2013年10月03日

西近江路その4・マキノ→敦賀

いよいよ県境を越えます。

IMG_2176.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

まずは海津宿。

江戸時代の湖北の一大拠点。
今も残る湖岸の石垣は実に立派なものです。

IMG_2183.JPG

IMG_2203.JPG

風情あふれる町並み。

旧海津港付近には
かつての桟橋の杭が静かに眠っていました。

IMG_2202.JPG

IMG_2195.JPG

琵琶湖北部は水の透明度が凄い。
山と湖のコラボがまたいいですよね。

IMG_2212.JPG

追坂峠。
まずは最初の難関です。

IMG_2223.JPG

IMG_2232.JPG

今は山を切り開かれ道の駅まであるこの峠。
脇道を見てみると険しい道筋が残っていました。

IMG_2240.JPG

IMG_2244.JPG

IMG_2253.JPG

山村の集落。

国道から一つ中に入っているのでとても静か。
まるで時間が止まってるかのよう。

IMG_2251.JPG

IMG_2257.JPG

IMG_2258.JPG

ぐんぐん勾配をあげていきます。
そしてどんどん近づく福井県との県境。

でも、そこにたどり着くには
歩道がない国道を進むしかありません。

IMG_2269.JPG

街道の道筋としては
元々谷間の狭い区間だったこともあり
大部分が国道に吸収されてしまっています。

IMG_2266.JPG

おそらく、かつての道筋は
川と平行して蛇行しながら進んでいたものと考えます。
対岸をよーく見ていると石積みがあったりと
痕跡が結構あるんですよね。これがまた楽し。

IMG_2267.JPG

IMG_2280.JPG

国境。読み方は"くにざかい"。
スキー場もあるこの峠は福井県との県境です。

IMG_2282.JPG

IMG_2292.JPG

下界とは5度は違うのでしょうか。
沿道にはまだ雪が残っていました。

注・歩いたのは3/30です

IMG_2300.JPG

福井に入り最初の集落が「山中」

かつては宿場があり
高札場などあったりしたそうです。

IMG_2306.JPG

IMG_2304.JPG

今は家の敷地だったであろう石積みと
村の神様であったろう神社しか見当たりません。
まさに廃村状態になってしまっています。

IMG_2324.JPG

一里塚跡。
この木はなんとも立派ですよね。

IMG_2322.JPG

IMG_2357.JPG

IMG_2388.JPG

疋田宿。
町のメインストリートには
水路があり水の優しい音に癒されます。

IMG_2390.JPG

IMG_2375.JPG

実はこの水路。
琵琶湖への疎水計画の跡なのです。
もし繋がっていたら新鮮な魚介類が都に運ばれたりと
効果は絶大なものがあったでしょうね。

IMG_2414.JPG

IMG_2420.JPG

敦賀が近くなってきました。

この桜の木のあたりで
敦賀市街への道と分かれます。

IMG_2446.JPG

IMG_2443.JPG

今回歩いている西近江路は
市街地には入らず山裾沿いに進んでいきます。
いわば福井方面への直行の短絡ルートなのです。

IMG_2463.JPG

IMG_2459.JPG

京の文字がある道標。
こういうのがあるとやっぱ嬉しいですね。

やがて今回のゴール。
次回は木の芽峠を越え今庄へ入っていきます。
  

 
posted by にゃおすけ at 19:37 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 北国街道(北陸道) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック