2006年12月18日

懐かしの名鉄@布土駅廃止

田舎は南知多にあるので
小さい時から大阪と行き来していました。
今でこそ、新型電車が走っているんですが
20年前というと戦前の車両があったり冷房がなかったり
子供心にも”古っ!”、”ボロっ!”って・・・。

けど、それが当時大阪の
近鉄になかった魅力なんですよね〜。
もう今ではこんな電車は全国的に
ほとんど見ることができなくなったのですが
たまに旅先で出会うと昔のことを思い出します。

子供の時に不思議に思っていたコト。

布土駅(ふっと)→子供の記憶で”豆腐”
上ゲ駅(あげ)→子供の記憶で”おあげ”
富貴駅(ふき)→子供の記憶で”ふき”


小さい時ですから駅名を知るのは
車掌のアナウンスが頼りだったわけで
自分の聞き間違えというのでしょうが
駅名が食べ物だらけ!?うん??って感じで
不思議で不思議でたまりませんでした(^^;

なぜ、こんな話題を今回書いたかというと、
思い出の布土駅を含めて名鉄の小駅が数ヶ所
12/16(土)に廃止になったとのこと。
設備投資や乗客減少など理由があるにしろ
なじみの駅がなくなるのは寂しいものですねぇ。

タグ:鉄道 愛知
posted by にゃおすけ at 21:09 | 大阪 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | つぶやき | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
子供の頃に見聞きしたことは、案外記憶に残るものですね、
馴染みのある駅の廃止、寂しいですね、
私が子供の頃によく利用した故郷の駅が無くなっていてちょっとショックだったことを思い出しました、
あちこちで廃線が増えていますね。
Posted by mico at 2006年12月20日 09:48
>micoさん
あちこちで廃線は寂しいですよねー。
鉄道だけでなくバスも増えてるようで
旅先でも以前は行けたところなのに
車でないと行けなくなったという所が
増えてきているような気がします。。。
Posted by にゃおすけ at 2006年12月20日 23:12
布土駅が無くなりました本当に廃止になりました開通以来70年間、多くの人が毎日毎日利用した寂れた田舎の無人駅以前に名古屋寄りの四海波駅が廃止になりましたが、
布土駅よ、、お前もか。廃止については色々理由はあるのでしょうし利益優先の時代と言えば時代でしょうが地元の人々は行政は駅を守ってやることはできなかったのでしょうか。駅はなくなりましたが河和線は健在です今日も思いっきりスピードを上げて騒音を撒き散らして突っ走っています鉄道に以前のような暖かさが無くなりました私は線路際で飼われて電車の往来を楽しんできた一介の犬名前は知る人ぞ知る名前はポチ最近は電車の存在が煩いだけの無用の長物に化してしまった本当に念ですよ。
Posted by at 2007年02月07日 19:00
昔は駅には駅員がいて
挨拶してくれたり荷物を取り扱ったりと
駅は周辺の大事な拠点だったように思うのですが
近年は無人駅が多くなってきて残念です。。。
特に名鉄は車との競争が激しいみたいですし
合理化しないとやっていけないのでしょうねぇ。
Posted by にゃおすけ at 2007年02月08日 16:19
椋岡は、数年前まで「くじらおか」と読んでました。
Posted by 名無し at 2014年09月07日 19:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック