2011年10月25日

中山道六十九次その18・塩尻宿→下諏訪宿

さぁ、塩尻峠を越えて諏訪湖へ。

R0012408.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

平出から進んできた旧道は
JRの線路をくぐると国道に合流っ。

ほどなく旧道に入るのですが
左手に巨大な旧家が現れましたー!

R0012404.JPG

堀内家住宅(重要文化財)です。

妻入りの本棟造りで
信州の特徴ある建物なんですが

屋根に変わった化粧飾りが
とても良く目立っています。

R0012406.JPG

これは”雀おどし”というもので
諏訪地域独特なものなのだそうです。

ちなみにココは外観は見学自由、
内部は1週間前までの予約で
見学できるとのこと。

R0012421.JPG

塩尻宿の中心部に入っていきます。

国道沿いに本陣や史跡があるものだから
ちょっと慌ただしく見学・・・(^^;

R0012417.JPG

歩道ぐらいあったらいいんですが
元々の宿場内に道を通しているだけに
そのスペースがないのでしょうね〜

R0012426.JPG

宿内を抜けて旧道に入ると
いよいよ勾配が出てきます。

舗装された一本道。
ススキとコスモスがとても綺麗ー♪

R0012432.JPG

そして、振り返ると
今までいた松本平を一望!!

遠くには乗鞍岳も眺めれます。

R0012442.JPG
栗がいっぱい落ちてました

R0012446.JPG

どんどん高度をあげていきます。

R0012450.JPG

茶屋本陣の跡を過ぎると
やがて塩尻峠。

R0012455.JPG

峠越えということや
以前、車で何度か通ったイメージから
難所と思っていたんですがー。

意外や意外。

西から行く分には
時速時速4キロのペースで歩け
さほど難所という印象はありません。

R0012464.JPG

でも、東側へ下ると
勾配は結構あるもので
塩尻峠に関しては西からが楽でしょうねぇ。

R0012461.JPG

峠からの眺める諏訪湖最高ー♪

R0012471.JPG

今まで、ずっと山の中だっただけに
この眺めは実に格別でした。

R0012474.JPG

下り道で名水を見つけ
喉を潤します。

ホントーは
煮沸したほうが良いみたいなんですが
耐性が出来てるのか気にしませんw

R0012479.JPG
特徴的な屋根が多いこの辺り

ほどなく進むと、茶屋本陣。

宿までまだあるので
大名などが一服した場所なんですが
それだけに建物が立派。
実に見応えがある建物。

R0012484.JPG

そして家の前の松。

なんともイケてますねー♪

R0012497.JPG

住宅街の中を
下諏訪宿までずーっと進みます。

R0012501.JPG

綺麗の刈り取られた
家の木々。

ちょっと変わった刈り方ですよねー。

R0012512.JPG

標高は
諏訪湖とほぼ同じなのか

歩きながら湖が見えないのが
少し残念なところです。

R0012505.JPG

木橋を渡りー
しばらく行くと下諏訪宿。

中山道で唯一の
温泉のある宿場町です。

R0012523.JPG

あちこちに手湯や
共同風呂があったりと
一風変わった宿場町の光景。

観光地だけど
妻籠や馬篭のような賑わいがないあたり
下諏訪の良さを感じることができます。

R0012534.JPG

古い建物の資料館や
名園のある本陣の見学
諏訪大社の参拝などなど

R0012538.JPG

実に見応えのある宿場でした。


    
posted by にゃおすけ at 20:15 | 大阪 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 中山道六十九次 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
懐かしいですなぁ あの木橋は中山道の一部でしたか元地元なが知らずに中山道を行き来していたとは あのローソンもよくお世話になりました
もしまだ自分が近くに住んでいたらにゃおさんを盛大に迎えたかった 
Posted by しもおか at 2011年11月06日 20:16
>しもおかさん
下諏訪はよく遊びに行っていた割には
当時は中山道にまったく興味がなかったので
今回歩いて初めていろんな発見がありました。

万治の石仏もその1つ。
昔ながらの町は探索すると
いろいろ出てくるもんですねー♪
Posted by にゃおすけ at 2011年11月07日 08:54
コメントが二重投稿になってしまいましたどちらかを削除しておいてください 万治の石仏見た記憶がないです 今度訪問した時は拝みたいです 
Posted by しもおか at 2011年11月07日 20:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック