2012年09月13日

下街道その1・大和郡山→大和高田

下街道で
奈良から和歌山へ向かっちゃいます。

R0022892.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

ものすごい青空!

竜田越奈良街道との交点の
大和郡山をスタートします。

R0022897.JPG

真夏の街道歩きは
いかに日差しを遮れるかがポイント。
今回も手足、顔もバッチリガードです。

時速5kmで歩くと
風を感じれて意外と心地良いー♪

R0022917.JPG

でも、それも束の間。

水田地帯になって
日陰がなくなってくると
歩くペースが落ちる落ちる(^^;

R0022912.JPG

郡山は金魚の町で有名ですね。

ふと川のような水路に目をやると
逃げ出した?金魚が泳いでいたりー。

飼育池があちこちにあったりと
他ではあまりないような光景が広がります。

R0022920.JPG

さて、下街道という名前。

奈良には古代に
3本の南北の道がありました。
いわゆる上ツ道、中ツ道、下ツ道ですね。

でも都が変わると
上ツ道は上街道になり
下ツ道は中街道に名前が変わる形に。

ちょっとややこしいですね(^^;

R0022943.JPG

筒井の古い家並み。
近くには戦国時代の筒井順慶の墓も。

奈良は歴史があるところなので
少し歩くだけで古い建物があったり
歴史を感じれていいものですね。

R0022935.JPG

炎天下の道中。

なによりも癒されるのはアイスでしょうか。
今回の道中では良い間隔でコンビニがありました。

まさしく現代の茶屋!!

中で食事も出来れば最高です。
結局、アイス2本一気に食らいつきました(^^;

R0022953.JPG

西名阪道の高架下を抜けると
雰囲気がさらに田園風景に。

R0022968.JPG

遠くには葛城山系がよく見えてきました。

R0022963.JPG

大和川水系の川をこの辺りから
渡ったりすることが多くなるのですが

夏草の横を通ると湿気で
「モワっと」きますね。

草も生きてるんだなーと
生命を感じれる瞬間です。

R0022980.JPG

下街道のルートの資料は少ないので
実際に歩くと現地での発見は結構あるものでー

その1つに
橋を渡った先にふと左に目をやると
常夜灯らしきもがありました。

R0022981.JPG

そして地図を確認してみると
旧道らしき道が。

あやうく見過ごすところだったところですが
街道歩きは五感のアンテナを立てながら
そして考えながら歩くことは
結構大事だなと改めて思った次第です。

R0022997.JPG

R0023006.JPG

大和川手前の道標。

「すぐ なら こおりやま の文字」

これがあるとここは街道である証拠ですね。

ちなみにこの場合の”すぐ”は
真っ直ぐ行くと着きますよーの意味で
決して”もうすぐ”というものではないようです。

R0023021.JPG

R0023025.JPG

広陵町内の大きなお寺。教行寺。

少し軒先を借ります。
あー、涼しい、、、

R0023043.JPG

今回の中間地点からは街道は
小さい集落を縫っていく感じに進んでいます。

環濠集落の中を通ったりー
細い道を通たっりー。

まるで
時間が止まってる感覚もしてきます。

R0023049.JPG

遠くに二上山。
ふたこぶラクダのような形が印象的ですね。

R0023057.JPG

大和高田の古い看板
昭和30年代のものでしょうか。

これを境に高田市街地に入ると
若干交通量が増えてきました。

R0023071.JPG

R0023083.JPG

ゴール手前には素敵なアーケード街。

ここ高田は陣屋と伊勢への宿場でも
発達してきた町で結構いい雰囲気があります。

次回はここ高田から五條をめざします。

  
posted by にゃおすけ at 22:21 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の街道 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック