2012年09月10日

朝鮮人街道その2・安土→鳥居本

朝鮮人街道2日目。
まずは安土の城下を進んでいきます。

R0023405.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

城下というだけあって
結構入り組んでいる道筋です。

朝鮮人街道の看板があるのは心強い。

R0023399.JPG

R0023408.JPG

セミナリヨ跡。
いわゆるキリスト教の学校の跡ですね。
公園として整備されています。

下を見てみると
永楽通宝のマンホール。

IMG_5623.JPG

こういう感じ。実に安土っぽい!
まさに安土は信長の町ですね。

R0023417.JPG

安土城跡の横を街道が通っています。

少し前までは入場料は取らなかったのですが
いつの間にか500円になっていました。

今も残る石垣や天守台など
見るべきものは多いのですけども
天守閣がない山城で入場料を取ってるのって
もしかしたらココだけ・・・かも(^^;

R0023420.JPG

城の先に小さな峠がありました。
北腰越えです。

R0023433.JPG

旧道は草道もあり雰囲気満点。
でも、夏は藪がすごいですねー。そして蚊も。

IMG_5628.JPG

怒りの飛び出し坊や。

観音寺城のちょうど裏側を進んでいきます。

R0023440.JPG

R0023458.JPG

上のような水場がありました。

首に巻いた日本手ぬぐいに水をかけ冷んやり〜。
ちなみにこの日の気温は36度でした(^^;

R0023461.JPG

R0023463.JPG

能登川の手前で街道は線路を渡ります。

そしてまた線路を渡って戻ってくるのですが
一見、曲がらなくて良いような場所でも
曲がりが多いのはこの街道の特徴かも。

R0023473.JPG

朝鮮人街道は
集落と水田を縫うような形で
作られていったという話がありますが、

この能登川に関しては
将軍の上洛時の御殿があったということで
防犯の意味が結構あったのではと思います。

R0023476.JPG

御殿も城のような構えで
今も石垣に名残りがあるみたいですね。

R0023492.JPG

R0023495.JPG

能登川駅の先で線路による分断。

踏切で迂回するとー、
日陰のない水田の中の道を突き進みます。

これが辛かった・・・(^^;

R0023507.JPG

途中にある
消防署の軒で涼ませてもらったのですが
休んでいると署員が「どうしました!!!?」と。

熱中症だと思われたのでしょう。
鏡を見ると自分の顔がゆでタコのようでした(^^;

R0023514.JPG

水田の中の道を終わると
次は小さな山の麓を縫うように進みます。

R0023541.JPG

その中でも大きく見えるのが

「荒神山」

R0023545.JPG

山への道の分岐には
今もしっかりした道標がありました。

きっと山に登ると
琵琶湖が綺麗に見えるでしょうねー。

R0023567.JPG

水路のある道筋。

水の流れを見ながらの道中は
心が癒されますね。

R0023584.JPG
36度!!!

この辺りは
鈴鹿山脈からの湧水がよく出るので
とても水が綺麗な感じです。

R0023592.JPG

街道沿いに100名水のひとつ。

「十王村の名水」

この日も汲みに来られてる人がいました。
やっぱ、予想どおりの美味しさ。
そして冷んやり〜♪

R0023595.JPG

いよいよ彦根の城下。

さっそく
ひこにゃんが出迎えてくれました。

R0023619.JPG

朝鮮通信使の一行は彦根で1泊しています。
宗安寺というお寺です。

R0023627.JPG

なかなか立派な作りですよね。

R0023633.JPG

古い家が街道沿いに。

でも、空き地が多いですね・・・。
きっと道路拡幅の影響で取り壊されたのでしょう。

R0023638.JPG
ちょこっと見える国宝彦根城

もう5年、いや3年早く歩いていたら・・・。
結構立派な町並みがあったのかもしれませんね。

R0023653.JPG

彦根を越えると
いよいよ難所の佐和山越え。

でも・・・この通り。

R0023663.JPG

今回はスルーしてトンネルでクリアしています。
ここはまたリベンジせねば。。。

R0023669.JPG

R0023672.JPG

やがて鳥居本。
中山道との追分がゴールです。


  
posted by にゃおすけ at 20:32 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の街道 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック