2011年09月29日

伊勢参宮街道その2・神戸宿→松阪宿

伊勢街道を南へ〜♪
めざせっ!赤福氷っ!

DSC04157.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

神戸宿の端までくると
こんな巨大な常夜灯が立ってました。

DSC04153.JPG

東海道では常夜灯といえば
秋葉山のが圧倒的に多かったのですが
「豊国祈願」とか日本全体を祈るものが
多くなってきている気がします。

DSC04164.JPG

旧道がいい感じで続きます。

DSC04172.JPG

やがて、白子宿に到着。

近鉄特急の停車駅でもあり
鈴鹿サーキットのアクセス駅でもあって
比較的大きな田舎の町という
イメージしかなかったんですが

駅の南側の街道を歩いてみるとー

DSC04180.JPG

実に良い風情が広がってました。

海岸に近く
潮の香りがぷーんとしてくる箇所も。

思わず泳ぎたい気分♪

DSC04179.JPG

宿の出入り口には
大きな”枡形”も健在。

道が狭いということは
道路拡幅をせず昔のまま。

DSC04192.JPG

歩いてると
やっぱ嬉しくなりますねぇ。
ただし車には要注意です(^^;

DSC04189.JPG

白子宿の西の端は
お寺の辺りで細い道になり
それはまるで迷路のよう・・・

それにも関らず
一切、伊勢街道の看板はなし!

DSC04187.JPG

たよりは
事前にルートをマッピングしてきた
iPadの地図を見ることと、
昔の道しるべがとても役に立ちました。

「みぎ、さんぐうみち」

こう書いてある方向へ進みます。

DSC04201.JPG

近鉄の踏切を渡り、
川沿いの堤防を進みー

DSC04203.JPG

国道23号のバイパス道も歩きます。

DSC04210.JPG

DSC04209.JPG

次の宿場町は上野宿。

その手前で
なんと土砂降りの雨が降ってきました。

DSC04214.JPG

よくよく考えると
まだ梅雨の季節・・・(7/3に歩きました)
雨は仕方のないところです。

DSC04216.JPG

ザーっと、降ってくれたおかげで
とても涼しく少し快適に♪

上野宿は立場のような雰囲気。
宿場自体は小さいけれど
枡形が3カ所もありなかなか立派。

DSC04218.JPG

伊勢上野城跡。

大河ドラマ「江」で一躍有名になりましたねぇ。
この辺り「江」ののぼりがいっぱい〜

DSC04213.JPG

上野宿を出ても雨は降ったりやんだり。
こういう天候は1番困りますねぇ・・・

DSC04235.JPG

雨合羽を3度も脱いだり着たり
街中でこれはやや恥ずかしい^^;

DSC04240.JPG

やがて、江戸橋。

欄干が木造の雰囲気ある橋です。
津の藩主が江戸へ行く時に
ここまで見送りがあったという所から
この名前がついたそうですねー。

DSC04244.JPG

津宿。

おそらく
1番短い名前の宿場でしょうか。
城もあり城下町でもあるこの町。

DSC04717.JPG

古い遺構が多く残ってそうですが
ほとんどは空襲で燃えちゃったそうです。

DSC04721.JPG

津市では7回にわたる空襲があったそうで
焼失面積が市街地の8割にも及ぶ
全国でもまれに見る被害。

古い建物が残っていない辺り
被害の凄まじさを想像できます・・・。

DSC04726.JPG

津観音のあたりのアーケドでは
今晩、夏祭りがあるからか
朝から準備で大忙し♪

活気溢れる光景は
見ていて気持ちいいですねぇ。

DSC04738.JPG

市街地を進み
JRの踏切を渡ると
狭い道路に入っていきます。

DSC04743.JPG

伊勢街道の表示案内板は
ほとんど皆無に等しいのですけども
道の雰囲気は紛れもない街道。

ウネウネした感じやら
枡形と思われる屈曲した部分やら
観察してるといろんな発見があります。

DSC04748.JPG

高茶屋立場を過ぎ雲出宿へ。

本陣跡の看板はないのですが
明治天皇の休憩したという石碑を発見っ!

DSC04747.JPG
石碑は撮り忘れてしまいました(^^;

明治の世は幕府の時代から
天皇の時代になって影響力を
市民に知らせる意味もあって
明治天皇の石碑をみかけます。

今の時代、
本陣がどの辺りだったのか
凄い手がかりになったりするんで
なんともありがたいものです。

DSC04754.JPG

雲出川の手前に大きな灯籠。

昔は細い木橋が
渡されていたそうですねー。

DSC04764.JPG

川を渡り北海道の名付け親と言われる
松浦武四郎の記念館があります。

一言で言うなら冒険家です。

北海道をくまなく回ってー
今の時代でも大変なのに
徒歩というから驚きですよね。

しかも1日に80キロも歩く時があったそうで
自分の40キロとは比べ物になりません(^^;

DSC04783.JPG

この辺りから
所々、古い建物が増えてきます。
追分にでっかい道しるべ。

DSC04776.JPG

この先、何ヶ所か見かけますが
どれも大きいものばかり。

いかに伊勢街道は
多くの人が歩いたのかわかります。

次の宿場は松阪宿ですが
その手前に市場庄があります。

DSC04798.JPG

雰囲気ある町並み
観光地になってないので
とっても静か・・・

人々の営みを感じる町並みは
まさに生きてるって感じがします。

DSC04815.JPG

長い塀のある屋敷。
大きい長屋門。

そして車も少ない通り。

時間がゆっくり流れていました。

DSC04807.JPG

枡形をすぎると
いよいよ松阪宿内へ。

それにしても古い家がよく残ってます。

ただ、その風情も町並み館まで。
その先は残念ながら普通の街な雰囲気でした。

DSC04828.JPG

そそ、今回、ひしゃくを持って歩きました。

当時の人は持ってる人を見かけると
その中にお金を入れて代わりに参ってくれ!
という風習だったんですけどもー

なんもなかったデス(^^;

DSC04831.JPG

雨が降りそうだったので
予定より早めて終了ー。

近場の街道歩きは臨機応変で
のんびりってのがいいです〜♪

  
posted by にゃおすけ at 18:19 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊勢への街道 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック