2011年09月15日

中山道六十九次その15・薮原宿→贄川宿

さぁ、難所の鳥居峠行くぜっ!

R0010677.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

薮原宿を出ると
どんどん勾配をあげていきます。

やがて草道に入っていくのですがー

R0010681.JPG

ここにもありました。

熊出没注意!!

この季節は峠を越える人も
少ないせいかちょっと緊張(^^;

R0010700.JPG

急坂が続きます。
一見、ただの登山道に見えますが

石碑や地蔵さんが横に見かけたりと
街道風情がたっぷり♪

R0010696.JPG

木の隙間から
さっきまでいた薮原宿が見えました。

R0010705.JPG

頂上の手前には
御嶽山遥拝所(神社)があるんですが
ここの鳥居がこの鳥居峠の由来だとか。

現在、建ってるのは
比較的新しいものですけども
神社の奥には立派な古い石碑がずらーと。

R0010709.JPG

御嶽山の信仰者が多いことを伺わせる
神秘的な光景が広がってましたー。

御嶽山ってかなりの標高があるんですが
中山道ではこの峠ともう1ヵ所しか見れないんです。
それだけに見れる箇所での信仰施設が凄い!

R0010713.JPG

さて、頂上である峠です。
なーんにもありません。

昔はここに
3軒の茶屋があったそうですが・・・

R0010715.JPG

少し奈良井側に降りたところに
峠の小屋がありました。

そこには足跡帳があったんですが
日付をみるとお盆歩きが多いこと!
自分もそうだけど・・・(^^;

お盆までは
1ヵ月に2人ぐらいな感じでした。

R0010719.JPG

下りはかなりの急坂が続きます。
これを見てると東側から登るのは
さぞ大変だろうと思ったのですが

何度も登った人に聞くと
西のほうからが大変じゃない?とのこと。

こればっかりは実際に自分の足で
確かめないとわかりませんね(^^;

R0010720.JPG

森林浴ハイキングを楽しみながらー
やがて、奈良井宿が見えてきました。

それにしても凄い人!
ドラマの影響もあるのでしょうね〜。

R0010750.JPG

さすがに重伝に指定されてる町並みです。

ずらーと長く伸びる古い家々。

観光地化されてはいるものの
やはり本物の良さが伝わってきます。

R0010734.JPG

木曽路の特徴的な家の中に入れたり
明治天皇が泊まった部屋があったり

是非、資料館に入ってみることを
オススメしますー。

R0010743.JPG

R0010759.JPG

街道を歩いていて
入りたくても入れなかった古い家。
そして、暮らしぶりや歴史など
道中ではこういった資料館に入ると
さらに土地のことが理解できる気がするんですよね。

R0010771.JPG

奈良井川を渡りしばらく行くと
漆器で有名な平沢にたどり着きます。

あまり知られていないのですが
ここも重伝に指定されているんですよね。

R0010777.JPG

でも、町中には観光客がいない・・・
なんとも奈良井と対象的です。

R0010789.JPG

漆器のお店が見事に並ぶ光景。
しかも1キロずらーと。

他に食事とか他の店があっても
良さそうなのに(^^;

お店だけが並ぶ景色は
実に壮観でした。

R0010792.JPG

それにしても
相変わらずの炎天下です。
朝の涼しい気温はどこへやら・・・。

R0010794.JPG

炎天下対策でキャッツビーの
ヒヤッとするおしぼり
を今回初使用。

これが結構いいんですよね。

R0010797.JPG

まず腕をおしぼりで拭いて
その上から日焼け止め。

しばらく爽快感が続きます♪
あと冷えピタも効果的でした(^^)

R0010803.JPG
こういう道も中山道

そんなこんなでまもなく贄川宿。

宿手前は廃道寸前の遊歩道。

R0010802.JPG

かなりの草で大変でしたが
草刈りのタイミングにもよるのでしょうか。

R0010811.JPG

いつもながら
街道の手入れをされている方々には
ありがたいと頭がさがる思いです。


  
posted by にゃおすけ at 20:27 | 大阪 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 中山道六十九次 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
19号は車でも急だなぁって感じる坂道
お疲れ様でした。
ほんと良く歩きましたね!って感想です
街並みがほんとに残ってるの?って言いたいくらい見事ですね。
時代劇のセットのようで
観光客の洋服に違和感感じるほどでしたよ。
Posted by やち姉 at 2011年09月15日 20:54
辰野に行った時、あの山の裏側って相当凄い場所なんだろうな〜と想像していたのですが、
にゃおすけさんのブログでどんな凄いところかちゃんと理解しだしております\(^o^)/
道があろうが無かろうが!と言う雰囲気が素晴らしい!
次回辰野に行った時には車だけど中山道行ってみます!
Posted by jiroji at 2011年09月15日 22:52
>やち姉さん
こういう所は和服が似合いますねー♪
奈良井は長さがとてつもなく長く
それがほとんど昔の建物なんで
歩いてるだけで感動しきりでした(^^)

ここは妻籠とは
また違った楽しみがありますね。
また寄ってみたいと思えるところでした☆
Posted by にゃおすけ at 2011年09月16日 08:09
>jirojiさん
中山道は山の中なので
夏場は手入れをしていないと
草が大変なことになりやすいみたいですねー。

もちろん
そんなところでもお構いなしです(^^)
Posted by にゃおすけ at 2011年09月16日 08:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック