2013年02月28日

下高野街道・四天王寺→狭山

数ある高野山への街道の中でも
今回は下高野街道と呼ばれている街道です。

大阪の中心部”四天王寺”をスタートします。

IMG_1080.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

境内には大きな道標がありました。
奈良や伊勢など遠方の地名が刻まれていて
かつてここは一大ジャンクションだったのでしょう。

IMG_1075.JPG

IMG_1093.JPG

阿倍野の日本一高いビルを見ながら
ビルとビルの間を進んでいきます。

でも、街道筋は静かなんですよね。
こういう下町風情はいいものです。

IMG_1097.JPG

IMG_1088.JPG

立派な道標。
この付近は別名"庚申街道”とも呼ばれています。

地域にある
古い庚申さんがいわれなのだそうです。

IMG_1109.JPG

大阪市街地の下高野街道のルートは
開発や戦災の影響からか消滅箇所が多く、
資料によって別ルートもあったります。

なので、歩く時は結構悩まれてますね(^^;

IMG_1115.JPG

桃ケ池公園。
街道は池の周りを半周する形で進みます。

歩いたのは2/11。
旧正月の影響なのでしょうか
あちこちで餅つきの光景が見られました。

通りすがりの僕もぜんざいを賞味。
小腹にはもってこいです。

IMG_7213.JPG

IMG_1120.JPG

大阪市内との境界にある大和川。

そこに架かる橋が”下高野橋”
今も残る街道の名前はいいものですね。

IMG_1136.JPG

IMG_1137.JPG

ちなみにこの付近の大和川は
江戸初期は存在しませんでした。
いわゆる人工的に作られた川になります。

IMG_1141.JPG

IMG_1159.JPG

街道は西除川沿いを進みますが、
この川も南から北へ向かっていたのが分断され
川の流れが変わっちゃっているんですよね。

1つの川を人工的に作ることは
さぞ大変だったことだろうと思います。

IMG_1168.JPG

徐々に田園風景が広がり、
道の雰囲気も街道らしくなってきました。

ここは河内松原付近。

堺からくる長尾街道や竹内街道といった
有名な主要街道と交差していきます。

IMG_1178.JPG

IMG_1166.JPG

ため池が多くなってくるのも
大阪南部の特徴です。

寒いのに魚釣りされてる人が多いこと。
街道沿いには素朴な味わいがありますね。

IMG_1186.JPG

IMG_1193.JPG

北野田界隈に入ってきました。
この辺りから道に勾配がついてきます。

IMG_1211.JPG

ゴール手前の狭山池。

この池は実は日本で一番古いダム。
1400年も歴史があって半端ないですよね。

行基の時代に作られたのだそうです。

そそ、先ほど記事に出てきた
”西除川”はここを源にしています。

IMG_1213.JPG

IMG_1214.JPG

中高野街道との交点が今回のゴール。

狭山は江戸時代狭山藩があって
その藩主は後北条氏。

小田原の戦いで滅亡したと思いきや
ここを治めていたんですね。



  
posted by にゃおすけ at 20:46 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 高野山への街道 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック