2011年09月19日

暗越奈良街道その1・高麗橋→菱屋

街道歩きの趣味は勢いが止まらない!!
今や1番の趣味になってしまいました。

R0010872.JPG

またもや、大阪高麗橋へ。

ココは東海道の終点でもあるんですが

今回歩こうとしている
暗越奈良街道」の起点でもあります。


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

もっとも、起点終点は諸説があるんですが
江戸時代までは玉造付近起点だったそうです。

まぁ、どうせ歩くの長い方がー
ということでその辺りは気にしませんw

R0010883.JPG

東海道との重複区間、
熊野街道との重複区間を通り
大阪市内をオフィス街を通過していきます。

R0010881.JPG

暗越奈良街道というのは
他の地方では馴染みがないと思うのですが

大阪と奈良を最短距離で結ぶ街道で
遠く伊勢へ行く人もかなり通っていたとか。
多い時で1日7万人の通行量!

結構な幹線だったのが伺えますよねー

R0010889.JPG

ただ、最短距離を結ぶ街道だけあって
難所が生駒山の暗峠があるんですよね。

麓の小学校では遠足で行かされる所ですが
かなりの急坂で結構ヘトヘトになります(^^;

この峠が最大のハイライトでして
後は奈良盆地を通り春日大社が終点です。

R0010893.JPG

さて、歩みを進めましょう。

上町台地のあたりを通るので
市内でも結構アップダウンがありますー。

休みの日のオフィス街は
車も人も少なく実に歩きやすい〜♪

R0010892.JPG

ようやく現れた
「暗越奈良街道」の道しるべ。

そそ、読み方は
「くらがりごえならかいどう」
峠の名前は「くらがりとうげ」

名前からして
峠道の険しさを想像しちゃいますよね(^^;

R0010896.JPG

ちなみに、ここから先、意外にも
かなりの道標と案内看板が豊富でした。

それもそのはず
大阪府が街道ウォーキングマップを発行。
僕もこのマップを参考に歩いています。

R0010901.JPG

さあ、大阪環状線の外側に出ます。

玉造の二軒茶屋跡です。
街道を通る人相手の商売で賑わっていたそうで
大きい二軒の茶屋がここにあったそうですねー。

R0010900.JPG

そのすぐ先を斜め左に曲がるとー

昔ながらの道幅な
街道の面影がある道が残ってました。

車通りでないだけにとっても静か・・・。
なんともいえない癒しの空間ですー♪

R0010904.JPG

R0010907.JPG

この先、小さい川の橋を渡ります。

昔の地図を見ると
橋を渡ると完全に田畑。

R0010908.JPG

でも現代はまだまだこの先も
ずーっと住宅街なんですよねー。
昔の地図と見比べは思わぬ発見ばかりです。

R0010911.JPG

やがて東大阪市市街へ。
町工場がだんだん増えてきます。

R0010926.JPG

R0010920.JPG

R0010913.JPG

産業道路沿いを進みますが
ほとんど旧道が並行しているので
気分的に楽に歩くことができます♪

R0010939.JPG

御厨付近は
昔ながらの佇まいが目立ってました。

R0010943.JPG

昔ここに住んでいたことがあるんですが
まさか歩くことになろうとは・・・。

R0010948.JPG

と、いうか
当時は街道が目の前にあること自体
興味もなかったし知らなかった(^^;

R0010949.JPG

幹線道路の中央環状線を越えると
遠くに生駒山も見えてきました。

R0010957.JPG

今回のゴールは
若江岩田駅付近の「菱屋」

家までバスで10分程度の距離。
さっと帰って疲れを癒しました。

いや〜やっぱり近いといいですね。

R0010956.JPG

さぁ、次は生駒山越え。
一気にゴール春日大社を目指します♪



 
posted by にゃおすけ at 22:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊勢本街道 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック