2012年06月14日

中山道六十九次その31・浦和宿→板橋宿

昼からも快晴!
最高の街道歩き日和。

R0020017.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

浦和宿から先は
JR線とどんどん離れていきますー。

R0020027.JPG

鉄道と離れてしまうと不便ですが
これが良かったのかこの先の蕨宿にかけて
街道風情たっぷりの道筋が今も残ってました。

R0020024.JPG

大宮台地の端にある

「焼米坂」

ちょっとした急な坂も久々なのですが
名前が付いてるのは嬉しいですねぇ。
歴史をとても感じます。

R0020022.JPG

東海道でも「焼米坂」がありましたが
こちらは焼米を売ってる店があったからだとか。

ちなみに東海道のは
歩いていて担いだ米が焼米になるぐらいキツイ。
たしか、そういう謂れだった気がします。

R0020038.JPG

町中は町中でも
景色にゆったり感が出てきました。

車も通る道ですが
交通量も少なくとてもイイ感じ。

R0020047.JPG

さぁ、蕨宿(わらび)です。

早い段階で道路がバイパスになって
宿場内をあまり通らなくなったのが
よかったのでしょうねぇ。

東京近郊にも関らず
良い宿場町風情が今も残っています。

R0020046.JPG

古い家もよく残ってるし
案内板も実に豊富。

R0020055.JPG

歩いていて楽しいー!

R0020044.JPG

でも、1つ残念な点として
資料館が祝日ということでお休み。

うーん、、、

しばらく資料館前で休憩してましたが
何人もの街道ウォーカーが足を止めて
残念そうな感じで去っていってました(^^;

R0020054.JPG

さぁ、気をとりなおして
国道17号沿いをひたすら歩いていきます。

R0020058.JPG

途中、消滅している区間もあるのですが
そういう所は一番近いところを歩いています。

R0020067.JPG

R0020069.JPG

戸田の渡し跡。

いよいよ荒川を渡ると都内!

R0020074.JPG

何度も東京へは来てますが
やっぱ歩いて入るというのは格別ですね。

いまだここまで歩いてきたというのが
信じられないというか・・・・。

いろいろ考えているうち
思わずウルッときちゃいました。

R0020077.JPG

それにしても橋の上は強風。
飛ばされないように気を付けて進みます。

この戸田の渡しですが
江戸時代は橋が架けられなかったそうです。
もちろん理由は江戸防衛のため。

R0020080.JPG

都内に入り
道路標識がこれまで「東京」だったのが
「日本橋」という文字になりました。

やっぱいいね。日本橋。

R0020092.JPG

志村付近で旧道に入ります。

そこにある清水坂は最後の難所。
武蔵野台地を一気にかけ登ります。

R0020104.JPG

R0020105.JPG

志村一里塚。
都内に両側に残ってる一里塚。

R0020111.JPG

よくこれだけきちんと残ってるなぁと
ただただ感動しました。

R0020120.JPG

昔の道幅も
この広さぐらいあったのでしょうね。

今は片側3車線の車も走る道。

当時は人と馬だけの世界だっただけに
一体どんな感じだったのでしょう。

R0020128.JPG

板橋宿の手前で旧道に入りました。

R0020135.JPG

夕方は歩行者天国になるようで
かなりの賑わいがありました。

R0020144-001.JPG

R0020138.JPG

板橋宿の謂れの”板橋”。
手書きの鯉のぼりがイイですね。

R0020137.JPG

今も活気ある風情は
まるで昔の宿場町のよう。

R0020143.JPG

宿の客引きなどの声が
あちらこちらから聞こえてきそうでした。

  
posted by にゃおすけ at 17:27 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 中山道六十九次 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック