2013年05月23日

古き良き日本が残る大正区の渡し船めぐり。

大阪市の大正区
地図で見ると川と海に囲まれているのがわかります。

水路には大型船が数多く航行しているので
そこに架かる橋は巨大なものが多いのも特徴ですね。
千本松大橋新木津川大橋千歳橋なみはや大橋

IMG_8478.jpg

そういう条件的なことがあり
今も区内には7つの渡し船が現役です。

市が運営しているので無料。
しかも時間帯によっては10分間隔の高頻度。

IMG_8457.jpg

今回、船の本数が多い夕方の時間帯に
一気に巡れないものかとランを交えて楽しんできました。

まずは落合下の渡し。

IMG_8459.jpg

大正区の渡船はこのような小型船が一般的です。

出航時間直前になるとアラームが鳴ります。
すると係員が詰め所から出てきて乗船を開始。

これがどの渡船場も共通するだいたいの流れです。

IMG_8460.jpg

IMG_8462.jpg

続いて落合上の渡し。

こちらは大正駅に比較的近い場所に位置しています。
木津川の工業地帯にある渡しといった雰囲気。
なので客層はこの時間だと通勤客が主体のようで
工場帰りの人が多く乗っていました。

IMG_8464.jpg

IMG_8466.jpg

高校も近くにあるので下校時だと
ガラッと雰囲気が変わりそうですよね。

驚いたのは
みなさん乗下船時に係員と挨拶を交わしているところ。
こういうのっていいですね。古き良き日本って感じで。

IMG_8469.jpg

3本目は千歳の渡し。

直上には大きな千歳橋が架かりますが
あまりにも巨大すぎるので登って渡るのは一苦労。
渡し船は今も住民の足で活躍しています。

IMG_8471.jpg

もともと、この付近は小さい橋が架かっていました。
市電も走り楽に対岸へ行けていたのですが
戦後の大正内港の整備で港が広くなり
渡船が出来た経緯があります。

IMG_8475.jpg

巨大橋と渡し船。

こう見ていると
船ってカワイイ乗り物ですよね。

時間も18時を過ぎてきました。
この時間になると渡船によっては一気に本数が減ります。

IMG_8473.jpg

各渡船場には時刻表というものが存在します。

市のホームページでも公開されてるのですが
片側の乗り場の分しか公開されてないんですよね。

なので、目安としては
載ってないもう片方の乗り場発の時刻は
プラス5分を加えてやるとちょうどいい感じになります。

今回の千歳の渡しだと

18:00(北恩加島発)→18:03(鶴町着)
18:05(鶴町発)→18:08(北恩加島着)


こんな感じです。

IMG_8476.jpg

続いては船町の渡し。

鶴町と船町を結んでいます。
幅30mほどの運河を横切るだけですが
大型船を通す必要から橋は架けれないのでしょう。

IMG_8477.jpg

IMG_8480.jpg

近年、この辺りの工業地帯は斜陽気味なので
この渡船の乗船人員は少なくなっているのかもしれません。
乗船場はどこか寂しげな雰囲気が漂っていて
客は僕1人でした。

IMG_8481.jpg

IMG_8482.jpg

次は木津川の渡し。

横には新木津川大橋という巨大な橋が並んでいます。
どちらも住之江区へ向かう重要なルートです。

出発地である場所は
かつて木津川飛行場がありました。
目の前にある川が滑走路の1つであったわけです。

もう戦前になる話ですが
今も格納庫が残っていたりいろいろ想像すると楽しいですね。

IMG_8488.jpg

IMG_8493.jpg

この木津川の渡しはピーク時は多いのですが
ピークを外すと30分〜1時間の間隔が開いてしまいます。

地元の人は時刻を把握しているので
出航間際にぞろぞろ集まってくる形です。
これは他の渡船でも似た感じかもしれませんが
ここ木津川の渡しに関しては注意が必要でしょうねぇ。

IMG_8492.jpg

木津川の渡しは
他の渡船と比べて若干大型です。

扉は自動で開き片側に2箇所も存在。
景色もかなりダイナミックで距離も長いし、
乗り応えはかなりありました。

IMG_8498.jpg

最後は千本松の渡し。

木津川の河口付近には
かつて松原があったそうですね。

ここに架かる橋は両側が螺旋状になってるので
通称”めがね橋”と呼ばれています。

対して先ほどの新木津川大橋は
片側のみ螺旋状なので”片めがね”

IMG_8500.jpg

ちなみに
これらの橋の上からは大阪の大展望が楽しめます。

西は淡路島、明石大橋、
東は生駒山地や通天閣、梅田の高層ビルなどなど。

登って渡るとなると大変ですが
その分、価値ある眺めが広がっています。

以上、6つの渡し船めぐり。いかがでしたでしょうか?

あれ、7つじゃなかったの?
そうです。甚兵衛渡船場が抜けていました。
ここまで来てうっかり忘れてしまって(^^;

これはまた後日に乗りにいきたいと思います。

今回のランデータ(ルートマップ)はこちら ↓
http://t.co/t4n4RKKyl6


 


    
posted by にゃおすけ at 14:25 | 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | 近畿ボラボラ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大正区で生まれ、うん十年住んでいるのに渡し船乗ったのは千本松渡しのみ
子供のころ、この渡しから津守〜浜寺〜出島と海水浴に行った記憶があります。
こんなに沢山の渡しがあったのですね
懐かしい思い出です
Posted by 昔の at 2013年05月24日 11:00
昔のさん>
良い懐かしき思い出ですねぇ。

昨日は泉尾の甚兵衛の渡しと、
天保山の渡しを絡めて走ってきました。
なみはや大橋からの大正の眺めに感激しました。

渡しは風情があって良いものですね。



Posted by にゃおすけ at 2013年05月24日 12:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/363108975

この記事へのトラックバック