2014年02月03日

北国街道その3・今庄宿→福井城下

福井県を北上していきます。嶺北地方へ。

IMG_8136.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

IMG_8142.JPG

朝の今庄の光景。
立派なうだつが素晴らしいですね。

今庄は峠を前にした宿場町だったたけに
随所にかつての面影が今もよく残っています。

IMG_8149.JPG

9月中旬には宿場祭りも開催されているようです。
宿場を生かした町づくりは良いものですね。

IMG_8153.JPG

IMG_8155.JPG

湯尾峠。
これを越えるといよいよ福井平野に入ります。
通る人が少ないからか藪が生い茂っていました。

IMG_8173.JPG

苦労して登ってきての峠。
これから向かう湯尾の町がよく見えました。
眺望が利くと疲れが癒されますね。

IMG_8177.JPG

IMG_8187.JPG

峠にはかつて茶屋が何軒かあったそうです。
今も立派な石垣が残り素晴らしい光景でした。

IMG_8195.JPG

IMG_8204.JPG

湯尾宿、鯖波宿と小さい宿場を通っていきます。
いずれも国道などと離れているおかげで静かな風情です。

IMG_8237.JPG

IMG_8288.JPG

街道はすっかり秋の風情。
コスモスが咲き、稲刈りの光景、
そしてこの辺りは蕎麦の名産地でもありますね。

IMG_8274.JPG

IMG_8260.JPG

柿の実も赤くなってるのもチラホラあったりと
小さな秋をいち早く感じることができました。

IMG_8324.JPG

武生の町並み。
かつては府中宿と呼ばれていました。

さらに年代を遡ると国府があったそうで
昔から賑わっていた中心地だったようです。

IMG_8352.JPG

IMG_8338.JPG

古い家が立派に連なります。
戦災や地震の被害が少なかったせいか
古き良き風情を今に伝えています。

さほど観光地化がされてないのもいいですね。
生きた町並みを楽しむことができます。

IMG_8348.JPG

総社。この神社は武生の中心にあります。
ちょうどこの日はお祭りだったようです。

IMG_8347.JPG

今回の旅では秋祭りの光景をここ以外でも
多くみかけることができました。

IMG_8380.JPG

IMG_8391.JPG

次の宿場は鯖江。
鯖江というとメガネで有名ですが
不思議と街道沿いにはお店がありません。

IMG_8401.JPG

IMG_8412.JPG

少し意外だったのですが
産業として発展したのは昭和30年代後半。
古くからの街道沿いに店を出すよりも
鉄道の駅の周辺などの新しい町に出すほうが
商売的に良かったのかもしれませんね。

IMG_8427.JPG

IMG_8432.JPG

今歩いている場所は福井平野のはずですが
アップダウンの道が続いています。

IMG_8429-001.JPG

川の氾濫を避けるために
街道は高台を進んでる影響でしょうか。

街道筋に建てられた家の下を見ると
立派な石積みが見えてました。

IMG_8446.JPG

水落宿。
川に架かる橋からの夕暮れ。
日が落ちるのも早くなってきました。

IMG_8467.JPG

IMG_8476.JPG

浅水宿と過ぎると
ゴールの福井城下もあと8キロ。
ここから先は台風の影響で雨中な道中でした。

IMG_8488.JPG

IMG_8495.JPG

これまでとは違い
平坦で歩きやすい道が続きます。

立派な蔵が連なる光景。
木材の香りがよく漂っていました。
これは雨ならではですよね。

IMG_8518.JPG

IMG_8531.JPG

福井鉄道とほぼ平行してきた街道は
足羽川を渡っていよいよ福井城下に入ります。

城下町を通る街道というのは
たいてい中心部を迂回するように作られてますが
ここも例外ではないようです。

IMG_8539.JPG

IMG_8548.JPG

足羽川を渡る橋は九十九橋といいます。
かつての街道の名所だったようです。

橋の半分は石材で作られ残りは木材。
加賀の前田が攻めてきた時の対策が
ここにも見ることができます。

IMG_8540.JPG

福井城下。
道には「あべ川餅」の看板が多くありました。

黒蜜がいっぱいかかった餅で
本家とまた一風違うお味でナイスでした。


   
posted by にゃおすけ at 18:48 | 大阪 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北国街道(北陸道) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック