2013年10月31日

日光御成道その1・江戸城大手門→東川口駅

将軍が利用した日光への街道。
江戸城の大手門よりスタートします。

IMG_7336.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

IMG_7335.JPG

大手門。
相変わらずの厳重な警戒ぶりです。

IMG_7339.JPG

あまりの猛暑のため
今回も菅笠で歩くことにしました。

やっぱ快適。天然のクーラー。
もう恥ずかしさはどこにもありません。

IMG_7347.JPG

しばらくはビジネス街の中を進んでいきます。
この日は盆でしたが世間的には平日なこともあり
ビジネスマンが多い、多い。

IMG_7354.JPG

神田御門の跡を通り昌平橋付近を進みます。
ここには筋違橋もあったのですが今は消滅しています。

IMG_7358.JPG

かつてはここは大きな広場になってたようです。
古地図には火よけ地と書いてあったので
火事の時は他へ燃え移るのを防ぐ役目があったのでしょう。

IMG_7363.JPG

IMG_7370.JPG

IMG_7377.JPG

中山道と合流し本郷追分まで一緒に進みます。
東大の横の歩道には木が生い茂っていていい感じです。
影があるとやっぱ涼しいですねー。

IMG_7379.JPG

この本郷追分からは
いよいよ日光御成道単独の道となります。

IMG_7383.JPG

IMG_7397.JPG

IMG_7406.JPG

駒込を過ぎ王子駅の手前に
対になっている立派な一里塚がありました。

IMG_7411.JPG

IMG_7408.JPG

四車線道路の真ん中に堂々と今も現存。
空襲にも耐えよく残ってくれたものです。

IMG_7424.JPG

IMG_7427.JPG

この駒込から赤羽にかけては
意外とアップダウンのある地形が続きます。

王子付近では渓谷になってる場所もあり
街道はそれを避けるように直角に曲がっています。

IMG_7435.JPG

IMG_7440.JPG

歩いているとわかる江戸時代の地形に沿った道筋。
これは電車で移動とかではわかりづらいですね。

IMG_7442.JPG

IMG_7452.JPG

十条には浅間神社の富士塚があります。
富士山を模した山が境内にあるのですが
都内にはいくつか今も残っているんですよね。

IMG_7455.JPG

IMG_7454.JPG

かつての江戸庶民が
富士山に気軽に行けなかったころに
この擬似登山をして信仰を深めたのだとか。

IMG_7467.JPG

IMG_7476.JPG

赤羽は御成道の最初の宿場町でした。岩淵宿です。
荒川を渡った対岸には川口宿があります。

IMG_7486.JPG

IMG_7490.JPG

どちらも川を前にした宿場町で
交通機関が発達した今はひっそり感が漂います。

ちなみに渡しは将軍と庶民用とで分かれていて
将軍が通るときは舟橋もかけられたといいます。

IMG_7471.JPG

赤羽付近にあった道標。
「川口善光寺」の名前が見えます。

IMG_7473.JPG

この善光寺は今はコンクリ造りの社殿なのですが
江戸期は庶民が気軽にいける善光寺として人気だったそうです。

IMG_7494.JPG

川口からは現代の岩槻街道に沿って
しばらく北上していきます。

IMG_7499.JPG

IMG_7513.JPG

次の宿場町は鳩ヶ谷宿。
町中には案内板があふれ良い雰囲気です。

IMG_7532.JPG

IMG_7522.JPG

郷土資料館は100円。
街道資料も豊富で街道好きには目からうろこです。

鳩ヶ谷宿はかつては一大ジャンクションだったようで
中山道や日光街道への脇道が古地図に書かれてありました。

IMG_7523.JPG

IMG_7528.JPG

鳩ヶ谷宿を過ぎると
じょじょに緑が増えてきます。

IMG_7538.JPG

IMG_7551.JPG

都内から約25キロほどの場所。
朝はあんなに大都会だったのに不思議な気分です。

今回は東川口駅をゴールとして
南浦和駅にある宿へと向かいました。


  
posted by にゃおすけ at 19:46 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日光への街道 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/379048829

この記事へのトラックバック