JPG

吉田洞門の脇の歩道を通り
眼下に古い国道の橋を眺めながら行くと
やがて薮原宿に到着ー♪

R0010665.JPG

他の木曽路の宿と同じく
ここにも水舟が多くありました。

でも、どこか違うー。

IMG_3135.JPG

めちゃくちゃ冷たい!!

朝だったからかもしれませんが
明らかに水温が違うのです。

R0010666.JPG

そして、飲める!しかも美味い!!

もちろん他のところも
飲もうと思ったら飲めるのですが
大抵は煮沸してってあったので
途中で腹が痛くなっては困るので
遠慮した時もあったのですが
ここのはホント良い味がしました。

IMG_3134.JPG

薮原の名産といえば「くし」

なぜこういう産業があったかは
街道歩く人にとって荷物は
少なくして歩きたいもの。

その中で土産というと
こういう全国的に小物が多かったのですが
ここは木曽路ということもあって
「櫛」や「漆器」が人気があったそうです。

R0010673.JPG

さて、次回は
木曽路の難所「鳥居峠」に挑みます。

東西の分水嶺でもあるこの峠は
木曽川も薮原でお別れになります。

R0010675.JPG

木曽川は太平洋へ
この先に現れる奈良井川は日本海へ。
どちらも遠い旅路になりますね(^^;

  
   
posted by にゃおすけ at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 中山道六十九次 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
木曽福島の家屋、まるでタイムスリップですね。
感動しちゃいました
歴史はからっしきダメな私ですが
とある本で巴御前と木曽義仲の事は知ってました
像まであるのですね
ちょっと興味惹かれました
Posted by やち姉 at 2011年09月05日 20:32
中山道も中間まで来られましたか、凄いですね!
愛知〜岐阜〜長野の山の中の道が何なのか、
このブログで初めてちゃんと知りました!
これからもブログ見ますからね!!!
楽しみにしてます\(^o^)/
Posted by jiroji at 2011年09月05日 20:45
>やち姉さん
木曽福島の家並みは
バラエティー豊富で
宿場町の建物はもちろんのこと
ここ独特の崖家造りは最高です♪

また違った季節も
訪れてみたい場所でした(^^)
Posted by にゃおすけ at 2011年09月06日 10:10
>jirojiさん
いつも見てくれていて
ありがとうございます♪

ずっと山の中なんですが
街道歩きは登山でもハイキングでもない
不思議な感じがあるんですよねー。
歴史がいっぱい詰ってるからでしょうか。

登山より高低差も少ないというのも
楽しめる要素なのかもしれません♪

次回は、そんな木曽路の中でも
高低差のある区間になります。
どんな感じであがいて歩いたかー
是非記事を楽しみにしていてください(^^)
Posted by にゃおすけ at 2011年09月06日 10:14
私も中山道を歩いています。これからも見せて頂きます。
Posted by えこさん at 2011年09月15日 10:22
>えこさん
こちらこそ見させてもらいます。
お写真なかなかダイナミックに撮れてますね。
これからの行脚が楽しみです(^^)
Posted by にゃおすけ at 2011年09月15日 10:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック