2013年09月26日

西近江路その3・近江高島→マキノ

どんどん福井が近づいてくる。

IMG_1906.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

今回は近江高島駅よりスタート。
ここはかつて大溝城の城下町でした。

造り酒屋のある家並みいいですよね。

IMG_1910.JPG

IMG_1902.JPG

大溝城の跡は駅からすぐ近く。
石垣だけですが立派な天守台がありました。

IMG_1897.JPG

IMG_1915.JPG

IMG_1916.JPG

この辺りから冬場は
雪がよく積もる地域になります。

道路には融雪装置があり
水に鉄分を含んでいるからなのか
道が茶色に変色しています。

IMG_1917.JPG

IMG_1920.JPG

立ち寄った高島歴史民俗資料館。
建物の前には道標が保存されていました。
街道に詳しい方がおられ暫し雑談。

IMG_1921.JPG

さすがは資料館です。
今回の西近江路も一冊の本として保管されてました。
他にも滋賀県の八風街道の本もあったりと
街道好きにとってなかなか楽しめました。

IMG_1938.JPG

IMG_1936.JPG

遠くには福井の山々が見えてきました。
そして手前にはスキー場もある箱館山。

IMG_1960.JPG

IMG_1971.JPG

IMG_1977.JPG

ここは木津。
昔は古津と書いたそうで
字のとおり古い時代の港があったとのこと。

IMG_1981.JPG

IMG_1985.JPG

今津の前の港ということですね。
遠くを眺めると竹生島がよく見えています。

IMG_1988.JPG

IMG_1986.JPG

IMG_1996.JPG

立派な松並木。

今津は加賀藩の飛び地であったので
護岸の整備などは加賀藩が行ったとのことです。

IMG_2006.JPG

今も船着場のあたりには
石垣を用いた護岸がしっかり残っていました。

IMG_2004.JPG

IMG_2014.JPG

今津は若狭から来る荷物の集積地でもあり
ここから大津などへ向けての船運で
かなり賑わっていたそうです。

IMG_2019.JPG

町には古い立派な建物が点在。
かつての賑わいを今に伝えています。

IMG_2024.JPG

IMG_2028.JPG

街道はここで一旦西方に進みます。
若狭へ行く九里半街道との重複区間です。

今なら琵琶湖沿いを
そのまま真っ直ぐ行けば福井へ進めるのですが
昔は暴れ川などがあり湿地帯でもあったのでしょう、
大きく山側へ安定した土地を求め迂回してしまっています。

IMG_2042.JPG

IMG_2060.JPG

バイパスの沢交差点付近では
暴れ川(百瀬川)は天井川になっていて
そのトンネルをくぐって進みます。

IMG_2062.JPG

暴れ川の光景。

ここのとこ晴天が続いていたせいか
とても静かな光景が広がってました。

IMG_2072.JPG

IMG_2069.JPG

マキノの集落の沢のあたりでは
大きく琵琶湖へ向け針路を取ります。

真っ直ぐ行くと別ルートの西近江路。
古代はその道を通っていたのが有力だそうです。

IMG_2073.JPG

田園風景が広がり
マキノ駅手前では藪道の区間も。

IMG_2083.JPG

IMG_2084.JPG

こういう光景なんともいいですよね。

次回は西近江路のハイライト
県境を進んでいきます。

  
 
posted by にゃおすけ at 16:55 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 北国街道(北陸道) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック