2013年11月29日

京街道その1・高麗橋→枚方宿

京街道は大坂と京を結ぶメインルートでした。


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

雨の日の街道歩き。
最近は近場だと歩かないようにしてるのですが
翌週に迫った大阪マラソンに向けての
トレーニングの意味合いがありました。
それにしても今秋の週末は雨が多いですね(^^;

IMG_9768.JPG

大阪は高麗橋。
江戸でいう日本橋の位置づけです。

日曜ということもあって
ビジネス街はひっそり静かでした。

IMG_9771.JPG

IMG_9775.JPG

大阪城の堀に架かる”京橋”
京へ通じる橋という意味で名前がついています。
まさに京都への玄関口。重要な橋の一つですね。

IMG_9785.JPG

京橋駅付近にあった大きな道標。

IMG_9786.JPG

なんと文政年間のもの。
かなり立派ですね。

IMG_9787.JPG

この辺りの古地図を見ると
川が埋められたりしていたりと
今と地形が一変しているのがわかります。

IMG_9781.JPG

IMG_9778.JPG

野田橋はかつての名残の一つ。
埋められた「鯰江川」に架かっていました。
今も道筋に川の跡を感じることができます。

IMG_9788.JPG

京橋の商店街を過ぎ
大阪市街をたんたんと進んでいきます。
有名な千林商店街も25mほどですが中を通ります。

IMG_9809.JPG

雨の日のアーケードはありがたいですね。

IMG_9791.JPG

IMG_9815.JPG

守口宿。
最初の宿場町です。

文禄堤という旧淀川の堤防の上に街道が通っていて
他の場所より一段高くなっているのが特徴です。

IMG_9817.JPG

IMG_9821.JPG

タワーマンションと古い家との対比。
新旧の比較は面白いですね。

さて、京街道としての呼び名ですが
実は何種類もあったりするのでややこしいのです。

京街道は大坂→京へ向かう道という意味で
逆に京→大坂は同じ道でも大坂街道という呼び方をします。

IMG_9823.JPG

IMG_9825.JPG

また別名で東海道とも呼ばれていました。
先ほどの守口宿や枚方では京街道と呼ぶよりも
東海道として観光案内がされてるように感じました。

それから
他の地方でも京街道と呼ばれる道がありますね。
そのいずれも京へ続く道という意味合いが多いようです。

IMG_9827.JPG

IMG_9829.JPG

IMG_9836.JPG

淀川の堤防上を進んでいきます

IMG_9842.JPG

堤防の道は
ひたすら歩いても目標物が近づいてこないので
退屈でもあり疲れる一方です。

IMG_9850.JPG

でも、ここがかつての街道だったんですよね。
今はスーパー堤防になっていますが
この下に道があったわけです。

IMG_9853.JPG

堤防の端をよく見ると
たまに痕跡らしきものを発見できます。

IMG_9856.JPG

この木なんて昔のままなのでしょう。

昔もこの辺りは堤防だったようですが
今より一段低いレベルだったようです。

IMG_9865.JPG

出口集落の付近で淀川の堤防から離れます。
まもなく枚方宿です。

IMG_9869.JPG

光善寺のお寺は立派ですね。
御坊と呼ばれています。

IMG_9878.JPG

枚方宿の道筋は
街道に沿って色が変わっています。
そして古い家も多く残り良い感じです。

昔はここから舟が出ていたようで
淀川を上り下りしていたようですね。

IMG_9881.JPG

IMG_9883.JPG

今回はここまで。
次は京都は東寺(羅城門)を目指します。

  
posted by にゃおすけ at 18:52 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪から京都への街道 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック