2012年02月23日

枝切・小阪街道その2・徳庵→茨木

八尾から茨木へ抜ける街道の2回目。
徳庵からゴールを目指しました。

R0017156.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

徳庵は下町の雰囲気が漂います。

狭い道幅の上にアーケード。
そして商店が並ぶ様子。

R0017152.JPG

駅前にも関らずこの素敵な光景は
まるでタイムスリップしたかのよう。

R0017155.JPG

この筋をずーと行くと
やがて「徳庵橋」

川と川が合流する地点に
この橋がかけられています。
あまりメジャーではなく形も普通ですが
ちょっと存在感がある。そんな感じがします。

R0017162.JPG

橋からは大阪の都心のビルを一望。

R0017168.JPG

街道筋の一本道に入ります。

まるでケンケンパーをしてください。
と言ってるかのような道の模様。

うーん、なんかいいっすね!

R0017175.JPG

その先の中茶屋という地区。

名前の通り休憩所があったのでしょうか。
古い道標もありジャンクションだったのでしょう。

R0017177.JPG

この道標は宝暦年間なので江戸中期のもの。

それなのに
よく見ると犬のおしっこの跡が(^^;

R0017180.JPG

でも、考え方によっては
江戸中期からのおしっこも染み付いてるわけで
すごい歴史遺産なのかもしれませんね。

犬も先祖様の匂いを感じて
マーキングしてるかもw

R0017189.JPG

R0017192.JPG

先を行くと花博道路に出ました。

博覧会が開催ということで
道幅が広げられたそうですが
道路上にあった神社が移転になったりと
この辺り少しルートが変わってるかもしれません。

R0017195.JPG

そんな気持ちでこの付近の
古い道を歩いていたのですが・・・

R0017199.JPG

ありました!道標!!

半信半疑だったこの道もこれで安心。
やっぱ街道の名残は心強い!

R0017201.JPG

道標は江戸中期のものでした。
どっこい生きてる大坂の文字!

R0017215.JPG

各地の神社では
ちょうど「どんと焼き」の行事がありました。

街道沿いは神社が多いので
まるでハシゴをしてるような感覚(^^;

R0017214.JPG

大きな楠がある堤根神社。

この辺りから街道は
古川という川と並行して進みますが
昔はここに船着場があったそうですね。

R0017223.JPG

R0017225.JPG

船に乗って大阪市街へ。

情緒があったと思いますが
京阪電車が開通後廃れてしまったそうです。

R0017226.JPG

R0017229.JPG

この辺りから古いお墓が
点々と街道沿いに現れます。

これも地元に密着した
街道だからなのでしょうか。

R0017242.JPG

京阪電車の高架が見えてくると
奈良へ行く守口街道との交点。

R0017241.JPG

立派な道標には
徳庵・八尾の文字も。

今、歩いているルートが書いてると
なんだか嬉しいものですねぇ。

R0017248.JPG

雰囲気良い町並みが続きます。
8割ぐらい旧道が残ってるかも。

交通量も少ないしとても楽しい道中です。

R0017255.JPG

守口市に入り藤田のあたり。
ここは昔は水捌けが悪かったそうです。

そこで地元の人が
幕府の許しなく勝手に工事して
水捌けがよくなったそうですが・・・
その人は処刑されてしまいました。

R0017252.JPG

その人の名前が今も道標に。

公園もあってこの人は
今でもこの辺りの英雄なのですね。

R0017257.JPG

やがて行くと守口市の歴史館。

R0017265.JPG

この辺りを治めていた武家の家で
なかなか見所がありました。
200円で説明も熱心。オススメです。

R0017285.JPG

R0017298.JPG

仁和寺本町まで来ると淀川もすぐ。

水路のある普通の家並み。
チョッと前までよく見かけた光景。

R0017300.JPG

水路の石積み、水の汚れ方
まるで三丁目の夕日といったところでしょうか。

R0017305.JPG

淀川を渡ります。
それと共に旧東海道とも交差。

有料道路の橋を行きますが・・・
橋の上の風がめっちゃ冷たい!!

R0017306.JPG

昔は仁和寺の渡しがあったそうですね。

橋を渡ると鳥飼。
新幹線の基地があることで有名です。

R0017325.JPG

旧道をずーと北へ。
「島」という集落に入ると
迷路のようなウネウネ道に。

R0017332.JPG

ルートマップをご覧下さい。
見事に迷っておりますw

でもこの迷いがまた楽しい〜♪

R0017335.JPG

ほんと
古い道標に神社のどんと焼きといい
日本情緒が程よく残る街道です。

茨木市内に入ると
それがさらに濃くなってきました。

R0017343.JPG

R0017346.JPG

府道茨木八尾線の看板。
まさに今歩いてる街道と同じです。

制定された当時はこの旧道こそが
大阪の南北のメインルートだったでしょうねぇ。

今は車で全区間踏破することは
出来なくなっていますが・・・

R0017353.JPG

旧河川沿いに旧道を進みます。
阪急の高架をくぐると茨木の旧城下町。

R0017355.JPG

R0017361.JPG

狭い道の中に枡形など
城下の風情たっぷりになってきました。

R0017363.JPG

やがてゴール!
もう茨木城と目と鼻の先です。

この先は京都の亀岡まで続いてるそうですが
まずは無事枝切・小阪街道を踏破できました♪

   
posted by にゃおすけ at 21:45 | 大阪 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | 大阪府内の街道 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
にゃおすけさん、はじめまして。
よろしくお願いします。

近所の旧道を検索していましたら、辿り着きました。茨木市在住の旧道、旧遊廓巡りが好きな40代です。

一つお聞きしたいのですが、茨木市内の枝切街道なのですが。
島の集落の中を通るのは初めて知りました。

そのまま道沿いが、本ルートだと。
玉櫛小学校の手前道標があります。
その先の、元水尾池跡にも道標がありますし。
(現公園)

少し前まで、島の横の沢良宜東町にも住んでおりましたので、枝切や島の集落の情緒を楽しんでおりました。

茨木には大昔の歌が残っております。
島が昔歓楽街で、綺麗な川(新川?)が流れており、料亭旅館が並んでいて景色が良かったらしいです。

「通う枝切〜♪・・・」とか歌詞はこの部分しか覚えてませんが。

枝切街道、私も一度は守口〜徳庵方面にいきたいです。花博付近、中環付近で迷いそうですね。

私ももう一度調べてみます。



Posted by 大ちゃん at 2012年10月08日 09:50
>大ちゃんさん

はじめまして。
島は歓楽街だったのですね。

いやはや、
じっくり痕跡を探索せす
通りすぎてしまっていました(^^;

歌に枝切が出てくるとは
当時の情景が浮かんできていいですね。

さて、島付近の街道のルートですが
この辺りは集落と集落を縫うように
街道が進んでいたものと推測されます。

特に葦分神社付近は悩みどころで
現在の車道は明治以降の道なのかなと思います。
と、いうのも鳥居の位置が車道からだと
かなり斜めに位置しているんですよね。

江戸期の街道の鳥居の位置は
道に対して水平か直角にあるのが多いので
歩いてる時もずっと疑問に感じてはいました。

古い資料や古地図があるといいのですが・・・
僕ももう少し調べてみます(^^;
 
Posted by にゃおすけ at 2012年10月09日 10:05
にゃおすけさん、こんばんは。

なるほど、旧道の旧道と言うわけですね。
近所の色々な枝、支線街道をボラボラしましたが、確かに怪しい別れがあったりして、私も旧々道かなと思うような場所に気がついておりました。

枝切ですが、島を越えてJR貨物をくぐり信号二つ目を過ぎると、左にお墓があります。

道を挟んで、こじんまりしたお墓の横に道標ありです。
以前は倒れ掛かってたそうですが、復旧されております。

どうも方向をええ加減に直したみたいですが。

その道標のある場所は、本線より少し外れています。

もう判断のつく感じは残っておりませんが、間違いなく違うルートだと思います。

色々と散策するのは楽しいですね。

Posted by 大ちゃん at 2012年10月10日 19:41
>大ちゃんさん

なるほど。
この辺りはいろいろ調べてみると面白そうですね。
終戦直後の写真を見てもすでに明治からの直線道が多く
昔の道筋がちょっとわかりづらいですね。

http://archive.gsi.go.jp/airphoto/ViewPhotoServlet?workname=USA&courseno=M33-5&photono=21

こうなると図書館などで
資料をとなるのですけども果たしてあるかどうか。

今回のルートは以下のサイトを参考にさせてもらっています。
道標を目印としてルート決定をされているので勉強になるところが多いです。

http://myippo.com/kaidou/kaidou.htm
Posted by にゃおすけ at 2012年10月10日 22:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック