2013年12月18日

西国三十三箇所めぐり。はじめましたっ!

近畿一円のお寺めぐり。
関西では有名な巡礼の旅です。

IMG_1349.JPG
熊野古道大門坂を通ります。

お寺の数は33箇所+αあって
近畿のあちこちに散らばっています。
順番に回る決まりは特にないのですが
折角なので順番どおりに行こうと思います(キラーン

交通手段は”歩き”ではなく”車”か”電車”
今回は夫婦2人で何か共通のことを成し遂る!というのが趣旨。
1人なら無論歩きなんですけどね。

IMG_1364.JPG

1番札所は那智山青岸渡寺。
いわゆる那智の滝があるところです。

12月に入ると旅をする人がめっぽう減ります。
これは年末を控えているということがあるのでしょう。
この日も晴天にも関わらず人が少なくて助かりました。

IMG_1371.JPG

さてさて、巡礼の仕方ですが
まずはグッズを購入しないといけません。

ネットを見ていると
ちょうどお試しセットを見つけました。

4564.jpg

・朱印帳(納経帳)
・輪袈裟(首からぶら下げるタイプ)
・経本(これを読んでお経を唱える)
・納札(写経の代わりになるもの)
・数珠、線香、ロウソク


これらはあったほうが良いものなのだそうです。
もちろん手ぶらでも良いみたいですが
やるからには形から入っていきます。

IMG_1366.JPG
境内からは那智の滝がよく見えました。

さっそく境内に入り拝むことにしました。
最初ということもあってちょっと緊張しますね。
それだけに空いてるこの時期に
始められてよかったなと思います。

でも、でもですよ、
お経をフルで読んだことがないせいか
スムーズに読むことができず、
何度も何度も読み間違える。とほほ。

家で暗記しておかなければ。。。

IMG_1375.JPG
那智大社は青岸渡寺のすぐ隣

おおざっぱな流れとしては

★線香・ローソク

★賽銭と鐘つき

★合唱後にお経を詠む(般若心経だけでOK)

★納札を納札箱にいれる(日付など書くのでペンも必須)

★ご朱印(散華を忘れずにもらうこと)
・頂くお寺のページを開いて渡すこと
・押さえ紙を当てて返してくださる
・お釣りのないように(1枚300円)


だいたいこんな感じだそうです。

もっとざっくり回る人の中には
拝んでから朱印だけをもらう人もいるようです。
これだとスタンプラリーになってしまうので
僕はこれだけは避けるようにしています。

IMG_1392.JPG
那智の滝の虹

もし巡り方に不安がある方は
バスツアーを最初だけ参加してみるのも良いですね。
もれなくノウハウを教えてもらえるでしょう。

まずは無事西国三十三箇所を成就。
これから楽しんでつづっていこうと思います。


posted by にゃおすけ at 20:59 | 大阪 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 西国三十三箇所巡礼 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
那智山青岸渡寺の横にある閧フ木は天然記念物になっています。お線香の基材として欠かせないものです。昨年お香の仲間と行った折、青岸寺よりこちらに注目が集まりました。
団体さんの後にご朱印をお願いすると、とても待たされる事になるので、折々の雰囲気を見ながらご朱印をお願いする順番を考えるのが良さそうですよ。
Posted by 薫都庵 のり at 2013年12月18日 21:43
>のりさん
閧フ木というのはあの大きな木ですよね。
立派だなーと思いついカメラを向けていました。
お線香の墓材で欠かせないものだったんですね。

御朱印ですが
団体さんの後だとやっぱ待たされるんですね。
うーん、まあ、そのあたりは臨機応変に。
時間をずらしたり撮影したりと待ち時間も楽しもうと思います^_^
Posted by にゃおすけ at 2013年12月19日 00:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/383005339

この記事へのトラックバック