2012年05月14日

100km24時間ウォーク。攻略法と感想。

無事、完歩!!

IMG_5024.JPG
出発は明石海峡大橋。

でも、到達は後ろから数えたほうが
早いぐらいでギリギリでした。
やっぱ街道歩きとはまったく違いますね。

今回は大阪ユースホステルのイベントで
明石海峡大橋から京都の渡月橋まで歩きました。


拡大して見てください、歩いたルートがバッチリです。

IMG_5026.JPG
いろんな方が参加されていました。

ここでは今回の流れと僕なりの攻略法を紹介します。
これから参加される方の参考になれば嬉しいです。

★一番、大事なのはペース配分。

時速5.5kmを維持しましょう。

歩き始めると
ものすごい縦長の展開になるのですが
先頭集団にいると意地と意地のぶつかり合いな印象で
熱気が凄まじかったですね、精神的にキツイ(^^;
しかも、時おり乱ペース・・・。

もっとも、先頭集団にいると
2時間おきにある休憩ポイントで
後から来る人に比べ長く休めるメリットがあります。

でも、そのメリットって
二番手集団にいても十分感じれました。

一番にゴールするぞ!とか
仲間同士での競争とかでなければ
二番手集団にいるのがベストでしょうね。

ペースで失敗だった点といえば
深夜帯でのごぼう抜き。
自分では5.5kmで歩いてるつもりなのに、
あれ?みんな遅いと思った時がありました。

実はその逆で
こっちがオーバーペースだっただけ。
夜になると暗闇ということで
ペースの掴み方が難しいなと思いました。

IMG_5027.JPG
ツッカケで歩かれている方も。

★その次に大事なのは足のケア。

今回マメは1つも出来ませんでした。
足が疲れてきたと感じたのは70km過ぎから。

日頃の街道歩きの成果が大です^^

でも、いつもより早いペースで
歩き続けるわけなのでかなり気を使いました。

50km地点までは
・毎回の休憩ごとに靴を脱いで蒸れを少なくさせる。
・2回の休憩ごとにエアサロンパス(足裏、足全体)
・2回の休憩ごとにマメ防止のムース(足裏)

50km地点以降は
エアサロンパスは毎回の休憩時に
さらに念入りにするようにしました。

あと、靴下の替えですね。結局4回履き替えています。
いっぱい持っていく必要はなくて(荷物になるし)
1回履いたものをもう1度履くのです。

実はこれが1番良かったかも!

ちなみに靴下は「歩くたすけ」という
テーピングされてるタイプのものを使用しています。

靴は普通のウォーキングシューズ。
ただし、中敷きはクッション性の高いもの。
イベントまでに150キロは履き慣らしてはいました。

IMG_5034.JPG
商店街の中も通ったりしました。

IMG_5039.JPG
深夜の大休憩の風景。豚汁が振舞われました。

★眠気の対策は!?

今回、眠気はまったくありませんでした。
まるでランナーズハイ。真夜中もギンギンでした。

今回の参加者の中で意外と思ったのは
サングラスをしてない方が多かった点。

もちろん夜はしないのですけども
それがかなりの長距離となると
目から来る疲れは相当なもの。

疲れがくると眠気も出てきます。
深夜の歩きの眠気予防という意味でも
是非、昼はサングラスを。オススメです^^

あと、眠気防止のドリンク。
眠眠打破という感じの。1本飲みました。

IMG_5043.JPG
早朝の山崎駅での休憩。外は気温5度。

IMG_5045.JPG
京都の夜明け。日の出が美しかったー。

★その他、雑感など。

今回、いろんな参加の方がいました。

マラソンランナー、ハイキングを良くする人、
山登り、街道ウォーカー、などなど。

そして男性と女性の比率は7:3でしょうか。
前半は休憩時の男性トイレ渋滞がありました。

リタイヤは50kmの地点で
参加が136人だったのが80人ほどになり
結局、完歩したのは60人ほどだったそうです。

今回、完歩率が高かったのは
やっぱり天候なのでしょうね。
終始、心地よい晴れの中を歩けました。

ただ、夜はとても寒かったので
寒さでリタイヤの人もおられました。

完歩された人を見て一番に思ったのは
最初の段階でこの人は完歩するだろうと
思わせるような歩き方の人が多く感じました。

一様に無理なく
のびのびといった感じでしょうか。

逆に、体力任せに先頭集団についていっていた方は
50kmの半分の地点では殆ど見かけなくなってました。

僕の場合の歩き方で気を付けた点は
荷物が重いからと前かがみにならないように行く。
その一点ですね。常に姿勢良くを第一に心がけました。

IMG_5054.JPG
渡月橋にゴール!

以上を総括すると・・・

100kmを24時間という時間で歩くというのは
ちょっとしたことがトラブルの元になりかねません。

たとえば、道路の歩く位置。
斜めに傾斜があるところは極力歩かず、
出来るだけ平らになってるところを歩くとかー。

疲労はどんどん積み重なっていくのは当然だけども
それをいかに遅らせていくか重要だなと感じました。


  
posted by にゃおすけ at 19:13 | 大阪 | Comment(10) | TrackBack(0) | 100キロウォーク | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
足に負担が少ないように出来るだけ平らな所を歩く。
富士登山の時登山ガイドさんがそのようにあるかれて「僕の足の進むとおりに足を進めてください」て言われてました。
おかげで足は疲れず登ったのを思い出しました。
でも、100キロしかも制限時間有り!で、よくがんばられました。
お疲れ様でした
Posted by やち姉 at 2012年05月14日 19:41
24時間を歩くのは、そう簡単にできる事じゃないですよ。
半分以上の人がリタイアするのにちゃんと残る。
何が良くて何が良くないのか分析する。
出来るようで出来ない事じゃないですかね。
完走とは本当に素晴らしい結果でしたね、
お疲れ様でした\(^o^)/
Posted by jiroji at 2012年05月14日 20:04
街道歩きのノウハウが生きてましたね。
それにしても100キロとは凄いの一言です。
いろんなことに挑戦できる身体,ゴールの日曜は母の日でしたが丈夫に生んでくれたお母さんに感謝ですね。
次の街道歩きも楽しみにしています。
お疲れ様でした。
Posted by lambeth at 2012年05月14日 21:28
>やち姉さん
歩く時、出来るだけ楽にしようと思うと
平らなところを選ぶのはやっぱベストですよね。

淀川の河川敷の道は微妙に斜めっていたので
その道を約20km続けて歩いていると
左足だけ妙な疲労感がありました(^^;

深夜でもあって周りは真っ暗・・・
一番キツイ区間でしたねぇ。

そんな中、Twitterからの応援。
とても励みになりました。
ありがとうございました(^^)
 
Posted by にゃおすけ at 2012年05月15日 10:45
>jirojiさん

歩く前に
いろんなページを参考にしたのですが
やっぱ、実際に歩いてみないと
わからない部分が多かったですねぇ。

今回、いろんな猛者の歩き方を見て
とても勉強になりましたー。
街道歩きでも実践してみようかな(^^)
 
Posted by にゃおすけ at 2012年05月15日 10:51
>lambethさん

当日はゴールに来てくれて
ほんとうにありがとうございました。

またどこかで
自分の限界を知るチャレンジをやってみたいです。

次は六甲縦走かなー。
ツッカケで100km挑戦もいいかもしんない(笑)
 
Posted by にゃおすけ at 2012年05月15日 10:54
こんにちは、100キロは凄いですよね。
おめでとうございます。
私も街道歩きしていますが、一回12〜15キロを目安にしています。ツイッターのhamanatuでした。
Posted by ヒマおじさん at 2012年05月15日 11:15
>ヒマおじさん

ありがとうございます。
なんとかゴールできました。

街道歩きと違って
ただ歩くだけというのは疲れますね(^^;

また機会があれば参加したいかも。

Posted by にゃおすけ at 2012年05月15日 13:31
おめでとう、たいした者です。立派な勲章ですよ。やはり大切なのはリズムと姿勢ですね。
私も歩いてみたくなりました。でも無理でしょうね。
Posted by やまうみ at 2012年05月17日 15:34
>やまうみさん

殿もかなりの健脚だし
きっと大丈夫\(^o^)/

ちなみに
2月にまた大会があるそうです。
姫路城から大阪城まで ♪

Posted by にゃおすけ at 2012年05月17日 17:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック